見た目はそっくりな兄弟機!SONYのHDR-CX480とHDR-CX485の違いを調べてみた

Rentio編集部
Rentio編集部

更新日2018/09/15

見た目はそっくりな兄弟機!SONYのHDR-CX480とHDR-CX485の違いを調べてみた

更新日

SONYからHDR-CX480とHDR-CX485という2種類のデジタルビデオカメラが発売されています。

この2つのカメラは、どちらも家庭向けの撮影が出来るように想定したビデオカメラなのですが、どのような違いがあるのでしょうか?

型番名からして兄弟機である2つのデジタルカメラの仕様を比較してみました。

外観のカラーバリエーション!HDR-CX480とHDR-CX485の違い

まず、外観の違いはボディーカラーです。

  • HDR-CX480はホワイトとボルドーブラウン
  • HDR-CX485はブラックとホワイト

サイズも、バッテリーも合わせて幅57.0mm、高さ59.5mm、奥行128.5mm、重さ195gとまったく同じです。

基本スペックもほぼ一緒!HDR-CX480から進化のないHDR-CX485

HDR-CX480とHDR-CX485の主要スペックをまとめてみましたが、違いはバッテリー電圧のみです。撮影可能時間にも差はありませんので、どちらのビデオカメラを使おうが全く変わらないという事がお分かりいただけるかと思います。

HDR-CX480 HDR-CX485
イメージセンサー 1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー 1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー
総画素数 251万画素 251万画素
レンズ ZEISS バリオ・テッサー ZEISS バリオ・テッサー
ズーム 光学30倍(デジタル350倍)、全画素超解像60倍 光学30倍(デジタル350倍)、全画素超解像60倍
F値 F1.8-4.0 F1.8-4.0
内蔵記録メディア容量 内蔵メモリー 32GB 内蔵メモリー 32GB
電源電圧部 ACアダプター5.0V/バッテリー6.8V ACアダプター5.0V/バッテリー7.4V
本体質量 約195g 約195g
外形寸法:幅×高さ×奥行(付属バッテリー装着時) 57.0×59.5×119.0mm(57.0×59.5×128.5mm(バッテリ含む)) 57.0×59.5×119.0mm(57.0×59.5×128.5mm(バッテリ含む))

HDR-CX485が優れている2つの機能

基本スペックにはほとんど差がなかった2台ですが、HDR-CX485が優れている機能を紹介します。

ファストインテリジェントAF

ファストインテリジェントAFはフォーカスする窓枠を細分化することで、高速で精度の高いフォーカシングができるようになりました。

タイムラプス

PlayMemories Homeで編集する必要がありますが、一定間隔で撮影した静止画をつなげて再生できるのがタイムラプスです。フルHD画質ですので、キレイで印象的な映像を簡単に作る事ができます。

HDR-CX485は買いではない

HDR-CX480とHDR-CX485のスペックや機能を紹介しましたが、価格.comの最安価格を見てみると20,000円の差があります。正直、その価格差がある商品ではありませんので、HDR-CX485の購入を検討していた方は、HDR-CX480を購入しましょう。

また、購入でなくともレンタルという選択肢もあります。それなら、今は必要な時だけレンタル利用に留めておき、しかるべきタイミングで最新スペックを購入するという手もあります。

[レンタル] SONY ハンディカム HDR-CX480(ビデオカメラ) ホワイト – Rentio [レンティオ]

まとめ

HDR-CX480もHDR-CX485も難しいテクニックや設定を気にすることなく綺麗な動画を撮ることが可能なので、初めての方にオススメのデジタルカメラと言えます。

しかし、その2つのスペック差はほとんどなく、もちろん動画品質にも差がありません。全く同じ製品といっても過言ではないので、そこまでこだわりがないのであればHDR-CX480で十分でしょう。

よく読まれている記事ビデオカメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事