Rentioまとめ ロゴ

自分の耳に最適な形に変化するイヤホン「Revols」

公開日 最終更新日

01-1.jpg

https://www.kickstarter.com/projects/revols/revols-premium-quick-custom-fit-wireless-earphones

イヤホンは少しずつ進化してきました。昔のイヤホンは堅くて大きくて耳が痛くなるようなものばかりでしたが、最近ではカナル型イヤホンが主流になり遮音性や装着感が格段に向上しています。

しかしそれでも長時間装用による耳の痛みからは逃れられません。奇跡的に自分の耳にフィットするイヤホンが見つかればその限りではありませんが、多くの方は落ちやすかったり痛くなったりといった悩みが少なからずあるはずです。

しかしそんなことに悩まされる日がなくなるかもしれません

カスタムIEMだけどカスタムIEMではない

耳の形は千差万別。つまり万人にあうイヤホンなんて夢のまた夢です。今までは自分にピッタリのイヤホンを求めるなら、カスタムIEMを選ぶしかありませんでした。

しかし現在開発中のイヤホン「Revols」は、カスタムIEMでありながらカスタムIEMではない新しいタイプのイヤホンです。

Revolsの最大の特徴は、自分の耳にあわせて形状を変化させる点です。これだけを聞くと「勝手に形が変わるなんてスゴイ!」と思ってしまいますが、実はうまく考えられた仕組みで作られています。

まず、Revolsのイヤーチップ部分には変形可能なナノコンポジットゲル素材が使われており、耳に付けるとうまくフィットしてくれます。しかしこれだけではフィットするだけなので、柔らかいイヤーチップが使われたイヤホンと大差ありません。

ここからがRevolsの真髄です。耳にフィットした状態でスマホの専用アプリを作動させると、その形状で固定されるのです。つまり自分の耳の形でイヤーチップができあがることになります。60秒で自分専用のイヤホンのできあがりです。

もちろん完全なカスタムIEMには劣るでしょうが、それでもこの手軽さでカスタムIEMに近いことができるのはまさに革新と言えるでしょう。

また、形状以外にも工夫されている点があり、着脱可能な追加小型バッテリー充電しながら使用できるなど、イヤホンとしても非常によくできていますね。もちろんBluetoothです。

ちなみに、音質にも問題はありません。なんと日本の音響機器メーカーである「ONKYO」とパートナーシップを締結しています。つまり音質面でも隙はない、ということです。

現在はKICKSTARTERで出資を募っている段階であり、期限は2016年1月8日となっています。かなり期待を寄せられているプロジェクトなので、低価格の出資プランは完売しているのが残念ですね。執筆時点では最低でも199ドルの出資が必要となっています。

とはいえ、斬新かつ実用的なイヤホンであるRevols。ぜひとも一度使ってみたい製品ですね。

おすすめの記事

人気記事

人気記事をもっと見る >>