Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

ニコンのリーズナブルな防水カメラCOOLPIX W100!旧モデルS33との違いは?

更新日
ニコンのリーズナブルな防水カメラCOOLPIX W100!旧モデルS33との違いは?

ニコンから2016年10月に新しい防水カメラ、COOLPIX W100が発表されました。

ニコンは防水カメラではオリンパスに次いでシェアを持つ人気のメーカーで、コストパフォーマンスの良い、充実した基本機能を持つ防水カメラを作っています。

またニコンの防水カメラは常に2つのラインナップが存在し、多機能高性能なAWシリーズ(AW130)、リーズナブルなWシリーズ(W100、S33)があります。

今回登場したCOOLPIX W100は、リーズナブルなCOOLPIX S33の後継モデルとして発売されました。今回の記事ではW100がどのような製品なのかを、S33との違いを切り口として見てゆきたいと思います。

COOLPIX W100

COOLPIX W100 – 概要 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング

防水性能

防水カメラである以上、最初に気になるのはその防水性能ですね。W100は10メートルまでの水中でも撮影できるので、軽いシュノーケリングや体験ダイビングくらいであればカメラ本体を水中にそのまま持ち込んで撮影できてしまいます。もちろん一般的なプールでも大丈夫です。

また防塵、耐衝撃性能も搭載しています。

もちろん当たりどころが悪ければその限りではありませんが、1.5メートルの高さからの耐衝撃を備えているので多少激しい扱いをしても安心です。

防水でない一般的なコンパクトデジカメだと、伸縮するレンズ部からホコリが入ってしまう場合もおおいのですが、この機種ならば気密性が高いので端子部にしっかりロックをかけておけば心配はありません。

撮影機能

COOLPIX W100はコンパクトデジカメの中でもリーズナブルなモデルです。そのため撮影できる写真も極めて高画質、というわけではありません。例えばiPhoneのような高性能カメラ搭載機種であれば、スマホのほうがキレイに撮影できるかもしれません。

とはいえ最近ではカメラの基本性能は十分にあがってきていますし、画素数も1300万強とそれなりのスペックがありますので、アマチュアの方であればほとんどの人がキレイと感じるような写真が撮影できるかと思います。

また、コンパクトデジカメの中では倍率は低い方ではありますが光学ズーム3倍も備えているので望遠時にはスマホ写真よりも比較的キレイな映像が撮影できそうです。反面、手ぶれ補正機能は弱いので暗い場所での撮影や動きの激しいシーンでの撮影には適していないと言えそうです。

やはりこの機種に期待すべきポイントは、高画質な写真が撮れるということよりも水中での撮影や、カメラに水しぶきがかかるかもしれない場所での撮影に挙げられます。

SnapBridge

今回のシリーズ刷新で最も注目すべきポイントかもしれません。

カメラとスマートフォンをBluetoothで常時接続して、カメラで撮影した写真をスマホへ自動転送するといった機能となります。

これまでスマホとWi-fi接続し、手動でスマホへ写真を転送するといった機種はいくつかありましたが、常時接続して写真を自動転送する防水カメラはほとんどありませんでした。そんな新しい機能がリーズナブルなW100に搭載されたというのは大変注目すべきポイントかもしれません。

もちろん専用アプリのインストールが必要になりますが、写真を自動転送してくれるということは写真をSNS等へアップする作業がより楽になるということです。時代に即した機能ですね。

旧モデルS33との違い

それでは、2015年に発売した同ラインナップのCOOLPIX S33との違いを見てゆきましょう。

最初に書いておきますと、今の防水コンパクトデジカメは既にとても洗練されており、新モデルといっても全面的な刷新というわけではありません。

そのため一見すると違いがわかりにくいのも事実ですが、しっかり更新すべき点は更新されているのでその点に着目しながらご紹介させていただきます。

外観の違い

まずは外観の違いをチェックしてみましょう。ちなみに外観にほとんど違いはありません。

カメラ前面(レンズ側)

COOLPIX W100 とS33 front

カメラ背面(液晶部)

COOLPIX W100 とS33 back

カメラ上部

COOLPIX W100 とS33 top

カメラ上部にあるロゴが違うだけで、他の場所ではほとんど見分けがつきませんでした。

新カラー「マリン」色

なお、W100は新しいカラーバリエーションとしてカラフルな「マリン」色が追加されています。これまでの防水カメラはほとんどがシンプルな本体カラーばかりだったので、目新しいポイントですね。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100MR  クールピクス マリン

機能面での違い

基本的な撮影性能はほとんど違いがありません。

大きな違いは、スマホとカメラをBluetoothで常時接続する「SnapBridge」が搭載されたことです。

仕様一覧

新製品のCOOLPIX W100とS33の仕様を一覧表にしてみましょう。

商品名COOLPIX W100COOLPIX S33
発売年月2016年10月2015年3月
有効画素数1317万画素1317万画素
撮像素子1/3.1型原色CMOS1/3.1型原色CMOS
総画素数1417万画素1417万画素
レンズ光学3倍ズーム、NIKKORレンズ光学3倍ズーム、NIKKORレンズ
焦点距離4.1-12.3mm(35mm判換算30-90mm相当の撮影画角)4.1-12.3mm(35mm判換算30-90mm相当の撮影画角)
開放F値f/3.3-5.9f/3.3-5.9
レンズ構成5群6枚5群6枚
電子ズーム倍率最大4倍最大4倍
ダイナミックファインズーム最大2倍最大2倍
手ブレ補正機能電子式(動画)電子式(動画)
SnapBridge
Wi-Fi
Bluetooth
耐衝撃高さ1.8m高さ1.5m
防水性能IPX8(水深10m)IPX8(水深10m)
防じん性能IP6XIP6X
寸法(幅×高さ×奥行き)約109.5×67.0×38.0mm(突起部除く)約109.5×67.0×37.6mm(突起部除く)
質量約177g(電池、メモリーカード含む)約180g(電池、メモリーカード含む)
カラーバリエーションブルー、ピンク、マリンブルー、ホワイト

こうして見てみても、やはり基本性能に大きな違いがないことが見て取れますね。

やはり「SnapBridge」が新しく搭載された点、カラーバリエーションが変わった点が主なアップデートされたポイントとなります。

COOLPIX W100はどんな方におすすめのカメラなのか

ここまでで書いたとおり、COOLPIX W100はリーズナブルな価格ながら、防水カメラとして基本的なスペックのみを実現した機種ということになります。

際立ってキレイな写真を撮影できるわけではありませんが、水中や水際ではまあまあ及第点な写真が撮影できるくらいの撮影機能です。

このカメラでは、お子様にもオススメの機種として売り出していますが、実際に耐衝撃や防塵性能を備えていることを考えると、確かに子供に持たせるにはぴったりの機種かもしれません。

10メートル以上の水深に潜る本格ダイビングや、高画質撮影を求める方には向いていませんが、とりあえず水中や水際で撮影したい、子供用の防水カメラが欲しい、という方にはおすすめできるカメラです。

PR

さて、Rentioでは今回ご紹介したCOOLPIX W100をはじめ、防水カメラや最新のカメラ、家電を幅広くレンタルしています。まずは試してみたい製品、短期間だけあれば良い製品などは是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] Nikon 防水カメラ COOLPIX W100 ブルー – Rentio [レンティオ]

【関連記事】防水カメラの選び方とおすすめ

防水カメラの選び方と、2019年版の最新おすすめ10機種を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事