GoPro 標準フレーム(The Frame)の開け方・閉め方

GoProの標準フレームとは

GoProの標準フレームは画像のような黒いプラスチック製のケースのことを指します。「The Frame」と言う呼び方をする場合もあります。

GoPro本体には従来のカメラのような三脚穴は無く、「マウント」と呼ばれるアタッチメントを利用するには標準フレームを装着することが一般的です。

(※海や水辺で利用する場合は標準フレームの代わりに防水ハウジングを装着します)

以下では標準フレームの開閉方法についてご説明します。


GoPro標準フレームの開閉方法

標準フレームの開閉には想像よりも力が必要です。GoPro本体がフレームの中で揺れたり振動で外れたりすることを防ぐため固く固定する構造になっています。

標準フレームを開けて本体を取り出す場合

  • レンズ側を手前に持って、天面の手前側を持ち上げてロックを外します。ロックが外れると標準フレームの裏蓋にあたる部分が開くようになり、GoPro本体を取り出すことができます。
  • ロック部を持ち上げる際にギシギシと軋む音や、ロックが開く際にパキッと音がする場合があります。

本体を入れて標準フレームを閉じる場合

  • GoPro本体を標準フレームに完全に収め、標準フレームの裏蓋にあたる部分を閉じます。この時、裏蓋は抵抗で少し浮く形になります。
  • 標準フレーム天面のロック部のツメを裏蓋にひっかけて、ロック部を押し下げてGoPro本体を固定します。
  • ロック部を押し下げる際にギシギシと軋む音や、ロックが閉まる際にパキッと音がする場合があります。

Was this article helpful?

Related Articles