Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

アウトドアやダイビングに!おすすめの防水カメラ10選

更新日
アウトドアやダイビングに!おすすめの防水カメラ10選

山や川や海と様々なアクティビティに活躍する防水カメラは、近年、各メーカーが注力しているカメラ製品でもあります。

そこで、今回はRentio編集部が独断と偏見でオススメの防水カメラを10個ピックアップし、勝手にランキング付けしちゃいました。購入を検討している人、買い替えを検討している人、旅行に持っていくものを悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね!

こちらの記事には一部古い情報が含まれています。ダイビングにおすすめのカメラの最新情報は以下の記事をご覧ください。
ダイビングに最適な水中カメラの選び方と予算別おすすめ6選!防水カメラ,GoPro,360度カメラ,どれを選ぶ? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

知っておきたい防水性能!IPXとは?

防水カメラにはIPXという保護等級が定められています。このIPX、JIS規格で定められた防水の規格で、IPX0(無保護)〜IPX8(水中)まであり、保護等級が大きくなればなるほど防水効果が高くなります。

防水カメラの多くは、水中撮影ができるIPX8の防水性能があります。

水深は大丈夫?確認してみよう

防水性能と同じくらい「防水カメラ」に大切なのが水深です。現在市場に出ている防水カメラは3m〜30mまであります。

水深3m〜10mまでのものは、プールや水遊び用、ダイビングでの水中撮影用なら水深15m以上のものを選びましょう。

 

子供と一緒に楽しめる、初心者向けの防水カメラ

まずは10位から7位の防水カメラは、カメラ初心者でも安心して使える4製品です。子供に持たせて撮影できちゃう製品もありますので、ぜひ家族全員で撮影を楽しんでください。

 

第10位 SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30

水深10mまでの防水機能かつ、薄型軽量で広角レンズを備えているライトユーザー向けの防水カメラです。

他の防水カメラと違い、オシャレな外見でフォーマルな場所でも気にせずに利用することができるコンデジです。重量も140gと軽く、有効画素数においては1820万画素を誇ります。

しかし、2013年の発売以降、後継機も出ておらず、販売店も少なくなっているため、手に入れるのが難しいかもしれません。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30の購入をしたい方はこちら(在庫に注意)

 

第9位 GEANEE(ジーニー) AC-01

ポケットにいれておけるぐらいコンパクト!持ち運びに便利なので、子供とお出かけの思い出もとっさに撮影できます。

自転車のハンドルなどにセットできるマウントキットで移動中の風景も簡単に撮影できますので、わざわざ立ち止まることはありません。

本体が逆さまになってもそのままの撮影を続け流ことができるGセンサーが内蔵されており、バッテリーはフル充電で約2.5時間の連続撮影に対応しております。

防水機能としても10mまでの水深に対応しておりますが、サイクリングにオススメです。

GEANEE(ジーニー) AC-01の購入をしたい方はこちら(在庫に注意)

Amazon.co.jp|GEANEE【街を駆け抜ける疾走感を映像に 】(ジーニー) フルHD防水アクションカメラ AC-01|カメラ通販

 

第8位 RICOH アクションカメラ WG-M1

水深10mまで対応した防水カメラで、有効画素数は約1400万画素です。

2mからの落下にも耐えることができ、埃にも強いアクションカメラです。見た目によらず、重量が約190gと思ったよりも軽量なのは嬉しいです。しかし、連続撮影時間が1時間というのが少しネックかもしれません。長時間外にいる時は、予備バッテリーは必須です。

GoProのような防水ハウジングを必要としません。突然のスコールにあったときでも安心して利用できます。エンドレス録画やタイムプラス動画機能、そしてスマホからのリモート撮影にも対応しております。液晶モニターも付いておりますので、操作もしやすく、初心者にオススメです。

価格.com – リコー RICOH WG-M1 [オレンジ] 価格比較

第7位 Nikon 防水カメラ COOLPIX S33

こちらも水深10mまで対応した防水カメラです。

重量は約180gと軽く、インスタントカメラのような形状で持ちやすく、子供でも利用しやすいのが特長です。外見だけでなく、液晶画面内にひらがな表示も搭載されており、親子で楽しめる1台です。

有効画素数は1317万画素で先ほどのWG-M1より劣りますが、連続撮影時間が約1時間25分と少し長めの撮影にも対応しているところはグッドポイントです。

メイクアップ機能などおもちゃ感覚でも楽しむことができますので、子供と一緒に撮影大会してみてはいかがでしょうか?

アウトドア好きにはたまらない防水カメラ

アウトドアが好きな人にオススメの防水カメラが、6位から4位まで登場します。機能の多さやスペックを見ると、初心者向けではありませんが、1台あるとかなり撮影シーンの幅が広がること間違いありません。

 

第6位 RICOH 防水カメラ WG-5GPS

この防水カメラは、水深14mまで対応しております。有効画素数は約1600万画素になります。

気密性の高いボディ構造が採用されていることから、連続2時間の水中使用にも耐えることができます。埃にも強く、-10度でも動作が可能と、撮影エリアが広いのも特徴です。

広角側F2.0の明るいズームレンズ(静止画だと背景がいい感じにボケる)で、光の少ない場所でも光を取り込んでくれます。マクロ撮影から広大な風景まで様々な撮影シーンにも対応するため、使い込みもできる防水カメラだと思います。

GPS機能が付いていて、バッテリー寿命、静止画撮影が約240枚、撮影時間が約200分なので、アウトドア好きにオススメです。

第5位 OLYMPUS 防水カメラ STYLUS TG-4 Tough

十分な防水・防塵・耐衝撃を備えながら、カメラ本来の機能を損なうことなく、トップクラスの描画力を持つ防水カメラです。有効画素数は約1600万画素になります。

防水機能も推進15mまで対応している分、重量が247gと少し重いのが難点です。

WG-5GPSと同様、F値2.0の明るいレンズとGPS機能があります。様々な撮影機能、拡張パーツ、撮影フィルター、撮影モード(タイムラプスなど)があります。

激しめのアウトドアを楽しむ人でも十分役立つ防水カメラと言えるでしょう。

第4位 FUJIFILM(フジフィルム) 防水カメラ XP80

2015年2月に発売されたFUJIFILM(フジフィルム) の防水カメラです。色やデザインがスタイリッシュなのがポイントです。

防水カメラとしての機能も、「15m防水・1.75m耐衝撃構造・-10℃耐寒・防塵」の4つタフネス性能をウリ文句にしています。

スマホとWi-Fi接続することが可能なので、撮影した写真をすぐにスマホに共有、SNSにシェアということも可能です。重量も約179gと軽量なので、女性や子供でも使いやすい防水カメラといえます。

アクションカメラモードがあり、スポーツ中の臨場感あふれる映像も簡単に撮影できます。カメラを身体に固定することが出来るので、両手が塞がっていても映像の記録が可能です。

ダイビング好きにオススメの防水カメラ

これまで紹介してきた防水カメラよりも、より深い水深に対応している防水カメラを紹介します。ダイビングが好きな人、シュノーケリングを楽しむ人はぜひ参考にしてください。

 

第3位 Canon 防水カメラ PowerShot D30

ダイビングが好きな人にはオススメです。なぜなら、水深25mまで対応しているからです。

しかし、PowerShot D30は開放F値が3.9と少し暗めのレンズです。そのため、光が入ってくるようなダイビングスポット(沖縄やハワイのような海)ならば問題はないと思いますが、太陽光が入りにくいダイビングスポットでの撮影には検討したほうがいいかもしれません。有効画素数も約1,210万画素と少し低めですが、引き伸ばした画像印刷をしない限りは全く問題ありません。

見た目的には普段使いでも問題ないデザインなので、オールラウンドに使える防水カメラです。

第2位 OLYMPUS 防水カメラ STYLUS TG-860 Tough

水深15mの防水カメラです。

背面に可動式の液晶モニターがあり、自撮りうあ撮影しにくい角度での写真も撮りやすいという特徴がります。シャッターボタンの位置も変えられるフェイスボタンというものがあり、場所によってシャッターを切る手を変えながら撮影することが出来ます。

有効画素数も1600万画素と高いですが、重量が224gと若干重いです。こちらは開放F値が3.5とPowerShot D30よりも少し明るめのレンズが使われております。Rentioでも人気の高い防水カメラです。

第1位 Nikon 防水カメラ COOLPIX AW130GR

水深30mに対応しており、かつ開放F値が2.8と明るいレンズを持っています。少し太陽光が届きにくい水深でも、キレイな撮影を楽しむことが可能です。専用のハウジングを必要としませんので、かなり高機能な防水性と言えるでしょう。

有効画素数も1605万画素と、若干ではありますが他機種と比べて高くなっております。重量は約221gと重めかもしれませんが、この高い機能性を考えれば目をつむりましょう。

BGM月の動画を簡単に作れたりとムービー機能も充実しておりますので、年に数回しかないであろうダイビングの思い出を、このCOOLPIX AW130GRで残してください。

あると便利な防水ケースと防水バッグ

水中撮影用の防水ケースやカメラを収納する防水バッグは、水中撮影はもちろん、アウトドアでのアクティビテイの際に、カメラを保護することができるので持っているととても便利です。ここでは、おすすめの防水ケースと防水バックを紹介します。

オリンパス水中撮影用防水プロテクターPT-057

オリンパスのコンパクトデジタルカメラ「TG-870」「TG-860」「TG-850」に装着ができる「PT-057」は、耐圧水深45mに加え、「TG-870」に搭載された超広角21mmレンズとフェイスボタンにも対応した水中撮影を楽しみたい人のための防水プロテクターです。

専用のフラッシュのULF-3を使用すれば、暗くなりがちな海の中でも鮮やかな色彩の写真を撮ることができます。

オリンパススポーツホルダーCSCH-123 LBL ライトブルー

オリンパスのコンパクトデジタルカメラ「TG-870」「TG-860」「TG-850」「TG-4」「TG-3」の装着可能な「CSCH-123」は、ホルダーを装着したまま撮影ができるのと、水に濡れても使えるのでアウトドアのアクティビティの際に活躍します。

ホルダーには落下防止のスパイラルコードも着いているので、リュックサックやベルトに装着したまま動いても、カメラが落ちないようになっています。

まとめ

旅行に行く機会が限られている人は、防水カメラをレンタルするという選択肢もあります。防水カメラは日頃の手入れも重要なので、購入したはいいが一回使ったきりゴムパッキン部分が壊れていたり、うまく作動しないこともあります。

レンタルであればメンテナンスされた状態の防水カメラを、必要な分だけ利用することができますので、経済的にもお得です。

これからの季節、ダイビングやトレッキングなどのアウトドアを楽しむ人は、ぜひレンタルを検討してください。

【関連記事】防水カメラの選び方とおすすめ

防水カメラの選び方と、2019年版の最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事