RentioPress

RICOHの防水カメラ WG-5 GPSのアウトドアで役立つ機能

公開日 最終更新日
RICOHの防水カメラ WG-5 GPSのアウトドアで役立つ機能

今回は、RICOH製のアウトドアコンパクトデジカメ、WG-5 GPSをご紹介します。

これからの季節、海やアウトドアで役に立つアウトドアカメラ。スマホのカメラでは撮影できない場所での撮影だけでなく、アウトドアコンデジならではの機能も備えており、レジャーの場面で活躍すること間違いなしです!

特にこのWG-5 GPS、防水タイプのデジカメの中では人気の機種となっているのですが、見た目通りの頑丈さに加えて、機能面でも細やかな配慮の行き届いた機種となっています。

今回はそんなWG-5 GPSのスペック、搭載している各種撮影機能のご紹介をさせていただきます。

見た目

非常にいかつい形状です。一見しただけではカメラに見えないかもしれません。

WG-5 GPS 本体オモテ

WG-5 GPS液晶面

WG-5 GPS 上部

まず、外装部がゴツゴツしたつや消し仕様になっているためキズが目立ちにくいという特長があります。また平らな面に置いた場合、どちらの面を下にして置いてもレンズ、液晶部が直接おいた面に触れないような作りになっています。

傷つきにくいうえに、傷ついても目立たない作りになっているんですね。アウトドアで使う場合、どうしても使い方が多少荒くなってしまうのでこの構造には納得です。

※ただ置いたときに面に触れないとはいえ、液晶部は面積が広いうえにガラス製です。硬いものなどにぶつかると、どうしても多少のキズは残りますのでその点は気をつけたほうがよさそうです。

WG-5 GPS電池

ロックを外して下部の電池カバーをあけると、バッテリー、SDカード、充電用のケーブル接続口があらわれます。

ストラップ付き

本体側面に付属のストラップが取り付けられるようになっています。ストラップにはカラビナ付きなのでバッグなどへの取り付けも可能です。

このWG-5 GPSですが、電池、SDカード込で236gと少々重さがあります。そのためカバンやベルトなどに取り付けると位置によっては少々気になるかもしれないのですが、ちょっとした時の持ち運びにこのストラップが大変重宝します。

ストラップのかなり太めのものなのでとても持ちやすいです。もちろんカバンやベルトにつけることも可能ですが、「持ちやすさ」という観点からも活躍するストラップです。

WG-5 GPS ストラップ

基本性能

タフネス仕様

本体にも記載がありますが、見た目どおりの頑丈な作りとなっています。

耐荷重100kgf、耐衝撃2.2m、14m防水、-10度耐寒。

WG-5 GPS スペック

レンズの明るさ

また特筆すべきポイントが、レンズの明るさです。

ある程度カメラに詳しい方でないとご存知でない場合も多いのですが、カメラのレンズにはF値という数値が存在します。この値が小さければ小さいほど、暗い場所で明るい写真を撮影することができます。

WG-5 GPSは、F値2.0-4.9というコンパクトデジカメの中でもかなり明るい部類に入るレンズを搭載しているため、光量の足りない水中や、夜のプールなどでも鮮明な写真を撮影することができるわけです。

他社も防水のアウトドアカメラを製造していますが、その中ではWG-5のF値2.0は最も明るく、同値でオリンパスのTG-4 Toughも並ぶのですがこちらは市場価格でWG-5よりも一万円以上高価です。

暗い場所での撮影が想定される場合には、数ある防水カメラの中でもWG-5はオススメできる機種です。

撮影機能

ここまでで紹介した基本機能に加え、充実した各種撮影モードも注目です。スマートフォンでは撮影できない、アウトドアならではの映像もWG-5 GPSがあれば撮影できます。

こちらが撮影時のモード選択画面。豊富な撮影モードが用意されています。

WG-5 GPSメニュー1

WG-5 GPSメニュー2

顕微鏡モード

あまり聞き慣れない機能かもしれませんが、アウトドアカメラではこのような接写が可能な機種がいくつか存在します。

要は超接写モードです。こちらは公式ウェブサイトからの引用ですが、レンズ部を下にして被写体のうえに置いて撮影します。

WG-5 顕微鏡モード

他社メーカーのアウトドアカメラでもこういった機能を搭載している機種もあるのですが、レンズ周りにLEDライトが搭載されていてそのまま撮影できるのはWG-5と、同じくリコー製のWG-30シリーズだけです。手軽に接写が楽しめるのは良いですね。

インターバル撮影

GoProで言うところのタイプラプス機能です。カメラを定点固定して撮影するモードです。

テレビでよく見る植物の成長の映像をはじめ、雲の流れや天気の移り変わりなどを短時間の映像にまとめることができます。

WG-5と三脚があれば撮影できますし、下記の写真のように細かい設定も可能です。幅広い楽しみ方ができそうですね。

WG-5 GPS インターバル

マーメイドモード

ダイビングやシュノーケリングの際に使えるモードです。

水中撮影だと、一般的に青みが強くなってしまうのですが、このモードで撮影すればホワイトバランスを自動調整してくれて自然な色合いに仕上げてくれます。

電子コンパスとGPS

登山や、ちょっと地図を見る時などに役に立つ電子コンパス機能も備えています。

またGPSが搭載されているので撮影した写真に位置情報が付与されます。スマートフォンのカメラだとほとんどの機種で採用されている当たり前の機能となっていますが、コンデジだと搭載されていない機種もあります。

パソコンに取り込んだ時、専用のアプリケーションなどを使用すれば写真だけでなく、撮影場所まで表示されるので便利です。後になってどこで撮影したか忘れてしまうといったこともなくなるので、あるに越したことはない機能の一つですね。

物足りないポイント

近年のデジカメでは定番となりつつある、Wifi機能が搭載されていません。

Wifiでデジカメとスマートフォンを接続し、カメラで撮影した写真をスマホ経由ですぐにSNSへアップ、という使い方ができないのがちょっと物足りないですね。

まとめ

以上となります。

頑丈なボディだけでなく、アウトドアで活躍する各種機能や、コンパクトデジカメとして十分な基本性能も備えた機種ということがおわかりいただけたでしょうか。

また、頑丈さを活かしてGoProのようなアクションカメラとしても使用することもできます。

スノーボードやサーフボード、手首やヘルメットに装着できるオプション品も別売りで販売されていますので、それらを購入すればレジャーのときの臨場感あふれる動画も撮影できます。

レジャーや旅行、イベントのお供としていかがでしょうか?

PR

Rentioでは、防水カメラをはじめ様々な電気製品を貸し出ししています。3泊から往復送料無料でご利用可能です。まずは試してみたいという方は、是非ご検討ください!

[レンタル] 防水カメラ – Rentio [レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事