GoPro HERO4 Session開封から撮影まで

Rentio公式
Rentio公式

更新日2020/05/23

GoPro HERO4 Session開封から撮影まで

更新日

GoProの最新モデル、HERO4 Session。

超小型、軽量のボディながらも他モデルに勝るとも劣らない高画質の動画撮影で一躍話題を集めました。

今回の記事では、そんなHERO4 Sessionのスペックをご紹介し、実際に製品を見ながらその性能についてチェックしてゆきたいと思います!

GoPro HERO4 Session

製品コンセプトと仕様は下記の通りです。

GoPro史上最小・最軽量の扱いやすいカメラに、GoProならではの魅力を 凝縮しました。防水設計のタフなボディはハウジング不要。ワンプッシュで電源が入り、自動的に撮影を開始。ミニマルの極致でありながら、プロフェッショナルの要求にも十分に堪えうる高画質を実現しています。

新世代のGoProスタイルは、ウェアラブルカメラの原点を見つめなおして誕生した圧倒的な小ささと軽さ。本体重量わずか74g、従来比40%の小型化を果たしながら水深10mの撮影が可能。ワンボタンでスタートする1080p/60fpsの高画質動画、8MPの静止画。本体は最小限のボタン配置に留め、スマートフォンとの連携により多彩な機能を発揮します。

www.tajima-motor.com
  • カメラサイズ : 38.2㎜(横)×38.2㎜(高さ)×36.4㎜(奥行)
  • カメラ重量 : 75g
  • 防水性能 : 10m
  • 静止画撮影(最大画素数) : 800万画素
  • 最大解像度 : 1440p
  • 入出力端子 : micro USB, microSD

ポイントは、小型軽量のボディと、ハウジング無しでの10m防水機能でしょう。

撮影品質は、4Kや2.7Kこそ撮影できないものの、1440p30と1080p60という高画質撮影が可能で、GoProならではの超広角レンズも健在です。

なおHERO4シルバーやHERO+LCDのような液晶タッチパネルはついていないので、撮影にはスマホアプリを使用するのがオススメです。

開封

それでは早速製品のほうを見てゆきましょう!

まずはこちらが外箱。HERO4のシルバー、ブラックと似た箱になっていますが、こちらのほうが奥行きが薄く作られています。台座に取り付けられた本体が外からも見れるのはこちらも一緒ですね。高級感溢れる梱包となっています。

GoPro hero4 session 箱

カバーを外したところ。小型サイズに関わらず、重厚感溢れる外見。

なおこのHERO4 Sessionは、他のモデルと異なりハウジングが存在しません。このままで10mの防水性能を備えています。

GoPro hero4 session 台座前面

背面部。台座からの外し方は他のモデルと一緒なのですが、はじめての場合は戸惑うことも多いかも。

ツマミの部分を内側に押し込みながら、本体を前方にスライドさせることで台座から本体の取り外しが可能となっています。

GoPro hero4 session 台座背面

こちらがセット用品一覧。

GoPro hero4 session セット内容

HERO4Sessionはハウジングがない代わりに、フレームを使用してマウントに固定します。フレームの取り外し方は簡単。角に取り外し用のフックがありますのでこの部分を開くだけです。あとは本体を前方に押し出すだけ。

GoPro hero4 session 取り出し

取り出しました!

小さいですねえ。

GoPro hero4 session

ちなみにフレームは最初にセットされているものと、もう一種類がセットされています。

1つはマウント部に対して90度垂直にレンズ部が向くタイプ、もう一つはマウント部と一直線にレンズが上を向くタイプです。セッティングの自由度が高いのも、GoProの魅力の1つですね!

GoPro hero4 session

側面カバー。

見辛くてすいません。ここに充電用のmicroUSBと、microSDカードの挿入口があります。カバーにはゴム製のパッキンがあり、水やホコリの侵入を防ぎます。

GoPro hero4 session 側面カバー

とりあえずマウントとも接続してみました。使用したマウントは、「ジョーズフレックスクランプマウント」強力なクリップで色んなところに付けられるマウントです。

GoPro hero4 session セット

撮影してみましょう!

本体単体でも撮影できてしまうのですが、折角ですのでiPhoneのGoProアプリを使用して撮影してみましょう。

大まかな流れとしては下記のようになります。

1.BluetoothでスマホとGoProを接続

2.アプリ内でWi-fiの初期設定

3.スマホとGoProをWi-fi接続

※Bluetoothはカメラの初期セットアップにのみ使用します。アプリを使用しての撮影はWi-fi接続が必要です。

1. BluetoothでスマホとGoProを接続

まずはAppStore、GooglePlayからGoProアプリをダウンロードしましょう。

起動すると次のような画面が表示されます。「CONNECT YOUR CAMERA」をタップ。セットアップを進めましょう。

GoProアプリ

製品を選択します。

アプリで接続可能なモデルが一覧で表示されるのでわかりやすいですね。今回はHERO4 Sessionを選択します。

20152

2. アプリ内でWi-fiの初期設定

画面の表示に従って進んでいくとBluetoothのペアリングのための画面が表示されます。ペアリングのためのコードはGoPro本体の液晶部に表示されているのでそれを入力しましょう。

GoProアプリ

この後、Wi-fiのセットアップ画面が表示されます。Wi-fi名と接続用のパスワードを聞かれますので入力しましょう。

3.スマホとGoProをWi-fi接続

Bluetooth接続は、Wi-fiの初期設定のためだけに使用されます。アプリで撮影するにはWi-fi接続が必要です。

スマホのWi-fi接続画面を開き、GoPro本体と接続しましょう。SSIDとパスワードは先ほど設定したものを使用します。

GoProアプリ

接続完了!さっそく撮影してみましょう

アプリの画面に、カメラの映像のリアルタイムプレビュー画面が表示されます。

解像度はそんなに細かくないですが、時差はほとんど感じません。ストレスなく使えそう。シャッターもこちらのアプリからきることも可能です。

GoProアプリプレビュー

録画品質の設定もこちらのアプリからできます。HERO4 Sessionは本体の小型化のために必要最低限のボタンや液晶以外は排除していますので、こういった画面から詳細な設定ができるのはありがたいですね。

GoProアプリ設定画面

うーむ。GoProアプリ、便利です。

まとめ

GoPro HERO4 Session

いかがでしたでしょうか。

小型軽量のGoPro。他のモデルと比べても、とにかく小さいので身につけていることもすっかり忘れてしまいそうです。

特にアクティブなシーンでは、カメラの重さが邪魔になることもあるかと思うので激しい動きの中で使われる方は、HERO4Sessionを検討してみたらよいかもしれません。

小型軽量で、ハウジングナシでも防水機能を備えるHERO4 Session。私の目にはとても魅力的な製品として映りました。

PR

なお、RentioではGoProやオプションのマウントキットをはじめ様々な家電製品を3泊4日から貸し出ししています。まずは試してみたい、旅行の間だけあればいいといった方はこちらも是非検討してみてくださいね!
[レンタル] GoPro(ゴープロ) 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事GoProカテゴリのランキング

ピックアップ記事