RentioPress

オートフォーカスの仕組み!シングルAFとコンティニュアスAFの違い

公開日 最終更新日
オートフォーカスの仕組み!シングルAFとコンティニュアスAFの違い

初心者にありがちな写真の失敗といえばピントがうまく合わせられないということですよね。

カメラに慣れないうちは手前の被写体にフォーカスしたつもりが奥の背景にピントが合ってしまっていたという体験も多いでしょう。
そんなときにはカメラのオートフォーカス機能を切り替えると上手に撮影できることがあります。

仕組みと使い方を理解すれば初心者でも簡単にオートフォーカスを使い分けることができます。
ここでは「シングルAF」と「コンティニュアスAF」の違いとそれぞれの使い方について解説していきます。

 

おさらい!AFとは?

AFとはオートフォーカスの略。
シャッターボタンを押すだけで被写体にピントを合わせてくれる機能で、ほとんどのデジタルカメラに搭載されています。

シャッターボタンを半押しするとピッという音がなり被写体にピントが合ったことを知らせてくれます。そのままシャッターを押し込めば撮影できるという仕組みです。

そんなオートフォーカスにはいくつか種類があり、同じ機能ですがメーカによって呼び名が異なります。

「シングルAF」の場合

「シングルAF」はシャッターボタンを半押しして一度だけピントを合わせるモードで、ニコンのカメラでは「シングルAFサーボ(AF-S)」、キャノンのカメラでは「ワンショットAF」という名称がついています。

「コンティニュアスAF」の場合

もう1つのオートフォーカスモードは「コンティニュアスAF」です。

シャッターボタンを半押ししている間に画角内で動いている被写体にピントを合わせ続けてくれるモードです。
ニコンでは「コンティニュアスAFサーボ(AF-C)」、キャノンでは「AIサーボAF」という名称になっています。

「シングルAF」と「コンティニュアスAF」の切り替え

さらに「シングルAF」と「コンティニュアスAF」を自動で切り換えてくれるモードもあります。

ニコンでは「AFサーボモード自動切り換え(AF-A)」、キャノンでは「AIフォーカスAF」と呼ばれています。
おまかせモードなどの全自動撮影モードにしている場合は、これらのAFモードになっている場合がほとんどです。

「MF」の場合

また、オートフォーカス機能を利用せずレンズのフォーカスリングを自分で動かしてピントを合わせるマニュアルフォーカス(MF)もあります。
初心者には使いにくいかもしれませんが、マクロ撮影など微妙なピント合わせを行いたい時に活躍します。

その他にも顔認識フォーカスや瞳AFなど人物撮影に特化したオートフォーカス機能を搭載したカメラもあるので覚えておきましょう。

 

「シングルAF」と「コンティニュアスAF」の違い

「シングルAF」はその名の通りシャッターボタンを押すと一度だけピントを合わせてくれるモードであるため、止まっている被写体にピントを合わせやすい特徴を持ちます。

ただし、シャッターボタンを押し込んでシャッターを切るまでの間に被写体が動いてしまうと、ピントがズレてしまうので注意が必要です。

一方で、「コンティニュアスAF」は「コンティニュアス=連続的な」という意味で、動いている被写体を撮影する時に有効ですが、動きの激しい被写体だとシャッターを切るタイミングでピントが合っていないということもあるので気をつけましょう。

初心者には切り替えのタイミングがわかりにくいかもしれませんが、動かない被写体をしっかり狙って撮影する時は「シングルAF」、動いている被写体を追いかけてフォーカスしたい場合は「コンティニュアスAF」と、ざっくり頭に入れておけば徐々に使い分けられるようになっていきます。

「シングルAF」の特徴と仕組み

pic_01

「シングルAF」は被写体を狙ってシャッターボタンを半押しするとピントが合います。

半押し状態を続けていると「フォーカスロック」と言って、ピントを固定することができます。
ピントを変えたい場合は一度シャッターボタンから指を離し、もう一度フォーカスし直す動作が必要になります。

フォーカスロックを使えば画面の中央で一度被写体にピントを合わせた状態で構図をずらして撮影することができます。
美しい風景や建物を背景に人物を撮る時に便利なテクニックです。

「コンティニュアスAF」の特徴と仕組み

pic_02

「コンティニュアスAF」はシャッターボタンを半押しにしている間に被写体にピントを合わせ続けてくれるモードです。

シャッターを切るまで動いている被写体を追ってピントを合わせてくれるので動きのある被写体を撮影する時に使います。
被写体を追っている間にカメラを大きく動かすとAFエリアから外れてしまいピントがズレてしまいます。
また、コンティニュアスAFではピントが合っていない状態でもシャッターが切れてしまうので注意が必要です。

初心者には動きのある被写体にピントを合わせ続けるのは難しいと思いますので、「コンティニュアスAF」を利用するのが良いでしょう。
このモードをうまく使うにはAFポイントに被写体を合わせておく必要があります。

AFエリアを調節できるカメラもありますので撮影するシーンに合わせてAFエリアを調節してみましょう。

また、あまりズームしすぎると被写体がポイントから逃げてしまうので周りに余白を残すぐらいでフォーカスするのが良いでしょう。
被写体にピントさえあっていれば後からトリミングして調節することもできます。

「シングルAF」の「コンティニュアスAF」自動切り替え機能

先述したように、「シングルAF」と「コンティニュアスAF」を自動で切り換えてくれるモード(AF-A)を搭載しているカメラもあります。
このモードに設定するとシャッターボタンを半押しすると「シングルAF」と同じようにいったん被写体にピントが固定されます。
その後被写体が動き出すとカメラがそれを検知して「コンティニュアスAF」に切り換えて被写体を追いかけてピントを合わせてくれる機能です。

撮影に慣れない初心者の方はこのモードから使い始めるのも良いでしょう。
お子さんなど動きの読めない被写体の撮影でもピントを合わせてくれるので、写真撮影の失敗も少なくなります。

 

「シングルAF」が向いている撮影シーン

止まっている被写体を撮影する時に向いているのが「シングルAF」です。
例えば、

  • 風景や街並みの写真
  • ポートレート写真
  • 集合写真
  • 商品写真

などを撮影する場合に「シングルAF」が向いています。
お花など撮影したいときにもフォーカスロックをしてから構図を工夫するとより印象的に撮影することができます。

また、シングルAFはボケ味を出した写真を撮影したいときにも有効です。
フォーカスする位置を前後に調節しながらボケ具合を確認して撮影しましょう。

「シングルAF」では撮りたいものにフォーカスした状態で画角を調節できるのでアングルを工夫した美しい写真を撮影できるのです。

タッチFnでポイントフォーカスが便利な「Nikon D5500」

タッチパネル液晶を搭載した、初心者にも人気の一眼レフカメラがNikon D5500です。

バリアングル液晶を自由な角度に動かして、スマートフォンで撮影するように液晶タッチだけでフォーカスできるのもポイントです。

Nikon D5500には、タッチFnという便利な機能があります。
カスタムメニューであらかじめ設定しておけば、ファインダーを覗いた状態で液晶にタッチしてフォーカスポイントを移動できるようになるのです。

pic_23

引用元:Nikon D5500 製品特徴より

ファインダー撮影時ではタッチFn有効領域が右側半分になるため、カメラを構えた状態で親指を使ってタッチパネルを操作することになります。
この機能を使えば、止まっている人物などの撮影でもピントをしっかり合わせられますし、前後にフォーカスを移動してボケ具合を調節すれば、美しいボケ味の演出も容易に行うことができるのです。
フルオートモードを卒業して、もっとこだわった撮影をしたいという方に便利な機能といえます。

もちろん、「コンティニュアスAFサーボ」も搭載されており、中央の9点を含めワイドに配置された39点のAFポイントで動く被写体を追いかけて撮影することも可能です。
入門機としても扱いやすく、少し慣れればこだわりの撮影もできる初めての一眼レフにおすすめの1台です。

レンタルの場合はこちら

[レンタル] NIKON D5500 ダブルズームキット – Rentio[レンティオ]
 

「コンティニュアスAF」が向いている撮影シーン

運動会などで動き回るお子さんのステキな表情を撮影するなら「コンティニュアスAF」で撮影しましょう。
動く被写体をしっかり追いかけてピントを合わせてくれるので、一瞬の表情も逃さず撮影できます。

自動車や電車などの撮影でも「コンティニュアスAF」と連射機能を使えば、初心者でもきれいに撮影することができます。
飛んでいる野鳥や動きの予想が難しい野生動物などを撮影するときにもこのモードが活躍するでしょう。

ただし、気をつけておきたいのが「コンティニュアスAF」はフォーカスが合っていない状態でもシャッターが切れてしまうことです。
連写撮影時は被写体からピントがズレてしまうことがあるかもしれません。
画角やズームを調整し、フォーカスエリアに被写体が収まるように撮影するのがポイントになります。

ファストハイブリッドAFで被写体を逃さない SONY α6000

SONYのα6000は位相差AFとコントラストAFを併用したファストハイブリッドAFを搭載し、動く被写体にも高速でフォーカスし追いかけてピントを合わせ続けてくれます。

画面のほぼ全域をAFセンサーでカバーしているので素早く被写体を捉えることができます。

original_a6000_fasthybridaf_179

AFスピードは0.06秒と速いのも特徴です。

画像処理エンジンBIONZ Xの高速処理で最高11コマ/秒の連写も可能になっています。
ファストハイブリッドAFとの連携で、動いている被写体にピントを合わせたまま高速連写できるため、シャッターチャンスを逃さず撮影できます。
激しく動くスポーツや動きの速い自動車や列車の撮影でも活躍する機能です。

「シングルAF」と「コンティニュアスAF」を自動で判断して切り替えるAF-Aモードも搭載しており、初心者には判断の難しい撮影でもしっかりサポートしてくれます。
また、オートフォーカスでピントを合わせたあとに、マニュアルで微調節できるダイレクトマニュアルフォーカス機能、顔が斜めを向いていても瞳だけにピントを合わせてくれる瞳AFモードなど、α6000には豊富なAFモードを搭載されており、商品撮影やらマクロ撮影やら様々なシーンで活躍するミラーレス一眼と言えるでしょう。

レンタルの場合はこちら

[レンタル] SONY ミラーレス一眼 α6000 ダブルズームレンズキット – Rentio[レンティオ]
 

まとめ

オートフォーカスには大きく分けて「シングルAF」と「コンティニュアスAF」の2種類があります。

  • 「シングルAF」:止まっているものを撮影する場合に有効。シャッターボタンを半押しすると被写体にピントが合い、画角を調節したりボケ具合を変えることが可能。
  • 「コンティニュアスAF」:動いている被写体を追いかけて撮影する場合にも有効。フォーカスエリア内に被写体を合わせてシャッターボタンを半押しすれば、自動で被写体にフォーカスし続けることが可能。

それぞれのモードに適した撮影シーンがありますので、AF(オートフォーカス)の機能について理解を少しでも深め、より美しい撮影が出来るように使い分けられるようになりましょう。
[レンタル] 一眼レフ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事