高圧洗浄機のメリットとおすすめ商品のまとめ

Rentio編集部
Rentio編集部

更新日2019/10/23

高圧洗浄機のメリットとおすすめ商品のまとめ

更新日

テレビでよく見かける高圧洗浄機がとっても気になります。車やベランダ、お風呂の掃除などで活躍しそうですが、実際使えるのでしょうか。音がうるさかったり水道代もかかりそうです。メーカーも色々でどれを選んだらいいかわかりません。

そこで日本で発売されている高圧洗浄機をメーカーごとに調べて比較してみました。

車やバスルーム、ベランダの掃除まで!用途はさまざま

洗車って面倒です。ちゃんとしないと水垢が残ってしまいます。スタンドの洗車機も結構高いです。高圧洗浄機ならかんたんにできそうです。ボディーやタイヤの泥はねなどの汚れは楽に落とせるようですね。

ただし、頑固な汚れは落ちにくいので洗剤で軽く汚れを落としてから高圧洗浄機を使うとよく落ちるようです。ベランダの掃除にも高圧洗浄機は役立つそうです。ベランダってなかなか掃除の手がまわらないですよね。放っておくとすみっこに落ち葉がたまっていることも。

タンクが付いている高圧洗浄機ならベランダの掃除も楽にできそうです。また、汚れの落ちにくいバスルームやキッチンなど色々な所で活躍するとのこと。これは使えそうです。

高圧洗浄機にはこんなメリットも

高圧洗浄機は水を沢山使うので水道代が上がっちゃいそうです。調べてみるとホースを使って掃除をするよりも水は少なく済むそうです。圧力をかけて噴射するのでホースより短時間で掃除ができて、その上節水できるなら高圧洗浄機のほうがお得ですね。

高圧洗浄機の人気メーカー

高圧洗浄機を調べると色々なメーカーが出てきました。悩んでしまいそうなので人気メーカーを調べてみました。

ケルヒャー

皆さんご存知ケルヒャーはドイツのメーカーです。人気も高く、最近ではホームセンターなどでも商品を見かけます。価格はちょっと高めですが、アクセサリーの多さなどが人気の理由です。

RYOBI

リョービは電動工具などの機械を扱う日本のメーカーです。高圧洗浄機も人気で、女性でも扱いやすい小型モデルから業務用のハイエンドモデルまで幅広い商品を取りそろえています。

ヒダカ

ヒダカは建築工具などの機器を取り扱う日本の販売店です。インターネット販売にも力を入れていて、高圧洗浄機専門のウェブショップがあります。ヒダカブランドの高圧洗浄機は人気が高く価格もお手頃です。

代表商品とそれぞれのスペックを比較しました

高圧洗浄機のスペックで目安となるのは水を放出するときの圧力です。単位はMPa(メガパスカル)です。注目するポイントは常用圧力です。

ケルヒャー K3 サイレント

静音、軽量、高性能の三拍子がそろった人気ナンバー1です。マンションのベランダでもお隣を気にせずに掃除ができると好評です。水冷式モーター採用で体感音は半分だそうです。常用圧力は2〜7.5MPaと高目です。

[レンタル] ケルヒャー 高圧洗浄機 ベランダクリーナー K3サイレント [50Hz東日本用] 水道ホース付き – Rentio [レンティオ]

RYOBI AJP-1210

続いて人気なのがリョービのAJP-1210です。コンパクト設計で移動もスムーズにできそうです。噴射する水圧を無段階調節できるのも特徴です。常用圧力は6.5MPaで低めに見えますが、家庭で使うなら十分な圧力でしょう。価格もリーズナブルです。

ヒダカHK-1890

常用圧力が9MPaと国内の家庭用高圧洗浄機の中でも高スペックなのがヒダカのHK-1890です。インダクションモーター採用で高い耐久性が人気のモデルです。頑固な汚れを落としたい方はこのモデルがおすすめです。価格もお手頃です。

まとめ

高圧洗浄機は様々な汚れを強力に落とせるので車の洗車やベランダのお掃除にも活躍しそうです。意外にも節水になるというから財布にも優しいですね。ラインナップも豊富なので目移りしていまいそうですが、水を出す圧力で比較すると洗浄効果が分かりやすいです。

価格もそれぞれなので予算に合わせてモデルを選びましょう。これで日々の掃除がはかどりそうです。

[レンタル] ケルヒャー高圧洗浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]
[レンタル] 高圧洗浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事高圧洗浄機カテゴリのランキング

ピックアップ記事