RentioPress

全自動家計簿マネーフォワードを1年使って感じた3つのメリット

公開日 最終更新日
9,425view
全自動家計簿マネーフォワードを1年使って感じた3つのメリット

今回はイチオシアプリのご紹介です。

マネーフォワード、皆さんご存知でしょうか?CMにチュートリアルの徳井さんを起用して話題に登ったことも記憶に新しいですね。このCMがきっかけで、はじめてマネーフォワードを知ったという人もいるんじゃないでしょうか。

このマネーフォワード、私はもう一年ほど前から愛用しているのですがめちゃくちゃ便利なアプリです。

最近では銀行口座やクレジットカード、いろんな金融機関がネットで明細を確認できるサービスを提供しておりますが、これを利用してすべての口座情報を一元管理してしまおうというコンセプトのアプリです。要は全自動家計簿アプリ。また細かいところまで作りこんであって、人がほとんど作業せずともほぼ全てを自動で処理してくれます。

今まで家計簿を手作業で付けていた人はこれを使うことで面倒な作業が無くなりますし、そうでない方にとっても最初にいくらかの登録をするだけで後は自動でマネーフォワードが完璧な家計簿をつけてくれます。

これらが無料でできるんだからすごいですよね。有料オプションもあるのですが、無料でも重要な機能は全て利用できます。まずは無料で使ってみて必要だと感じたら有料を検討してみるのも良いかもしれません。

マネーフォワードって?

マネーフォワードでできることを公式サイトから抜粋します。

安心・安全な、自動家計簿ソフト/家計簿アプリです。

銀行やカードをつなげばお金の流れを自動でグラフ化!
金融機関の対応数No.1!複数の口座残高を一括管理
銀行やカードで使ったお金は食費や光熱費など自動で分類
レシート、パシャ!で入力完了 自動でかしこく、楽しくつづく
お金を使ったらカンタン手入力!毎日の通知で付け忘れない
月額平均11,642円の節約を実感!節約ポイントがひと目でわかる

マネーフォワード 公式サイトより

つまり、銀行やクレジットカードの情報を登録しておくと、自動で明細を取得、分類して消費と資産状況を一覧にしてくれるっていうことですね。

またほぼリアルタイムの明細が見れるので、節約にも役立ちますよといった内容です。

マネーフォワードの使いかたイメージ

それでは実際にマネーフォワードに金融機関情報を登録してみます。ここでは楽天カードの情報を登録してみますよ。

まずはたくさんある銀行、カード等々の中から楽天カードを探して開きます。

service_list

すると登録用のフォームが開きますので、楽天カードログイン用のIDとパスワードを入力。

ログイン情報をそのまま渡してしまうので心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、この会社は銀行並のセキュリティなので大丈夫かなあと思います。

c_rakuten

登録する作業はこれだけです。あとは数十秒待てばマネーフォワードが自動で請求額や利用明細を取得してきてくれます。

moneyforward.com-

このような感じで、手持ちのカードや銀行の情報をどんどん登録していくだけです。

登録し終えてしまえば、あとの作業はマネーフォワードがやってくれるので全自動の家計簿が完成です!

↓ こういった情報を自動で取得してきて表示してくれます。

portfolio

cf

ちなみにこれらの画像は全てPC版ですが、スマホアプリもあります。もちろん設定情報は共有しているので、PCで最初の設定をして、それ以降の閲覧をスマホ版で、という使い方もアリです!便利ですね。

マネーフォワードによってもたらされるメリット3つ

ここまでで、マネーフォワードでできることと、かんたんな使い方をご説明させていただきました。

ではこれを使用することでマネーフォワードが我々の生活をどのように変えてくれるのか、一年ほど使用した私の思うところを書かせていただきます。一切手間やお金をかけることなくこれだけ生活を変えてくれるなら、使わない手はないですよね。

[1/3] 複数口座に分散してる資産総額を把握

銀行口座をいくつか持っていると、それぞれの口座にいくら入ってるか把握しとくのはなかなか大変ですよね。またクレジットカードも何枚も持っていると今月いくら使っているのか把握するのも困難です。

それを一円単位で計算して資産総額がいくらあるのか教えてくれます。

あとは各口座にいくら残っているのか毎日更新してくれるので、家賃やカードの口座振替が残高不足になってしまうというリスクも減らせます。

[2/3] 資産推移状況を教えてくれる

合計資産の推移をグラフで表示してくれます。

どれくらい貯金が増えているのか、あるいは減っているのかを時系列で表示してくれるので目標貯金額がある人にはぴったりの機能かもしれません。

[3/3] 自分の消費内容を正確に知ることができる

お金の使い道を常に細かく追いかけることはあまりないのですが、やはり定期的に振り返ることは必要だと思います。

そんなとき参考にできるデータがあるのとないのとでは大違いです。健康診断で自分の体の状態を知っておくのと一緒で、自分のお金の使い方を知っておくことは無用な出費を避けることに繋がるかと思います。

QUICPayとの組み合わせが素晴らしい

話は脱線するのですが、電子マネーのQUICPayをご存知でしょうか。

quicpay

EDYやSuicaのように前もって入金しておくプリペイド式の電子マネーと違い、クレジットカードのように使った分だけ来月や再来月に請求が来る後払い式の電子マネーです。

私はコンビニで買い物するときは必ずと言っていいほどこのクイックペイを使用しているのですが、なにが良いかと言うとウェブ上から利用日、金額、使用店舗が確認できるという点です。

SuicaやEDYだとチャージしたときにその金額しかマネーフォワードに記録されないのですが、QUICPayを使うことで家計簿の精度が飛躍的に向上します。特にコンビニを頻繁に使用する方にはオススメです。

↓ こういう記録を勝手に残してくれますよ!一枚一枚レシートから家計簿を打ち込んでる方がいらっしゃるなら是非是非使っていただきたい組み合わせです。

cf2

最後に

マネーフォワード、いかがでしたでしょうか。

マネーフォワードでなくても、マネーツリーや、事業主向けにはfreeeといった近い機能をもったアプリはいくつか存在していますので、もし気になったものがあればそちらを試してみるのも良いかもしれません(多機能さで言えばマネーフォワードがオススメなのですが)

全く手間をかけずにしっかりお金を管理してくれるマネーフォワード。自身を持ってオススメできるアプリなので是非使ってみてください!

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事