RentioPress

チルト式? バリアングル式? その違いについて詳しく解説!

公開日 最終更新日
チルト式? バリアングル式? その違いについて詳しく解説!

「カメラの液晶はチルト式?バリアングル式?」

このように言われてもカメラについてあまり詳しくない人は、よくわからないですよね。
これらの名称は、カメラの背面部分に設置されている可動式液晶モニターの種類を指しており、可動式液晶モニターとは撮影シーンに合わせて液晶モニターの角度を変えたり、動かしたりすることができるものを言います。

撮影した画像を確認するためのものが液晶モニターというイメージを持っている人も多いと思いますが、撮影前の準備段階で役立つ場面も多々あります。

そこで、今回はこれから新しくカメラの購入の予定をしている人のために、チルト式とバリアングル式のそれぞれの違いとメリットやデメリット、またそれぞれどのようなシーンで使うのに向いているのかをまとめたいと思います。

 

カメラの可動式液晶のタイプは大きく分けて2種類

最近のカメラ増えているのが、チルト式とバリアングル式の可動式液晶モニターです。

チルト式

液晶モニターを上下に動かせるもので、ファインダーがないミラーレスやコンパクトデジタルカメラに多く使われており、このチルト式を採用しているカメラは結構あります。

バリアングル式

フリーアングル式やチルト式の進化系ともいわれ、上下左右に液晶モニターを動かせるタイプのことをいいます。ファインダーがある一眼レフを中心に採用されています。

 

チルト式、バリアングル式のどちらも可動域だけでなく、それぞれに向いているシーンやメリット、デメリットもあります。
カメラ選びをする際は、メリットだけでなくデメリットの部分をチェックして、使い勝手が良い物を選ぶことが大切です。

 

チルト式のメリットとデメリットは?

チルト式の液晶モニターは、ミラーレス、コンパクトデジタルカメラで主に採用されています。
手頃なお値段で買える機種もあるので、意外と購入しやすいのではないでしょうか。

チルト式は液晶モニター部分を上下に動かして使います。
角度が簡単に変えられるので、撮影シーンに合わせた撮影ができますが、液晶モニターを左右に動かせませんので、縦撮りはあまり得意ではありません。

そこで、ここでは、チルト式のメリットとデメリットについてまとめていきます。

簡単にモニターの角度を変えられる

チルト式の「チルト」とは、角度を変えるという意味があり、文字通り、角度が変えられる液晶モニターのことをいいます。
ただ角度を変えるだけでなく、液晶モニターを上下に動かせます。角度を変えることでカメラの撮影範囲が拡がり、ハイアングル、ローアングルどちらからも撮りやすくなりました。

チルト式は、被写体に合わせて液晶モニターの角度が変えられるので、好みのアングルで無理なく撮影することができます。

目線が合わせやすく、自撮りに向いている

上下に角度が変えられるチルト式の液晶モニターは、自撮りがしやすいともいわれています。
最近は、セルフィーといって、自撮りした写真をSNSにアップする人もいるので、セルフィーを楽しみたい人にも使いやすいと思います。

自撮りをする場合、カメラのレンズを自分の方に向けているので、液晶モニターが背面に設置されたままだと構図を確認することはできませんが、液晶モニターを回転させてカメラの上部に設定すれば、構図の確認もしやすく、カメラに目線が合わせやすくなります。

自撮りは、1人で撮るセルフィーもあれば、カップルで撮るカップリーや集合写真を写す場合もあります。
人数が増えればその分構図を決めるのが難しくなりますが、液晶モニターを使えば、構図も決めやすくなります。

実は、チルト式の液晶モニターを搭載しているカメラは、自撮り専用と紹介される場合もあります。
メーカーも自撮りすることを意識して作っているので、液晶モニター以外にも、左右両手でシャッター操作をしやすくしたり、自撮り機能を設けたりしているカメラもあります。
自撮りをするときは、便利な機能をチルト式の液晶モニターと合わせて使うと上手に撮ることができますよ。

左右に動かすことはできない

ここまで、チルト式のメリットとして「角度が変えられる」「自撮りがしやすいこと」を紹介してきましたが、デメリットについても紹介します。

それは、液晶モニターを左右に動かせないことです。

この後紹介をするバリアングル式は、上下左右に動かせますが、チルト式は上下にしか動かせません。
そのため、縦撮りがとても難しいのです。例えば、建物の高さを強調したいときや人物のポートレートを縦撮りで撮影したいときには、向いていない液晶モニターだといえます。

チルト式の液晶モニターは、上下に動かす分には、好きな角度に設定できますし、モニターの確認もしやすいので、横向きで撮影する分には使いやすい液晶モニターです。

弱点を改良した「3軸チルト液晶」もある

左右に動かせないというチルト式の液晶モニターのデメリットを改良したのが「3軸チルト液晶」です。

現在SONYの一眼レフカメラである「α77 II」と「α99Ⅱ」に採用されている液晶モニターで、従来のチルト式液晶モニターとの違いは、上下の他に左側にも液晶モニターを動かすことができます。

これまでのチルト式の液晶モニターでは撮りにくかった「縦撮り」の撮影や三脚を使った撮影にも対応しやすいのが3軸チルト液晶です。

しかし、3軸チルト液晶はSONYの独自開発ということもあり、SONYの商品以外では使われていません。
現状では、販売されている商品が少ないという点がデメリットです。

 

バリアングル式のメリットとデメリットは?

Nikonの一眼レフカメラD5600にも採用されている液晶モニターが、バリアングル式です。

チルト式に比べるとまだ少ないですが、上下左右に動かせるという使い勝手の良さから、初心者向けのエントリーモデルを中心に増えていくのではないかと予想されます。

このバリアングル式、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラに慣れていて、ファインダーで画像を確認するより、液晶モニターの方が画像を確認しやすいという人には、使いやすい液晶モニターだといえます。

ただ、どんなアングルでも撮りやすい反面、液晶モニターを開かないと回転できないというデメリットがあるので、慣れるまで使いにくいかも知れません。

ここからは、バリアングル式の液晶モニターのメリットとデメリットについてまとめていきます。

ハイアングルにもローアングルにも対応できる

バリアングル式の液晶モニターは、上下左右に液晶モニターを動かせるというその特性から、例えば人の頭越しや足元からでもライブビュー撮影ができるので、ハイアングルでもローアングルでも写真が撮りやすいといわれます。

これは、チルト式の液晶モニターでの自撮りをする際と同様に、液晶モニターが見やすくなるからです。

特に、自撮りは、カメラをハイアングルで撮ることが多いので、構図を確認しながら撮るということが大切になります。
バリアングル式は、ハイアングルで撮影しても、モニターで構図が確認しやすく、操作もしやすいといえます。

また、バリアングル式の液晶モニターのカメラを愛用する人は、下側から撮るローアングルの撮影がしやすいといいます。

上下しか動かせないチルト式では、液晶モニターが見づらい場合もありますが、左右にも動くバリアングル式なら、液晶モニターで構図の確認がしやすいので、必要以上に無理な姿勢での撮影をしないで済みます。

ハイアングル、ローアングル、どんな構図でも撮れるのがバリアングル式の液晶モニターです。

縦位置の撮影もしやすい

カメラというと横位置で撮ることが多いのですが、ポートレートや高い建物を撮る際には縦位置で撮影することもあります。

バリアングル式は、上下以外に左右にも液晶モニターが動かせるので、チルト式よりも縦位置での撮影がしやすくなります。

縦位置での撮影は、横位置での撮影とは違い、一眼レフの場合だとファインダーが下になる場合もあり、画像が確認しにくいこともありますが、バリアングル式の液晶モニターなら、画面が大きい分、画像が確認しやすくなります。
さらに操作面でも、液晶モニターでタッチパネル操作ができれば、シャッター操作も簡単です。

回転させるにはモニターを開く必要がある

バリアングル式のメリットとして「ハイアングルにもローアングルにも対応ができる」「縦位置も撮影しやすい」ことを紹介してきましたが、ここからはバリアングル式のデメリットについて紹介します。

一眼レフカメラは、ミラーレスやコンパクトデジタルカメラとは違いカメラの上部にファインダーが設置されています。
そのため、上下に回転させるには、ビデオカメラの様に横側に開かなければなりません。これが、バリアングル式のデメリットです。

今までスマートフォンを中心に使ってきて、あまりカメラを使ったことがない人には、この液晶モニターを開いて回転させる動作は面倒に感じるかもしれません。
ただチルト式に関しても、液晶モニターを開く必要はありませんが、上下に動かさなければ可動しませんので、面倒という点では同じになります。

カメラの液晶モニターは、主に画像を確認するために使いますが、アングルによっては、固定されたままだと見づらいということもあります。
液晶モニターを上下左右に動かせれば、無理な姿勢で撮影をしなくて済みますし、画像の確認もしやすくなります。多少手間がかかっても、撮影がしやすくなるという点を考慮にいれるというのも大事です。

これからカメラを購入予定の人で、一眼レフを検討されている人は、モニターを開く云々は別としても、バリアングル式を使ってみる価値はあるでしょう。

 

気になる機種があれば、実際に試してみるのが一番

これからカメラを購入する人に向けて、カメラの液晶モニターのチルト式とバリアングル式について説明してきました。

カメラを買う際に重要視するのは、画質や操作のしやすさだと思います。液晶モニターにはそこまでこだわらないのではないでしょうか。

しかし、液晶モニターは画像を確認したり、タッチパネル操作ができたりと、シャッター操作やピント合わせにも使える大切な部分です。

せっかく新しくカメラを買うのであれば、液晶モニターにも注目してみませんか?

ミラーレスやコンパクトデジタルカメラであれば、上下に動かせるチルト式、一眼レフであれば、上下左右に動かせるバリアングル式とカメラによっても液晶モニターの特徴があります。

欲しいカメラのモデルによっても液晶モニターが違うので、購入前に十分に検討することが必要です。

もし、チルト式とバリアングル式のどちらが良いのかわからない場合には、レンタルを利用してみるのもおすすめです。
レンタルならチルト式とバリアングル式両方借りても、購入するよりも安くて済みますよ。

チルト式のコンデジを借りたい人はこちら

[レンタル] Canon コンパクトデジタルカメラ PowerShot G7 X – Rentio[レンティオ]
[レンタル] SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット – Rentio[レンティオ]
[レンタル] SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M3 – Rentio[レンティオ]

バリアングルの一眼を借りたい人はこちら

[レンタル] NIKON D5500 ダブルズームキット – Rentio[レンティオ]
[レンタル] CANON EOS Kiss X7i・ダブルズームキット – Rentio[レンティオ]
[レンタル] CANON EOS 70D ダブルズームキット – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事