RentioPress

Apple信者の私が買ってよかったApple製品を5つ挙げます

公開日 最終更新日
7,493view
Apple信者の私が買ってよかったApple製品を5つ挙げます

信者乙wwwwとか言われそうですが….挙げます。

どれもこれも私の主観で書いていますので、参考程度に読んでください。電機製品というものは、ライフスタイルによってしっくり来る製品が異なるものです。私の生活にぴったりで生活を向上させてくれた製品という視点で書いています。

独断と偏見で選んだApple製品ランキング

1位 iPhone5S

iPhone5Sキャプチャ

ここ最近で使ったスマホはiPhone5S、iPhone6 Plus、Nexus5。その中で今あえて5Sを使用しています。この中ではNexus5もとても良く出来た端末だったんですが、私のニーズとはちょっと合いませんでした。

ではなぜiPhone5Sが一番だったのか。その理由は2点あります。

サイズがちょうど良い

ポケットにスムーズにおさまり、片手で持った時に画面の全てに親指がスムーズに届くのがこのサイズでした。

もちろん大きな画面によるメリットも理解しています。その視認性の高さは十分理解しているのですが、ちょっとしたときに取り出してメールや時間をチェックするだけならば小さくてポケットにぴったりおさまるサイズが一番です。5インチ以上だとどうしてもポケットに入れるときや、しゃがんだときにひっかかります。

どのみち大画面だとしてもスマートフォンでできることは限られています。メールやSNSのチェックくらいなら5Sの画面でも困ることはないという判断で今もiPhone5Sを使用しています。

母艦がMacだった

メインユースのPCがMacの場合、スマホにiPhoneを使用すると相乗効果がたくさんあります。

写真の同期と自動バックアップや、itunesの音楽の同期(AppleMusicやAWSが出てきたので今後薄れそうですが)などなど。もちろん最近ではAndroidやWindowsと組み合わせても様々な同期機能は使えるのですが、よりシームレスに使えるのはMacとiPhoneという組み合わせです。

2位 iPadAir

iPadAirキャプチャ

ソファやベッドサイドに置いてPC代わりに使うという、教科書通りの使い方をしています。

PCはデスクやテーブルと向い合って作業ときには、作業効率を最大化するために必須だと思います。しかしそうでないとき、例えばちょっとした調べもの程度には大げさです。

iPadAirはちょうどよいサイズで、キーボードがない以外はほぼPCと同じように使えます。文字を打つ場面でなければ今のことろ困ることはありません。メールチェックやブラウザ、SNSも大画面で使用できますよ。起動も一瞬なので全くストレスを感じません。

あとは電子書籍ですね。Kindleが手元にないときに重宝します。iPhone5Sだと画面がちょっと小さすぎるのです。

3位 MacBookAir 11インチ

MacbookAirキャプチャ

仕事柄PCを常に持ち歩いていたため、機動性という点をもっとも重視して選びました。しかしいくら持ち運びが楽とはいえ、ちゃんとPCとして使用できなければ意味がありません。

その結果選んだ製品がMacBookAir11inchです(CPUとメモリは増強しています)。カバンにすっぽり収まってほとんど重さを感じないサイズでありながら、十分なスペックを持っているので仕事に支障がでることも一切ありません。

画面は確かに小さいのですが、拠点となる場所に外付けディスプレイを置いておけば全く問題ありません。もちろんディスプレイはサンダーボルトディスプレイにかぎらず、変換コネクタさえあればHDMI等での接続も可能です。

起動時やスリープから復帰したときもすぐに使えるのでストレスを感じることなく使えます。

4位 Apple Keyboard(有線) テンキー付き

Appleキーボードキャプチャ

キーボードかよ!って思われるかもしれませんが、PCでがっつり作業する場合、やはりテンキーは必要です。Macbookのキーボードや、ワイヤレスキーボードにはテンキーがついていないのです。

文章を打つだけだったら必要でないかもしれませんが、たとえばエクセルなど表計算を扱う場合などには作業効率に大きな差が表れます。

唯一の欠点は長く使っていると白いキーに汚れがついてくることです。拭いても落ちません。折角かっこいいデザインなのに、見た目が美しくなくなるのはちょっといただけないですね。。

5位 AppleTV

AppleTVキャプチャ

使う人を選ぶ製品です。

私の場合、主な用途は映画のストリーミング配信でした。わざわざビデオを借りにいかなくとも、リモコンで選んで選択するだけで好きな映画がすぐにその場で見れちゃいます。画質も悪くなかったし、一本あたりの単価も数百円だったのでDVDを借りる手間も考えたら悪くない製品だと思います。

しかし肝心の映画のラインナップはイマイチだったので、お目当ての作品が見つからないこともしばしば。。洋画でしたら少し前の有名ドコロはそれなりに揃っていますが、邦画やアニメは全然です。気をつけましょう。

あともう一つの目玉機能として、AirPlayミラーリングが使えます。MacやiOSの画面をそっくりそのままテレビに映すことのできるすんごい機能なのですが、実際は0.5〜1秒ほど遅延がありますので、例えばリビングの大型テレビをディスプレイとして利用できる!というのにはちょっと頼りない機能です。あくまでもプレゼンだとか、他人にディスプレイを見せる場合にのみ使える機能ですね。

おまけ。あまり生活を変えてくれなかった製品たち

AirMacExtreme

AirMacExtremeキャプチャ

Apple製の無線LANルータです。

これの上位機種に、ハードディスク搭載型のAirMacTimeCapsuleというモデルも存在します。MacにはTimeMachineという自動バックアップ機能が搭載されているのですが、バックアップ先に選べるのはMacに直接接続したHDDか、AirMacTimeCapsule内のHDDのどちらかのみとなっています。(OS X Serverを使ってサーバーと立てるというワザもありますが)

なお、AirMacExtremeにはHDDを接続してネットワークドライブとして使用できるようにする機能はありますが、このディスクはTimeMachineのバックアップ先として選ぶことはできません。TimeMachineを使いたいのであればおとなしくTimeCapsuleを購入しましょう。

AppleWatch

AppleWatchSportキャプチャ

発売日にAppleWatchSportを購入しましたが、最近は充電しわすれることが多く、机に置きっぱなしになっています。。

腕に付けていると着信やメールを知らせてくれたりとなにかと便利ですし、人と会う時に話題にもなるので良い製品だと思うのですが、わざわざ腕につけておくための必然性がちょっと弱いんですよね。。

あとAppleWatchは腕を上げて時計を見る動作をすると動きを検知してディスプレイをONしてくれるのですが、横になった状態だと正しく検知できず時間を見ることができません…今後OSの大型アップデートも来るようなので、そちらに期待します!

最後に

以上、Apple製品好きの視点から見た製品レビューを書かせていただきました。

冒頭にも書きましたが、本来こういったものはその人のライフスタイルにあったものを使用すべきだと思っています。例えば1位にiPhone5Sを挙げましたが、それは気軽に取り出せるiPadや、いつでも持ち運んでいるMacBookAirといった他に携帯性の高い製品を持っていたことも少なからず影響しています。仮にiPadやMacbookを持っていなかったら、一位にiPhone6 Plusをあげていたかもしれません。

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事