RentioPress

ニコンの単焦点「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は初心者におすすめ

公開日 最終更新日
ニコンの単焦点「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は初心者におすすめ

デジタル一眼レフカメラは、撮影のバリュエーションが増えることから、カメラ初心者にも人気です。なにより、一眼レフには豊富な種類のレンズがあり、レンズ選びも楽しみの1つです。

意外と知られていないのが、一眼レフの価格の高さです。精密機械なだけあって、カメラ本体よりも高いものがたくさんあります。

そこで提案したいのが、レンタルサービスを活用して一眼レフカメラレンズを使ってみることです。Rentio(レンティオ)なら3,980円(3泊4日〜)で利用することができます。販売価格だと安くても3万円前後なので、まずは練達で週末遊んでみてはいかがでしょうか?

今回は、NIKON(ニコン)のDXシリーズ、単焦点レンズの「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を紹介します。

 

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」とは

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」といっても、どういうレンズなのかピンときますか?

  • AF-S:AF(オートフォーカス)、S(サイレントウェーブモーター、超音波モーター)
  • DX:DXフォーマット対応レンズ
  • 35mm:焦点距離が35mm
  • f/1.8G:開放F値が1.8

つまり、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」とは「DXフォーマット対応の焦点距離35mmの明るい単焦点レンズ」ということになります。

なお、レンズの重量は200gと非常に軽量です。

 

単焦点レンズとは?

単焦点レンズとは、焦点が決められたレンズのことをいいます。そのためズームが出来ません。自分の足で移動する必要があります。

 

DXフォーマットとは

NIKON(ニコン)の一眼レフには、FXフォーマットとDXフォーマットの2種類があります。

  • FXフォーマット:約36mm×24mm。35mmフィルムサイズに準ずる。フルサイズのセンサーサイズ。
  • DXフォーマット:約24mm×16mm。ASP-Cのセンサーサイズ。

カメラ本体にFXというマークがなければ、DXフォーマット対応なので、レンズを選ぶ際には気を付けましょう。

 

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」の特徴

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は、「日常使いがしやすい」「ピントがあわせやすい」「背景のボケがいい感じで出せる」単焦点レンズであるのが特徴です。

 

日常使いがしやすい

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」の重さは約200gと軽量です。カメラ本体に装着したまま持ち歩くことができるので、日常使い用のレンズとして使うのにおすすめです。

旅行のときなどに持ち運ぶのにも使いやすいレンズです。

 

ピントがあわせやすい

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」には、2つのフォーカスモードがあります。マニュアルフォーカスとマニュアル優先オートフォーカスです。特にマニュアル優先オートフォーカスは、自動でピントを合わせた後に微調整できますので、思い通りのピント合わせを手軽にできます。

また、RF(リアフォーカス)方式であるため、ピント合わせ時にレンズが出っぱることがありません。レンズ根元のダイヤルで調整します。

 

背景のボケがいい感じで出せる

「NIKON AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は、焦点距離が決まっている単焦点レンズです。開放F値が1.8とかなり明るいレンズなので、背景のボケを上手く出すことができます。

被写体を引き立たせる時のボケ活用に活かしてください。

 

基本スペック

その他、表にスペックをまとめていますので、参考にしてください。

型式ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-S DXレンズ
焦点距離35mm
最大口径比1:1.8
レンズ構成6群8枚
両角44°(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
FXフォーマット/35mm判換算:52.5mmレンズの画角に相当
撮影距離情報カメラへの撮影距離情報を出力可能
ピント合わせRFフォーカス(リアフォーカス)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
最短撮影距離0.3m
最大撮影倍率0.16倍
絞り羽根枚数7枚(円形絞り)
絞り方式自動絞り
最大絞りf/1.8
最小絞りf/22
測光方式開放測光
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)52mm(P=0.75mm)
マウントアダプターFT1滴否AF駆動可
寸法約70mm(最大径)×52.5mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端面まで)
質量約200g

 

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を使用するオススメのシーン3つ

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」の特徴が分かったところで、具体的におすすめの利用シーンを紹介したいと思います。

 

スナップ撮影

1つ目は、人物や動物の自然な表情を写すスナップ撮影です。

サイズ、重量ともにコンパクトで持ち運びに適しているので、外出先のスナップ撮影に向いています。普段スマホで撮影するよりも、背景のぼかしなどおしゃれに撮影できますので、SNS用の写真撮影にいかがでしょうか?

 

室内での撮影

2つ目は、室内の撮影です。

光の量が少なく、昼間でも暗くなりがちな室内でも、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は開放F値が1.8と、非常に明るいレンズです。

そのため、多少暗くとも、ある程度のF値調整で済ませることができます。ただし、F値を下げすぎると、ボケも強くなりますので、全体をパリッと撮影したい場合は不向きかもしれません。

とはいえ、自宅のような室内だと料理写真やペット、子供写真がほとんどだと思いますので、十分役にたつレンズでしょう。

 

夜景の撮影

最後に紹介するのは、夜景撮影です。

あまり暗すぎると三脚とシャッタスピードの組み合わせも必要になりますが、夕方から夜にかけた時間帯であれば、手ブレも少なく撮影することができるでしょう。

また、非球面レンズを採用しているため、収差(光の焦点のズレの大きさ)が非常に小さく、写真の演舞まで精細に撮影することができます。夜景の場合は、光が一点に集まりにくく、分散してしまうため、収差の少ない非球面レンズを採用しているレンズをおすすめします。

 

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」をレンタルするなら、このカメラ!

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」はDXフォーマットなので、カメラ本体もDXフォーマットのものをおすすめします。

FXフォーマットでも使えないことはないですが、それだとFXフォーマットのボディを使う意味がないからです。ちなみに、FXフォーマットの方が、カメラボディも高いんです。

そのため、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を使える、初心者におすすめのカメラボディは以下の3点です。

 

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」はこんな人におすすめ!

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は、人物撮影や風景写真の練習をしたい人、旅先でスナップ写真を撮影したい人におすすめです。ある程度の暗さまでなら、三脚を持ち運ばなくてもいいのがメリットです。

まだカメラボディさえ持っていない人、一眼レフを買ったばかりの人はレンタルで試写してみましょう。レンズキットのズームレンズとは、また違う楽しさがあると思いますよ。

カメラ本体は、D5500D5300の2種類を用意しています。

[レンタル] NIKON AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G レンタル

 

まとめ

デジタル一眼レフのカメラには、カメラ本体の他にレンズ付きのレンズキットもありますが、撮影に慣れてくると物足りなさを感じ始めます。

そんな人は、レンズキットにはない「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」のような単焦点レンズに挑戦し、さらにもう一歩上の撮影表現を身につけましょう

ただ、レンズは決して安い買い物ではないので、一度レンタル利用してから購入するかどうか決めてみてはいかがでしょうか?最短3泊4日からレンタルできますので、週末遊んでみましょう。

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事