圧倒的コスパの防水カメラ、FinePix XP90を徹底評価

Rentio公式
Rentio公式

更新日2019/12/25

圧倒的コスパの防水カメラ、FinePix XP90を徹底評価

更新日

今回は富士フィルム製の防水カメラ、XP90のご紹介です。

2016年初めに前モデルのXP80の後継機種として発売したXP90。リーズナブルな価格で多彩な機能を搭載した、コストパフォーマンスのよい防水カメラとしての立ち位置を確立しつつあります。どのような製品なのか、実機を見ながらその機能を紐解いてゆきたいと思います。

FinePix XP90の外観チェック

機能をチェックする前に、まずは外観を見てゆきましょう。

XP90の箱です。これから開梱してゆきます。

富士フィルム FinePix XP90 箱

箱を開けると本体と付属品、マニュアル類があらわれます。

富士フィルム FinePix XP90 付属品

本体

今回見てゆくのはスタイリッシュなブルー色です。他にイエロー、グリーン色があります。

富士フィルム FinePix XP90 外観

本体側面から液晶部にかけてです。液晶向かって右側に防水のカバーがあります。

中心にある丸いダイヤルがカバー部のロックとなっています。ロックをしないまま水に浸けると故障の原因になりますのでご注意ください。

富士フィルム FinePix XP90 側面

カバーを開放した様子です。ここに電池やSDカード、ケーブルの端子などが集まっています。防水のパッキンでしっかり保護されているのが見てわかりますね。

富士フィルム FinePix XP90 側面カバー

充電用のケーブルを接続した状態。このままコンセントに差し込めば充電できます。

富士フィルム FinePix XP90 充電イメージ

またこちらは付属のストラップです。昔の携帯電話にあったような古風なストラップですので、振り回したりしたら切れてしまうかもですね。。

富士フィルム FinePix XP90 ストラップ

電源を入れてみました。液晶はキレイで明るいです。カバーをちゃんと締めましょうという注意が表示されます。

富士フィルム FinePix XP90 液晶起動

レスポンスもよく、サクサク動きます。操作するうえでのストレスはなさそうですね。

富士フィルム FinePix XP90 液晶

FinePix XP90の特長

それではXP90の特長を見てゆきましょう。まず最初に目につくのが、その手頃な価格帯です。

高機能な防水カメラは市場価格が3万〜4万くらいするのに対し、XP90は2万円前後で手に入ります。ただ安いからといって機能に不安があるわけではありません。是非この価格帯を頭の片隅においたうえで次の章から読み進めていただければと思います。

防水だけでないタフネス性能

XP90が備えているのは、水深15mの防水性能、-10度の耐寒、1.75mの耐衝撃、防塵です。

水深については海水浴や体験ダイビング等であれば15mも潜ることもないかと思いますので、本格的なダイビングをしないのであれば十分な防水機能かと思います。

また寒さにも強いので、ウインタースポーツでも使用できます。

高画質&多彩なムービー撮影

1/2.3サイズセンサー、光学ズーム5倍などのスペックは他の防水カメラをはじめとするコンパクトデジカメと遜色ない値です。画素数に関しても、1640万画素の高解像度で撮影できるので画質の面では十分なスペックと言えそうです。

またアウトドア向けカメラでよくあるタイムラプス撮影(長時間でのコマ送り動画)も撮影できるので、ムービー機能も充実していると言えそうです。

Wi-fi機能搭載

XP90はWifi機能も搭載しており、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとの連携が可能です。

具体的には遠隔撮影、写真を転送などです。PCを介さずに直接写真をスマートフォンに取り込めるため、撮影してすぐにSNS等にアップロードできるのが便利ですね。

防水カメラには搭載されていない機種もありますが、この価格帯でWifiが搭載されいてるのは嬉しいポイントです。

光学式手ぶれ補正機能搭載

動きながら撮影する場合や、暗い場面での撮影の場合、手ブレ補正機能の優劣がはっきりと写真に出てきます。

デジカメの手ブレ補正には電子式と光学式の2種類があり、一般的には光学式のほうが高額で高性能と言われています。FinePix XP90は、光学式手ブレ補正を搭載しているため安定した撮影が可能です。

気になる or 注意点

これだけでも十分なコスパの製品がおわかりいただけたかと思いますが、ご参考までに気になる点もあげておこうと思います。

撮影範囲が少し狭い

XP90のレンズの焦点距離は、35mm換算で28mm~140mmです。特筆するほどの数字でもないのですが、他のアウトドアカメラと比べると若干狭い部類に属するかと思います。

レンズが狭いということは、被写体が大きく映る反面、撮影時に切り取れる範囲が狭いということです。つまり、自撮りの際などに背景が十分に映らない、などという点が想定できるわけですね。

ただこれは短所というわけでなく、特徴の1つです。裏を返せば広角レンズ搭載のカメラよりもズームに優れているという言い方もできます。

GPS機能がない

これも大きな短所というわけではないのですが、参考までに挙げておきたいと思います。

アウトドアカメラの中には、撮影場所をGPSで写真と一緒に記録しておく機能のあるカメラも存在します。PCなどに取り込んでから後で写真を見返す際に、どこで撮影した写真かが地図上でも見れるので便利という機能です。

とはいえ位置情報に対応した写真ビューアを使用していなければこれは特別意味のない機能ですね。

XP90はこんな人におすすめ

機能面で特筆すべき点はないのですが、全ての面において及第点で、目立った短所も存在しません。

必要な機能はしっかり搭載している優等生でありながら、2万円前後という非常に手頃な価格で購入できるのがFinePix XP90の強みです。

防水カメラ選びに迷ったらXP90、というのはとても無難な選択肢だと思います。

主な仕様

ご参考までに主だった仕様も掲載しておきます。

有効画素数 1,640万画素
センサー 1/2.3型 裏面照射CMOS
記録メディア 内蔵メモリー(約96MB)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
ズーム 光学式5倍(デジタルと併用で最大10倍)
開放F値 F3.9(広角)~F4.9(望遠)
焦点距離(35mm判換算) 28mm~140mm
手ブレ補正機能 光学式(CMOSシフト方式)
液晶モニター 3.0型TFTカラー液晶モニター 約92万ドット
本体外形寸法(※突起部含まず) (幅)109.6mm ×(高さ)71.0mm ×(奥行き※) 27.8mm
撮影時質量 約203g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
本体質量 約186g(バッテリー、メモリーカード含まず)

【関連記事】防水カメラの選び方とおすすめ

防水カメラの選び方と、2019年版の最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事