Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

オリンパスの防水カメラ TG-870 Toughの実力をチェック

更新日
オリンパスの防水カメラ TG-870 Toughの実力をチェック

TG-870 Tough

オリンパスのSTYLUSシリーズに新しく登場したTG−870 Tough。防水カメラの人気モデル、TG-860の後継機種として発売されたカメラです。

防水カメラの中でも、オリンパスのスタイラスシリーズは大変人気のあるシリーズです。そんなスタイラスシリーズの最新モデルとして投入されたTG-870 Tough。一体どのような性能のカメラなのでしょうか。

実際の製品を見ながらその機能を紐解いてゆきたいと思います。

外観

まずは実際の製品を見てゆきましょう。

箱、付属品類

TG-870 tough 箱

箱を開けたところです。本体、付属品、マニュアル、保障書類が収納されています。

TG-870 tough 付属品

本体外観

本体を取り出しました。こちらはホワイト色です。スタイリッシュな外観で、海でなくても街中でも違和感なく使えそうです。

TG-870 tough 外観

カメラ背面。

TG-870 tough 背面

液晶が180度回転します。セルフィーに便利。これはTG-870 Toughの大きな特長の一つです。

TG-870 tough チルト液晶

カメラ本体側面

本体側面カバーです。防水のためのロックは二箇所あります。水に浸けるときは必ず両方のロックをしないと浸水するので注意です。

TG-870 tough 側面

カバーをあけたところです。ゴム製のパッキンが水の侵入を防ぎます。

TG-870 tough 横フタ開放

こちらは付属のケーブルとアダプタを取り付けたところです。このような形で充電します。

充電

TG-870 Toughの特長

それではここからはTG−870 toughの特長を詳しくみてゆきましょう。

進化した180°可動式液晶

上の写真にもありましたが、TG−870 toughの大きな特長の1つでもある180度回転するチルト式液晶

さらにフロント部にもシャッターボタンがあり、自撮りをするにはもってこいの機能です。なお防水カメラで回転する液晶を搭載しているのはこのTG-870 toughと、前モデルのTG-860 toughの2つだけです。

海でもセルフィーを楽しみたいということであれば、大変おすすめできる防水カメラの1つです。

広角21mm

背景なども広く映すことのできる広角レンズは、風景や自撮りを臨場感いっぱいに残すには欠かせない機能のひとつです。

防水カメラの他のラインナップはほとんどが25mm、28mm前後でそろっています。そのため防水カメラの中でTG-870 Toughは広角撮影について頭一つ抜けているということになります。

先ほどの回転式液晶とあわせて、セルフィーに特化したカメラということがよくわかりますね。

内蔵Wi-Fi & GPS

あると便利なのがWi-Fi & GPS機能です。

お持ちのスマートフォンでオリンパスの専用アプリをダウンロードし、カメラとWifi接続すると撮影した写真を直接スマートフォンに取り込むことができます。写真撮影してすぐにSNSへアップロードできるのが強みですね。この機能がない場合、SDカードをPCに接続して、PCからスマートフォンにインポート、、、という面倒なステップを踏む必要があります。

またGPS機能については、位置情報を読み込めるアプリケーションが必要ではありますが、撮影した場所が後から地図上でマッピングされるので後から見返すときに便利です。

どちらの機能もあると大変便利な機能ではあるのですが、他の防水カメラには備わっていないこともあります。この機能が両方とも備わっていることも、TG-870 Toughをおすすめできる1つのポイントですね。

充実したムービー機能

様々な種類の動画が撮影できます。最近では動画にフォーカスしたSNSも登場してきているので、スマートフォンでは撮影できない動画が撮れるのは嬉しいポイントですね。

機能の説明については以下の通り。公式サイトから説明をお借りしました。

60pムービー

動いている被写体をなめらかに撮影する60pムービー。

ハイスピードムービー

目では捉えられない速い動きを撮影し、スローモーションで再生できます。
ムービーサイズは、120コマ/秒(640×480)、240コマ/秒(480×360)となります。ただし、スポーツカムモードの場合は、120コマ/秒(854×480)、240コマ/秒(640×360)

タイムラプスムービー

人の流れ、星の動きなどを定点撮影し、コマ撮りのようなムービーで連続写真を楽しむことが出来ます。0.5s/1s/3s/6s/12s/30sの撮影間隔を設定し、20秒(30fps)のムービーを作成します。ループ記録機能を使えば、自動的に次の撮影が始まります。

スポーツバースト

シャッター間隔を0.05秒~60秒に設定して連写できます。ループ記録機能を使えば、自動的に次の撮影が始まります。

TG-870 Toughはこんな人におすすめ

TG-870 Toughは、少々お値段は高めの部類に属しますが、防水カメラの中でも非常にバランスの撮れた機種となっています。

加えて180度回転式液晶、広角21mmのレンズなど、セルフィーを存分に楽しめる機能も搭載してます。

画質もコンパクトデジカメとしては申し分ないので、旅行の思い出をキレイに残したい!という方に強くおすすめできる防水カメラです。

仕様一覧

最後に、主だった仕様を掲載しておきます。

カメラ部有効画素数1600万画素
総画素数1680万画素
撮像素子1/2.3型 CMOSセンサー
開放F値W3.5~T5.7
ズーム倍率光学ズーム:5倍、超解像ズーム:10倍、デジタルズーム:4倍
対応記録メディアSD/SDHC/SDXCカード、Eye-Fiカード
内蔵メモリー37MB(ユーザー使用領域)
液晶モニター3.0型TFTカラー液晶/可動式(約92万ドット)
手ぶれ補正レンズシフト式手ぶれ補正機構
防水JIS/IEC保護等級8級(IPX8)相当
防塵JIS/IEC保護等級6級(IP6X)相当
大きさ(CIPA準拠)112.9mm × 64.1mm × 27.6mm
質量(CIPA準拠)221g

【関連記事】防水カメラの選び方とおすすめ

防水カメラの選び方と、2019年版の最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事