RentioPress ロゴ

こんなに便利&オトク!電子マネー7種の比較と選び方

公開日 最終更新日
28,653view
こんなに便利&オトク!電子マネー7種の比較と選び方

レジでの支払い時の手間を減らせるだけではなく、ポイントが付いたりと、うまく利用することで様々な恩恵を受けられる電子マネー。今や日本国民の多くの人が利用していることと思います。

電子マネーの普及とともに、たくさんの種類の電子マネーが登場してきました。皆さんはどの電子マネーをお使いでしょうか?

それぞれのライフスタイルにあった電子マネーを使用することで、その実力を十二分に引き出すことができます。なんとなく電子マネーを使っている方がいらっしゃったら、これを機会に是非見なおしてみませんか?

この記事では電子マネーを選ぶ時のポイントから、電子マネーのラインナップとその違いをご紹介させていただきます。

電子マネーを使うことのメリット

まず、電子マネーを使うメリットを考えてみましょう。一体どのような恩恵にあずかれるのでしょうか。

小銭がいらない

コンビニや自動販売機でちょっとした買い物をするときに、端数の細かい小銭を財布から探すのは一苦労です。電子マネーならカードを取り出すだけ。楽ちんです。

早い

レジで後ろに人が並んでいるときなどは結構なストレスですよね。レジの方にどの電子マネーを使用するか伝えるだけで、あっという間に支払いが完了します。

ポイントが付く、後払いなどのメリット

毎日のちょっとした買い物でポイントが溜まったり、支払いを後払いにできたりと、現金で支払うのと比べて優れた点がたくさんあります。

1回の支払いで貯まるポイントはわずかでも、毎日使うものだったらきっと馬鹿にできないポイントが貯まるはずです。

電子マネーを評価する際にチェックすべきポイント

それではここからは、数多くある電子マネーからあなたにぴったりの電子マネーを探すということを目的に書かせていただきます。

一口に電子マネーといっても、その機能や方式は千差万別です。どのようなところで違いが表れるのかチェックしていきましょう。

支払い方式

支払い方式は大きく分けて2つあります。

プリペイド型

恐らく多くの方が電子マネーと聞いて最初にイメージするのがこちらの方式でないかと思います。事前にいくらかカードに入金しておいて、すでに入金済みのお金で代金を支払います。

入金済みのお金の範囲でしか買い物できず、残高がなくなると再度チャージが必要となる方式です。

ポストペイ型

いわゆる後払い方式です。支払い方法はカードをかざすだけですが、クレジットカードと一緒なのでカードを作る前にちゃんとした審査や契約が必要となります。

最初だけちょっと面倒ではありますが、一度作ってしまえばチャージ残高の心配なく使えるといったメリットがあります。

オートチャージの有無

カードタイプの電子マネーは、決済したときしかチャージ残高を知ることができません。レジで支払いするときに残高不足だったりすると、手間もかかるし恥ずかしいものです。

そんなとき便利なのがオートチャージ機能。予め設定しておいた金額を下回ると自動的に残高をチャージしてくれます。

ただ注意点として、電子マネーによってチャージできる場面が限られているということです。例えばSuicaであれば自動改札機を通った時しかチャージされず、コンビニや自販機では残高不足となります。常に残高を気にせずにいられるのはポストペイ型の電子マネーか、おサイフケータイ型の電子マネーのみです。

加盟店(使用できる店舗)

今やほとんどのコンビニ等で使用できる電子マネーですが、その種類によって使用できる店舗が異なります。

ファーストフードやガソリンスタンド等でも使えますので、ライフスタイルにあったものを選びましょう。

ポイント制度

電子マネーによっては、使えば使うほどポイントがたまる電子マネーも存在します。現金で払うよりオトクですね。

モバイル一体型電子マネー(おサイフケータイ)について

一部のスマホやガラケーでは、電子マネーのアプリを使用することができます。ケータイの画面から残高確認やチャージができ、一般的なカード式の電子マネーと比べても便利に使用することができます。またモバイルからでないとオートチャージができなかったり、ポイントが貯まらないという電子マネーも存在します。

ただ、iPhoneをはじめとした国外のスマートフォンはおサイフケータイのアプリを使用することができません。今の世の中の流れとして、モバイルSuicaをはじめとしたおサイフケータイは今後先細っていくのが目に見えていますので長く使い続けたいという方にはあまりオススメはいたしません。

電子マネー一覧

それではここからは具体的な電子マネーをそれぞれの特徴とともに挙げてゆきたいと思います。是非あなたにぴったりの電子マネーを見つけ出してください。

Suica

Suica電子マネー:JR東日本

言わずと知れた交通系電子マネーの代表格です。使えるお店も多くほとんどの電車、バスなどでも使用できます。オートチャージはviewブランドのクレジットカードを持っている場合のみ可能です。

  • 支払い方式 プリペイド
  • オートチャージ △(カード式は自動改札のみ可。モバイルSuicaは可)
  • 使える場所 ◎ (交通機関、コンビニ、スーパー、家電量販店など) Suicaが使えるお店
  • ポイント制度 △(一部店舗)

PASMO

PASMO(パスモ)-電車も バスも PASMO

Suicaとほとんど同じように利用できます。オートチャージはPASMOブランドのパスタウンカードというクレジットカードを持っている場合のみ、自動改札で可能です。

  • 支払い方式 プリペイド
  • オートチャージ △(自動改札のみ可)
  • 使える場所 ◎ (Suica利用可能な場所で使用可能)
  • ポイント制度 ✕

楽天EDY

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

Suica並の認知度を誇る楽天EDY。こちらも多くのお店で使える上に、楽天スーパーポイントが貯まるというメリットがあります。ポイントをためるには事前設定が必要だったり、一部ルールもあるので事前の確認をお勧めします。

オートチャージについては専用の機械を使う必要があったり、スマホアプリ限定だったりと複雑なルールがありますが一応可能です。

  • 支払い方式 プリペイド
  • オートチャージ △(限定的に可)
  • 使える場所 ◎ (コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど) 楽天Edyが使えるお店を探す
  • ポイント制度 ◯(200円の買い物で1ポイント、ルール有り)

WAON

電子マネー|WAON [ワオン] 公式サイト

イオンブランドの電子マネーです。シンプルな機能でポイントが着実に貯まるという点が魅力です。イオンのクレジットカードがWAON一体型であることも多いので、イオン系列のお店をよく使う方にはぴったりの電子マネーかもしれません。

  • 支払い方式 プリペイド
  • オートチャージ △(WAON一体型クレジットカードでのみ可能)
  • 使える場所 ◯ (コンビニ、スーパーなど) WAONが使えるお店を探す
  • ポイント制度 ◯ (200円の買い物で1ポイント、全ての買い物で対象)

nanaco

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : トップページ

セブン-イレブンのブランドの電子マネーです。どこで使っても100円につき1ポイントたまる高還元率ポイントが特徴です。さらにポイントキャンペーンや様々なポイント獲得方法が用意されているので、ポイントを有効活用したいという方にはオススメの電子マネーです。

  • 支払い方式 プリペイド
  • オートチャージ △(ルール有り)
  • 使える場所 △ (セブン-イレブン、スーパーなど) nanacoが使えるお店
  • ポイント制度 ◎(100円の買い物で1ポイント)
     

iD

ドコモのiD

ドコモのおサイフケータイでのみ使用できるポストペイ型電子マネーです。チャージの心配なく利用できるので便利なのですが、上述の通りおサイフケータイ対応のスマホが主流でなくなってきているため、あまり風向きは良くないかもしれません。

現在対応機種を使っている方は、クレジットカードを登録するだけで簡単に導入できますよ!

  • 支払い方式 ポストペイ
  • 使える場所 ◯(コンビニ、スーパーなど) iDが使える主なお店
  • ポイント制度 △(登録するクレジットカードによる)

QUICPay

使う人ほどトクをする。チャージのいらない電子マネー。|QUICPay

JCBの提供する電子マネーです。使用するには対応のクレジットカードを作る必要があります。QUICPay一体型クレジットカードもありますが、クレジットカードを持ち歩きたくない人は決済専用のカードを作ることも可能です。

おサイフケータイ以外で使用できる唯一のポストペイ型電子マネーです。

  • 支払い方式 ポストペイ
  • 使える場所 ◯(コンビニ、スーパーなど) QUICPayが使える主なお店
  • ポイント制度 △(使用するクレジットカードによる)

電子マネーの選び方

それぞれの電子マネーに長所短所があります。そのため全ての人にとって最も優れた電子マネーというものは存在しません。自分の用途に最も合っているであろう電子マネーを選びましょう。

全ての場面で活躍できる電子マネーが存在しないということは、複数の電子マネーを持って使い分けるというのも一つの方法だと思います。たくさん持ちすぎると管理しきれないので2種類、多くて3種類といったところでしょうか。

楽天スーパーポイントをためたいなら楽天EDY。

電車によく乗るならSuica。

チャージの煩わしさをなんとかしたいならIDかQUICPay。

ちなみに私はSuicaとQUICPayを裏表セパレートタイプのカードホルダーに入れて使い分けています。電子マネーの一番の魅力である「支払いの手軽さ」。このメリットを最も享受できるポストペイ・カード式のQUICPayと、交通系電子マネーの王道、Suicaを組み合わせています。電車にも乗れてチャージの心配もなく、ほぼ全ての加盟店で使用できます。

またこの記事では各電子マネーの特徴をざっくりと説明させていただきましたが、それぞれに細かいルールも存在します。あとで失敗することのないよう、作る前にしっかり確認しておいてくださいね。

関連するキーワード