RentioPress

最高画質を持ち歩く!PowerShot G7X mark2は超バランス型

公開日 最終更新日
最高画質を持ち歩く!PowerShot G7X mark2は超バランス型

CP+2016ワールドプレミアアワード(レンズ一体型カメラ部門)を受賞し、カメラユーザーの間では、発売前から注目を集めていたPowerShot G7X mark2は、Canonのコンパクトデジタルカメラのハイエンド機“PowerShot G”シリーズのなかでも最高画質を誇るカメラになっています。

一つ前のモデルであるPowerShot G7Xの操作性を活かした、高性能なカメラでもあります。

今回は、画質、機能と全てのバランスが良いPowerShot G7Xを紹介します。

ライトユーザーからヘビーユーザーまで、幅広い層におすすめできる秀逸モデル

PowerShot Gシリーズといえば、高画質・高性能のハイエンド機としても人気がありますが、カメラ初心者にも、本格派のカメラユーザーにもおすすめなのが“PowerShot G7X mark2”です。

とにかく、簡単で操作がしやすく、誰が撮っても高画質な写真が撮れるので、ユーザー満足度が高いカメラになっています。

「新映像エンジンDIGIC 7」で高画質・高感度を実現

1.0型の大型センサーと大口径レンズというPowerShot Gシリーズの特徴だけではなく“新映像エンジンDIGIC 7”を搭載し、従来品よりも画像処理がスピーディになりました。

ブレやノイズの補正だけでなく、高感度なISO1600撮影でも高画質な写真が撮れます。

シャッタースピードが速く、追尾撮影でも被写体をしっかり捉えることができます。

流し撮り設定をすれば、DIGIC 7の特製を活かした躍動感がある写真になります。

撮りたいと思ったときにすぐ撮れる 直感的な操作性

PowerShot G7X mark2は、高画質なだけでなく操作性にも優れたカメラです。

指でタッチ操作をすれば、ピント合わせやシャッター操作も液晶モニター上で簡単にできます。

下側45°まで可動するチルト液晶でハイアングルでの撮影も可能です。

コントローラーリングを使うことで、撮影中でも設定の変更や調整もしやすくなっています。

環境に合わせて58シーンから撮影モードをオートセレクト

PowerShot G7X mark2には“こだわりオート”が搭載されています。被写体に合わせて、撮影モードを選んでくれるので、カメラ任せで撮影ができます。

カメラ操作に不慣れでも、きれいな写真が撮れるので、写真撮影が楽しくなりますね。

仕様一覧

撮像素子1.0型高感度CMOS(裏面照射型)
総画素数約2,090万画素
開放F値F1.8(W)~F2.8(T)
焦点距離8.8(W)~36.8mm(T)
35mmフィルム換算:24(W)~100mm(T)
光学ズーム倍率4.2倍
デジタルズーム倍率約4.0倍
プログレッシブファインズーム (ラージ時)約8.4倍
撮影距離(レンズ先端より)オート:5cm~∞(W)/40cm~∞(T)
マクロ:5cm~50cm(W)
最短撮影距離時撮影範囲(オート時)[3:2時] 94×63mm(W)/150×100mm(T)
液晶モニター3.0型TFTカラー液晶
チルトタイプ
タッチパネル
大きさ(幅・高さ・奥行き)mm105.5×60.9×42.2mm
質量バッテリー及びメモリーカードを含む:約319g
本体のみ:約294g

まとめ

コンパクトデジタルカメラは多くありますが、ここまで機能と画質のバランスが良いカメラはなかったと思います。

カメラ初心者には使いやすく、本格派のカメラユーザーには納得の高画質でどんな場面もきれいに撮れるカメラです。

PowerShot G7X mark2は、スマホユーザーのカメラデビューにも一眼レフユーザーのサブカメラにもおすすめですよ。

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 コンデジカテゴリのランキング

ピックアップ記事