Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

ルンバ960が登場!フラッグシップモデル ルンバ980との違いとは?

更新日
ルンバ960が登場!フラッグシップモデル ルンバ980との違いとは?

2016年8月、現在のルンバのフラッグシップシリーズであるルンバ900シリーズに新しいモデルが加わりました。

これまで900シリーズはフラッグシップモデルのルンバ980が一機種のみでしたが、より手の届きやすい機種としての参入です。

ルンバ900シリーズの高性能、多機能を受け継ぎながらも手の届きやすい価格帯を実現したルンバ960。現行モデルの980とどのように違うのかという点を切り口に見てゆきたいと思います。

ルンバ960を含む最新全機種の詳しい比較はこちら

ルンバ最新16機種を一覧表でカンタン比較!5つのポイントで比較したおすすめも紹介 – RentioPress

ルンバ900シリーズとは

まずはルンバ900シリーズについておさらいしておきましょう。ルンバ900シリーズとは、3種類あるルンバシリーズの中で最も高性能で、最も高価なラインナップです。

リーズナブルでベーシックな機能に絞った600シリーズ、それよりも高性能多機能な800シリーズ、そして最も高価なフラッグシップの900シリーズです。

900シリーズの特長として、高い清掃能力とより賢い人工知能(清掃プログラム)があげられます。

他シリーズと比べてもハイパワーなモーターに加え、カーペットなど力が必要な場面になると自動で判断して吸引力を引き上げます。また搭載されたカメラによって部屋の状況をマッピング、最適な掃除ルートを計算するというのも900シリーズの大きな特長のひとつです。

ルンバ960の特長

そんな魅力的な900シリーズに新しく登場したルンバ960ですが、どのような製品なのか見てゆきたいと思います。

位置づけとしては、ルンバ980の下位に位置し、手の届きやすい価格帯の900シリーズという位置づけです。

高い清掃能力や、多くの機能を搭載しながらも10万円を切る小売希望価格は魅力的ですね。

カメラで部屋の形状を理解して最適なルートで掃除

「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」と呼ばれている機能です。900シリーズの大きな特長ですね。

ルンバ本体に搭載されたカメラにより、部屋の様子を分析、最適な清掃ルートを高い精度で計算する機能です。

清掃できる範囲は最大112畳と他ラインナップと比べて段違いに広く、複数の部屋でも効率的に掃除します。また清掃途中で電源がなくなりそうになっても一旦中断、充電し、再度続きから掃除をはじめる「自動再開」機能も搭載しているのも特長です。

広い100畳近い広いスペースを掃除する場合、対応できるルンバは900シリーズしかないので該当する方はこれらの機種を検討するのが良さそうです。

AeroForce クリーニングシステム

aeroforce

www.irobot-jp.com

強力なモーターと、ルンバ独自のローラーの組み合わせでゴミを強力に除去する仕組みです。600シリーズを中心に搭載されている「3段階クリーニングシステム」と比べて高い清掃力を持っています。

なおカーペットのうえや汚れの多い場所にくると自動的に吸引力を引き上げる「カーペットブースト機能」はルンバ980だけの機能であり、今回発売したルンバ960には搭載されていないようです。

デュアルバーチャルウォール

900シリーズだけの機能ではないのですが、新しいバーチャルウォールが付属しているのもチェックしておくべきポイントです。

バーチャルウォールとは仮想の壁を作りだし、ルンバが侵入できないエリアを作り出すための機能のことです。

従来のバーチャルウォールでは、直線的な壁しか作ることができなかったのですが、新しいデュアルバーチャルウォールでは新しく「ヘイローモード」という使い方もできるようになっています。

ヘイローモードでは、バーチャルウォールを中心とした円状の侵入禁止エリアを作り出す機能のことです。ペットのエサやり場などを保護するのに便利な機能となっています。

iRobot HOME アプリ

【Roomba960】_PhonePressClean

これまでなかったのが不思議なくらいですが、スマートフォンアプリと連携する機能がルンバ980から搭載されています。

ラジコンのようにルンバの進行方向などを細かく指示するのではなく、掃除の開始指示や設定の変更などに使えます。ルンバ本体に搭載されている小さな液晶だけでは設定も面倒なので、スマホの画面からできるのは便利ですね。

なおご自宅にWifi環境があることと、専用のアプリをダウンロードする必要があります。

ルンバ960と980の違い

それでは次に、同じ900シリーズのフラッグシップモデルのルンバ980との違いという点に焦点を当てて製品を見てゆきたいと思います。

外観については、若干本体カラーが違うものの、とても似たデザインとなっています。機能面での違いなども見てゆきましょう。

カーペットブーストの有無

ルンバ980に搭載されているカーペットブースト機能ですが、ルンバ960には搭載されていません

カーペットのあるご自宅での掃除の場合、とても頼もしい機能であることは間違いないのでカーペットのあるお住まいの方はちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

付属品が違う

ルンバ980ではそれぞれ2個ずつ付属しているデュアルバーチャルウォール、交換用ダストカットフィルター、交換用エッジクリーニングブラシですがルンバ960ではそれぞれ1個ずつしか付属していません

仕様一覧

ルンバ980とルンバ960の仕様を一覧表にしてみます。

機種名ルンバ980ルンバ960
発売時期2015年10月2016年8月
公式ストア価格(税抜)¥125,000¥89,880
ナビゲーションテクノロジーiAdapt® 2.0 ビジュアルローカリゼーションiAdapt® 2.0 ビジュアルローカリゼーション
クリーニングシステムAeroForceクリーニングシステム+ カーペットブーストAeroForceクリーニングシステム
ゴミ除去量(700シリーズ比)約2倍約1.5倍
稼働時間(通常清掃時)最大120分最大75分
自動充電
自動再開
ダブルゴミセンサー
スケジュール機能
ゴミフルサイン
iRobot HOME アプリ
バーチャルウォールモード
ヘイローモード
デュアルバーチャルウォール2個1個
交換用ダストカットフィルター2個1個
交換用エッジクリーニングブラシ2本1本
電源方式充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
製品寸法(最大幅×高さ)353mm x 92mm353mm x 92mm
製品重量(バッテリー含む)約3.9kg約3.9kg

最後に

以上となります。

これまではルンバ980のみしかなかった900シリーズに、新しくルンバ960が加わることで900シリーズ内で選択肢が出来たことは1ユーザーとしてとても喜ばしいことと感じています。

特に900シリーズにしか搭載されていない機能が、10万円を切る価格で使えるようになるのはありがたいですね。

ルンバ960は、目新しい機能こそなかったもののお掃除ロボットのマーケットに大きな影響を与える一台だと思います。

PR

さて、Rentioでは今回ご紹介したルンバ960をはじめ、最新の家電、カメラのレンタルを受付しています。購入前に試してみたい製品、短期間だけあれば良い製品などあれば是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] iRobot ロボット掃除機 ルンバ960 – Rentio [レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ロボット掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事