RentioPress

え!ここにもLEDが!?プロジェクターにLEDが使われるメリットとデメリット

公開日 最終更新日
え!ここにもLEDが!?プロジェクターにLEDが使われるメリットとデメリット

電球を交換する時にLEDという言葉をよく聞くと思います。最近は映像を投影するプロジェクターにも使われたり、LEDが使われる用途はますます広がっているのです。

なぜ、プロジェクターにもLEDが使われるようになったのでしょうか?今回は、プロジェクターにLEDが使われるようになった背景とそのメリットやデメリット、そしてLEDが使われているおすすめのプロジェクターを紹介したいと思います。

プロジェクターにLEDが使われるようになった背景

プロジェクターのライトは水銀ライトを使用しているものが多いのですが、デジタル処理をして投影するDLPパネルが採用され、小型のプロジェクターが作られるようになってか、LEDライトを使われることが多くなりました。

また、LEDライトは寿命も長いことから、水銀ライトに比べると環境にも優しく、省エネ仕様になっていることも、時代の機運に促される形で広まったようです。

プロジェクターにLEDが使われるメリット

メリットはなんといってもコストパフォーマンスの良さです。LEDの寿命が長いことから、ランプの交換がほぼ不要のものとして考えてもいいでしょう。

かといって、色の再現力が落ちるわけでもなく、鮮明で明るい画面を見ることができます。

プロジェクターにLEDが使われるデメリット

LEDが使われているプロジェクターには、持ち運びがしやすいポータブルタイプのプロジェクターが多くあります。そのため、どうしても最大輝度が低いものしかないというのがデメリットになるでしょう。

また、LEDが使われているプロジェクターでも、最大輝度が高いものほど値段は高くなってしまう傾向があることは否めません。

とはいえ、プロジェクターの利用シーンによっては最大輝度が高ければいいというものではありませんので、完全にデメリットとまでは言えないと思います。

LEDが使われているおすすめのプロジェクター5選

やはり、LEDのメリットであるコスパの良さを考えれば、おすすめしたいのは軽量で持ち運びがしやすいポータブルタイプのプロジェクターです。その中でも、高画質の製品を中心に5つ紹介したいと思います。

LGエレクトロニクスMinibeam PH550G

価格.com – LGエレクトロニクス Minibeam PH550G [ホワイト] 価格比較

LEDランプは30000時間対応ができるとても寿命が長いプロジェクターです。

フルHD対応の高画質に、100インチの大画面に投影できるのでリアルで臨場感がある映像を楽しむことができます。スマートフォンやパソコンからの投影も手軽にできるので、ビジネスシーンでも活躍します。

LGエレクトロニクスMinibeam UST PF1000UG

価格.com – LGエレクトロニクス Minibeam UST PF1000UG [ブラック] 価格比較

コスパが良いLEDライトは30000時間使うことができます。ポータブルタイプのプロジェクターでは高輝度の1000ルーメンの明るさです。

38cmの距離で投影ができる短焦点タイプなので、広くない場所でも大画面で迫力がある映像が楽しめます。フルHDに対応しているので、ホームシアターにおすすめです。

CANON ミニプロジェクター C-10W

価格.com – CANON ミニプロジェクター C-10W [シルバー] 価格比較

10000時間対応のLEDを採用している、ポータブルサイズのプロジェクターです。

0.26kgの軽量でかばんに入れてもかさばらないコンパクトサイズなので、持ち運びもしやすくなっています。バッテリー内蔵型なので、電源がない場所でも投影することができます。

Vivitek Q5-R-BK

価格.com – Vivitek QUMI Q5-R-BK [ブラック] 価格比較

0.48kgのコンパクトなボディでありながら、LEDは30000時間とコスパが高いプロジェクターです。

パソコンやスマートフォンの他に、USBメモリにも対応しています。ビジネスシーンで使いやすいプロジェクターです。

OPTOMA ML750

価格.com – OPTOMA ML750 [ランプブラック] スペック・仕様

手のひらサイズのコンパクトなプロジェクターです。LEDランプは20000時間使えます。鮮やかな色彩表現を可能にした、ビジネス、ホーム両方で使えるプロジェクターです。

<

h3>LEDプロジェクターの仕様一覧

Minibeam PH550GMinibeam UST PF1000UGC-10WQ5-R-BKML750
メーカーLGエレクトロニクスLGエレクトロニクスCANONVivitekOPTOMA
タイプポータブルポータブルポータブルポータブルポータブル
パネルタイプDLPDLPDLPDLPDLP
最大輝度550ルーメン1000ルーメン100ルーメン500ルーメン700ルーメン
アスペクト比16:916:916:916:1016:10
パネル画素数1280×7201920×1080854×4801280×8001280×800
対応解像度規格~フルHD~フルHD~フルHDUGA~UXGAVGA~WSXGA+
サイズ174×48×116mm131.4×128.3×309mm111×19.7×111mm160×32.3×102.4mm106.3×44.8×107mm
重量0.65Kg1.9Kg0.26kg0.48Kg0.4Kg

まとめ

LEDライトを使っているプロジェクターは、使っている間はライトの交換が不要のものが多くコスパが良いのが特徴です。

価格帯も、9,000円~500,000円と幅広いので、利用シーンによって選ぶようにしましょう。

[レンタル] プロジェクター 一覧 – Rentio [レンティオ]

よく読まれている記事 プロジェクターカテゴリのランキング

ピックアップ記事