家でも大スクリーンで!家庭用に使うプロジェクターの選び方

Rentio編集部
Rentio編集部

更新日2019/12/10

更新日

映画が好きな人は映画館だけでなく家でも楽しみたいはず!スクリーンとプロジェクターがあればおうちで映画館気分が楽しめます。自宅で本格的な映像を楽しみたい人のために家庭用に使えるプロジェクターの選び方を紹介します。

家庭用でもプロジェクターが使われるようになったトレンド

今、ホームシアターが注目を集めています。プロジェクターが購入しやすくなったこともあり、家庭でも楽しめるようになったからです。家庭でプロジェクターが使いやすくなった理由を3点まとめました。

小型化

軽量、小型化することで、家庭でも設置しやすくなったことが、家庭用のプロジェクターの普及した大きな理由ではないでしょうか?家庭用の主流は、液晶パネル型ですが、軽量化しやすいDLPパネルのプロジェクター増えています。

低価格化

4Kタイプのプロジェクターはまだまだ高いですが、ブルーレイの映像を楽しめるフルHDタイプのプロジェクターは10万円以下で購入することも可能です。手が届きやすい金額になっているのも、家庭用のホームプロジェクターが使いやすくなった理由です。

4Kテレビよりも安く映像美を楽しめる

4Kテレビは10万円以上しますが、ホームプロジェクターは10万円以内で購入することができます。スクリーンに投影するので、テレビよりも大画面で映画を楽しめます。映画館同様の迫力がある映像を鑑賞することができます。

家庭向けのプロジェクターを選ぶポイント

家庭用のプロジェクターを選ぶ際にこだわって欲しいポイントは、以下の3点です。

明るさ:輝度が高いものを選ぶ

家庭用プロジェクターを選ぶ際には、ホームシアターを楽しむ場所の明るさに合わせて選ぶのがおすすめです。家庭でホームシアターを楽しむ場所はリビングなどが多く、決して暗くはないためにスクリーンに投影した際に映像がはっきりと映る高輝度のプロジェクターがいいでしょう。

サイズ

最近は持ち運びがしやすいモバイルサイズのプロジェクターもありますが、自宅専用で使うならサイズはあまり重視をしなくても問題はありません。ただ、設置位置が天井など上からプロジェクターを吊るす場合にはできるだけ軽量のものを選んだほうが良いでしょう。

コスパ

安いものは、1万円以下で購入ができますが、明るさやパネルタイプを重視して選ぶと、最低でも10万円前後になります。ただ安いだけで選ぶとむしろ高い買い物になるので、機能や使いやすさを重視して選ぶことをおすすめします。

家庭向けのおすすめプロジェクター3選

家庭でプロジェクターを使用するなら、輝度が大きなものを選びましょう。今回は、高輝度でフルHDに対応するプロジェクターを選んでいます。

ブルーレイディスクにも対応する高画質のプロジェクター!EPSON EH-TW5350

価格.com – EPSON EH-TW5350 価格比較

フルHDの液晶パネルを搭載しているので、ブルーレイディスクをスクリーンに投影した際にも高画質の画像を見ることができます。液晶パネルは3LCDタイプなので、色鮮やかな映像を楽しめます。3Dにも対応しています。

迫力のある映像が見れる短焦点プロジェクター!Acer H6517ST

価格.com – Acer H6517ST 価格比較

短焦点プロジェクターなので、スクリーンから近い場所でも投影ができます。100インチのスクリーンにも対応するので、迫力がある映像が見られます。2Dを3Dに変換する機能も付いているので、自宅で本格的な映像が楽しめます。

高輝度でリビングシアターにもおすすめ!SONY VPL-HW60

価格.com – SONY VPL-HW60 (B) [ブラック] 価格比較

リビングシアターにもおすすめのホームプロジェクターです。1800ルーメンと高輝度なので、明るい場所でも、映画館と同様に再現してくれます。明るさだけでなく、表現力も抜群です。鮮やかな色合いの画像が見られます。

高価な4Kテレビを買おうと迷っている人がいたら、プロジェクターも検討してみては?

家庭向けのおすすめプロジェクター3選仕様一覧表

EH-TW5350 H6517ST VPL-HW60
メーカー EPSON Acer SONY
パネルタイプ 液晶(透過型3LCD) DLP LCOS(反射型3LCD)
最大輝度 2200ルーメン 3000ルーメン 1800ルーメン
アスペクト比 16:9 16:9 16:9
パネル画素数 1920×1080 1920×1080 1920×1080
対応解像度規格 VGA~フルHD VGA~WUXGA ~フルHD
サイズ(幅×高さ×奥行き、mm) 297×114×245 314×93.4×223.4 407.4×179.2×463.9
重量 3.1kg 2.5kg 9kg

 

まとめ

ホームシアターを楽しみたい人向けに、家庭用のプロジェクターの選び方を紹介しましたが参考になりましたか?コスパも性能も良くなっている家庭用のプロジェクターは、映画が好きな人なら欲しくなりますね。家庭用プロジェクターが気になる人は、購入する前にレンタルで試してみるという方法も!

プロジェクター関連記事

おすすめモバイルプロジェクター8選!鞄に入れて持ち歩ける携帯性抜群の最新モデルを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事プロジェクターカテゴリのランキング

ピックアップ記事