RentioPress

一眼レフの手ぶれ補正、ボディ内手ぶれ補正について調べてみよう

公開日 最終更新日
一眼レフの手ぶれ補正、ボディ内手ぶれ補正について調べてみよう

一眼レフを購入する際に気になるのが手ぶれ補正ではないでしょうか。写真を撮る際に起こるぶれを補正してくれる効果ということはわかっていても、実際に、手ぶれ補正がカメラの本体なのかレンズなのかはよくわからない人も多いと思います。

今回は、一眼レフカメラでも多く搭載されるようになった「ボディ内手ぶれ補正」についてまとめています。

カメラ好きの強い味方、一眼レフの手ぶれ補正!とは

手ぶれとはカメラがゆれることで起こる現象ですが、一眼レフで撮影するなら、できるだけ手ぶれはなくしたいですよね。

一眼レフカメラには、カメラ本体が手ぶれ補正をする「ボディ内手ぶれ補正機構」とレンズが手ぶれ補正をする「レンズ内手ぶれ補正機構」があります。

どちらも撮影時に起こる「ぶれ」を補正し、キレイな写真にするための効果です。

ここでは、カメラ本体が手ぶれ補正をする「ボディ内手ぶれ補正」について紹介します。

一眼レフ「ボディ内」手ぶれ補正とはどんな仕組みなの?

APS-Cやフォーサーズといった小型のイメージセンサーを搭載したカメラが多く、縦方向や横方向にぶれる「角度ぶれ」や上下左右にぶれる「シフトぶれ」、手首が回転した際などに起こる「回転ぶれ」といったぶれに双方向から対応することができます。

手ぶれとは、シャッター速度が遅ければ遅いほど発生しやすくなります。手で持っていると光を取り込んでいるシャッターが開いている間に撮影位置がずれることによって発生します。その手ぶれを防ぐのが手ぶれ補正なのですが、その代表的なのが「ボディ内」手ぶれ補正です。

「ボディ内」手ぶれ補正とは、カメラのボディに対して取り付けられているイメージセンサーを動かすことで、加速度センサーやジャイロセンサーで読み取られた被写体のブレを補正する仕組みになります。カメラが動いてしまっても、イメージセンサーは踏ん張って静止しているようなイメージですね。ボディに補正機構を組み込むため、どうしても大きくなるという欠点もあります。

角度ぶれについて

角度ぶれとは手持ち撮影でカメラがぶれる大きな要因となるもので、軸がぶれてしまうことによって起こります。撮影中にカメラの上部や下部が前に出て起こるぶれを「ピッチ」、カメラの左右のどちらかが前に出て起こるぶれを「ヨー」と言います。

回転ブレについて

回転ブレとはシャッターボタンを押す際にカメラが片方向だけ下がることによって起こるぶれになります。カメラが回転することによって起こるぶれを「ロール」と言います。

シフトぶれについて

シフトぶれとは軸がぶれてしまうことによって起こる角度ぶれとは違い、平行に動くぶれになります。縦方向の「上下のずれ」と横方向の「左右のずれ」から起こります。

ピッチ、ヨー、ロールを補正するのが3軸手ぶれ補正

一般的に起こりやすい手ぶれの原因となる「ピッチ」、「ヨー」、「ロール」の補正をおこなうのが3軸手ぶれ補正になり、搭載機種も比較的お買い求めやすくなることがほとんどです。

ピッチ、ヨー、ロール、シフトぶれの縦、横を補正するのが5軸手ぶれ補正

3軸手ぶれ補正にマクロ撮影の際に起こりやすい「シフトぶれ」の補正をおこなうのが5軸手ぶれ補正になり、搭載機種は各メーカーの上位機種になるため、高価になってきます。

一眼レフのボディ内手ぶれ補正の良い点は?悪い点は認

ここでは、ボデイ内手ぶれ補正の良い点と悪い点、採用しているメーカーをまとめています。

ボディ内手ぶれ補正の良い点

何と言っても「ボディに装着可能なレンズであれば、全て対応できる」ことではないでしょうか。補正機能がついているレンズはもちろんのこと、補正機能がない昔のレンズであってもボディで補正するので問題ないですよね。

レンズに補正機能が組み込まれているタイプは「重い、大きい、高い」のですよね。レンズ選びに悩まず、レンズ代を抑えることができます。また回転ぶれに対応するのもこのボディ内手ぶれ補正のみです。手ぶれ補正が優秀なのであれば問題ないですよね。

ボディ内手ぶれ補正の悪い点

手ぶれをした分だけイメージセンサーを動かして補正してしまうため、ファインダーで見たフレームと撮影したフレームが若干異なることがあります。(ブレを抑えたため、少し画像の枠がずれてしまうことがある。)

またファインダーを覗いた時は被写体の安定がないため、手ぶれで細かく揺れて見えたりもします。補正できているかどうかを確認するのが撮影後になってしまうのが欠点ですね。

ボディ内手ぶれ補正のある一眼レフまとめ

一眼レフカメラで、ボディ内手ぶれ補正機構を採用している代表的なメーカーは、SONY、OLYMPUS、PENTAXの3社です。

SONY α99Ⅱ

SONYは、今年11月に発売予定の「α99Ⅱ」に、イメージセンサーシフト方式5軸補正をAマウントでは初めて採用し、動画と静止画の両方で補正効果を実現させています。手ブレ補正の効果は、静止画、動画ともにライブビュー映像で確認することができます。ライブビュー映像を見ながら、ピント合わせも可能なので、夜景や望遠撮影にも対応がしやすいのが特徴です。

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ

OLYMPUSは、一眼レフカメラ全機種でボディ内手ぶれ補正機構を搭載しています。レンズ手ぶれ機構を搭載している「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」装着すれば、5軸手ぶれ補正機構の効果を最大に発揮します。

OLYMPUSの一眼レフで、最新の「OM-D E-M5 MarkⅡ」は、世界最高シャッター速度5段分の補正性能を実現したことでも注目されています。回転ぶれを防ぎ、手撮りの撮影でも手ぶれをしっかり補正するので、マクロ撮影や望遠撮影でもぶれにくくなっています。

PENTAX K-1

PENTAXの一眼レフは、独自のボディ内手ぶれ補正機構SRを搭載しています。通常撮影だけでなく動体を撮影する際に行われる流し撮りをしてもぶれにくくなっています。

なかでも、35ミリフルサイズ一眼レフカメラとして発売された「PENTAX K-1」は、世界初の5軸・5段の補正効果がある「ボディ内手ぶれ補正機構 SRⅡ」を搭載し、全てのレンズで手撮りが実現できるようになっています。

一眼レフのボディ内手ぶれ補正がおすすめな人は

最新のボディ内手ぶれ補正搭載のカメラは、レンズ内手ぶれ補正では対応ができない「回転ぶれ」に対応できるように作られています。

より高画質な写真を求めている人には、ボディ内手ぶれ補正機構が搭載されているカメラが向いています。また、ボディ内手ぶれ補正搭載のカメラは「ボディに装着できるレンズは全て対応」なので、レンズの種類に詳しくない一眼レフ初心者にもおすすめです。

まとめ

最近は、各メーカー「ボディ内手ぶれ補正」に力を入れており、これまで「ボディ内手ぶれ補正」では弱いといわれた、動画や望遠レンズを使用した撮影にも対応ができるようになっています。

レンズ内手ぶれ補正機構搭載のレンズを装着できるので、さらに「ボディ内手ぶれ補正」の強みを発揮することができます。

また、3軸補正と5軸補正でこれだけの値段が変わってくるのは悩みどころですよね。

5軸補正の「シフトぶれ」は撮影倍率が上がる時に発生しやすくなります。具体的に言うとマクロ撮影(接写)の際に効果が高いと言うことですね。また暗い場所での撮影でシャッタースピードを遅くせざるを得ない時に5軸手ぶれ補正は効果が高いと思います。
3軸補正の機種でも十分綺麗に撮影できるのですが、よりマクロ撮影(接写)・暗い場所での撮影・望遠で更に良い写真を望むなら5軸補正の方がベストですよね。

[レンタル] 一眼レフ 一覧 – Rentio [レンティオ]

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事