キヤノン防水カメラ Powershot D30 レビュー!!気になる画質、性能は?

Rentio公式
Rentio公式

更新日2020/11/02

キヤノン防水カメラ Powershot D30 レビュー!!気になる画質、性能は?

更新日

今回の記事は、キヤノンの防水カメラPowershot D30のレビューです。

最新の防水カメラについてはこちらの記事で一覧にしておりますので、防水カメラのラインナップを知りたいという方は是非そちらもご一読ください。

[2020年版] 防水カメラの選び方と最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

さて、キヤノンはカメラでは大きなシェアを持つメーカーですが、防水カメラという少々特殊なジャンルではどのように戦っているのでしょうか。他社製品たちと比較しながら見てゆきたいと思います。

キヤノン Powershot D30

まずは仕様からどうぞ。

  • 防水性能 25m防水
  • 2.0m耐衝撃
  • 耐寒-10度
  • 防塵仕様
  • 有効画素数 1210万
  • F値 F3.9-F4.8
  • 焦点距離 28-140mm (35mm換算)
  • センサーサイズ 1/2.3
  • GPS ◯
  • 光学ズーム 5倍
  • 重量 218g

目につくのは、25mの防水機能です。キヤノンの公式ウェブサイトでもハウジング無しで深くまで潜れることが強みとしてうたわれています。他の防水カメラが10mや15mという点を考えるとかなり深い深度まで行けるカメラですね。

しかしながら、防水機能だけを見ればニコンCOOLPIX AW130が30mと若干劣ります。加えてレンズのF値(明るさ)が3.9からと少々暗いです。深い水深まで潜った際には、明るさの面でちょっと心許ないかもしれません。

他の項目は平均値です。可もなく不可もなくといったところですね。

外観

ブルーを基調とした、スタイリッシュなデザインにまとめられています。重さは218gと他の防水カメラと比べてもそこそこ重いほうなのですが、コンパクトサイズの本体のためか、あまり重さは感じません。

Powershot D30 全面部

Powershot D30 側面

Powershot D30 液晶

側面カバー

他機種と異なり、インターフェースが側面カバー部と底面カバー部の二箇所にわかれています。

側面カバー部にはケーブル用の端子が。

Powershot D30 側面カバー

Powershot D30 側面カバー

ゴム製のパッキンがついており、水の侵入を防ぎます。

底面カバー

底面部には、電池とSDカードが収納できるようになっています。

Powershot D30 底面カバー

Powershot D30 底面カバー開放

こちらもしっかりとパッキンがついていますね。

撮影時

液晶は鮮明です。また前面、背面ともにラバー製のグリップがついていて持ちやすさもあります。

Powershot D30 液晶撮影画面

2015-07-22 11.21.07

撮影機能

写真撮影については、幅広いシーンモードがついています。ポートレート、夜景、水中、トイカメラ風等々、、、充実しています。他にもたくさんありましたので、もし気になる場合はキヤノンの公式ウェブサイトをご覧ください。デザインもきれいにまとまってますので、普段使いにも問題ありません。有効画素数が1210万と若干少ない気もしますが、これくらいなら許容範囲でしょうか。

動画についてはハイスピード動画(スローモーション)は撮影できます。レンズは28-140mmと少々狭いので広角レンズがよしとされるGoProのようなアクションカメラとしての用途には物足りないと思います。しかしその分望遠には優れていますね。

気になるのはWifiがない点です。Wifiでスマホと接続できると、撮影してスマホ経由でそのままSNSにアップロード、という使い方ができるのですがこの機種には搭載されていません。SDカードから一度PC経由で取り込まなければならないのはちょっと面倒ですね。

GPSはついていますので撮影した写真に位置情報を付加することは可能です。

総評

スペック的には可もなく付加もなくといったところです。

強いて不満な点を言うならば、物足りないのはレンズの暗さ(開放F値3.9)、Wifi非搭載の二点。優れた点をあげるなら普段遣いもできるデザイン、GPS搭載、ズーム倍率の高さといった点です。

なお使い勝手、操作性という面は普段からキヤノンのカメラを使っている人にとってはわかりやすい作りになっているかもしれません。私も普段はG7Xを使っているのですが、すんなり操作することができました。

他社の防水カメラのラインナップを見ると、尖った製品が多いんですよね。水中やハードな場面に特化したリコーのWG-5GPS、自撮り機能とアクションカメラ的機能充実のオリンパスTG-860、無駄を排除してとにかく安いニコンCOOLPIX S33などが良い例です。

そんな中、このカメラは良くも悪くも中庸です。先に挙げたアクションカメラ的な利用が難しい点、Wifi非搭載という点を許容できるならが広く活躍することができるでしょう。

PR

Rentioでは、Powershot D30をはじめ様々な電気製品を貸し出ししています。3泊から往復送料無料でご利用可能です。まずは試してみたいという方は、是非ご検討ください!

カテゴリー – 防水カメラ – Rentio – 最新ガジェット、家電のレンタルなら全品往復送料無料のレンティオ

【関連記事】防水カメラの選び方とおすすめ

防水カメラの選び方と、2019年版の最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事