RentioPress

小学校入学!持ち物に刺繍が必要?ミシン買い替えする?おすすめ機種を紹介

公開日 最終更新日
小学校入学!持ち物に刺繍が必要?ミシン買い替えする?おすすめ機種を紹介

今回は、小学校入学の準備のためにおすすめのミシンを紹介します。

小学校への入学準備をきっかけにミシンを始めようとしている人、入園準備のためにミシンを買って、買い替えもしくは2台目のミシンが欲しいと思っている人のどちらにも満足できるミシンを選んでまとめています。

なぜ、入学準備にミシンが必要なのかということも紹介していますので、ミシン選びと併せて参考にしてください。

持ち物には刺繍!名前が取れないようにという事

入学準備の名前付け結構大変ですよね。マジックで手描きするという人もいるでしょうし、スタンプを押したり、名前専用シールを貼るという人もいると思います。これらの方法でも十分ですが、マジックやスタンプは消えてしまうことが多いですし、シールは気がついたら取れているということがあります。

そこで、おすすめなのが刺繍です。他の方法に比べると手間がかかるというイメージがありますが、生地に直接縫う分、簡単には消えたり取れたりはしません。学校からも“名前は取れないよう”にという指示があると思いますので、そのようなことを考えても刺繍はおすすめです。手縫いでも良いのですが、ミシンを使えば、見た目もきれいに仕上げることができます。

刺繍をしたい!初心者におすすめのミシン

これから紹介するのは、シンガー「SN877」とベルメゾンの「文字縫い・刺繍・絵文字まで縫える最強コンピュータミシン」です。

どちらも値段が手頃であるのと初心者が使いやすい設計に作られています。文字機能付きなので名前を刺繍することもできるので、入学準備でミシンが欲しいと思っている人にはおすすめです。

普通のミシンだけどひらがなOK!シンガーのコンピュータミシン「SN877」

文字を入れるとなると刺繍機能付きのミシンのほうが良いのかと思いがちですが、名前のみであれば刺繍機能がなくても間に合います。

シンガーのSN877は、実用縫い専用タイプになりますが、文字機能があるので名前付けであれば問題なくこなせるミシンです。ここでは、SN877の特徴を挙げていきます。

  • 価格が安い
  • 縫い模様は99種類
  • 文字はひらがな縫いのみ
  • 刺繍したときよりも仕上がりは劣る

まずオススメな点として挙げられるのが「価格の安さ」です。ネット通販を見ても3万円以内でミシンを買うことができます。安いといっても、ミシンのブランドとして歴史がある商品なので、安心して購入できますね。

SN877の縫い模様は99種類!そのうち文字は、ひらがなのみで80種類になります。

なぜ「ひらがな」のみかというと、家庭用ミシンの場合文字として出番が多いのがひらがなだからです。初心者の場合は、あまりたくさん機能があっても何を使ってよいのかわからなくなるということもあります。しかし、種類を限定したほうがわかりやすいですし、操作もしやすくなります。

この種類を限定しているのは、文字だけではなく実用縫いや模様に関しても同様のことがいえます。実用縫いのなかでもよく使われるステッチは、ダイレクトボタンとしてパネルにまとめられています。ミシンを使う際に迷わずに選択できる親切設計に作られています。

ひらがなは、80種類なので名前を付けるのには便利なのですが、SN877は、実用縫い専用のミシンで刺繍機能は付いていませんので、文字は刺繍ではなく縫い付けるだけになります。ぱっと見はわかりませんがよく見ると、やはり刺繍機能のあるミシンで文字入れしたものよりは劣ります。ただ、刺繍機能はあまり使わない、実用縫いのみで十分だというのであれば、価格が安いSN877はおすすめです。

 

手ごろな価格のベルメゾン「文字縫い・刺繍・絵文字まで縫える最強コンピュータミシン」

続いて紹介するのが、ベルメゾンの「文字縫い・刺繍・絵文字まで縫える最強コンピュータミシン」です。こちらのミシンは、通信販売の大手ベルメゾンのオリジナル商品になります。実用縫いの他に刺繍機能も内蔵されているので、きちんとした刺繍で名前を付けたいという人にはおすすめです。価格は、4万円前後と刺繍機能付きのミシンとしては、低価格になります。

それでは、「文字縫い・刺繍・絵文字まで縫える最強コンピュータミシン」の特徴を挙げていきます。

  • 初心者にもわかりやすい使い方DVD付き
  • 文字と縫い模様は全部で207種類
  • 絵文字は35種類
  • 安心の3年半保証

ベルメゾンのミシンは、入園や入学準備用として購入する人も多く、ミシン初心者が使いやすいミシンとしても知られています。使いやすい理由として挙げられるのが「使い方DVD」です。

DVDなので、映像を見ながらミシン操作をすることができるので、取扱説明書を見るよりもわかりやすく、操作方法も覚えやすいと思います。

ベルメゾンの場合、使い方DVD以外にもすぐにミシンが使えるように、セット内容や付属品も充実しています。ミシン初心者には安心して使えるミシンだといえます。

ベルメゾンのミシンが入園・入学準備用におすすめの理由が、文字と縫い模様の種類の多さです。全部で207種類あり、文字は、ひらがなの他に、漢字、数字、アルファベットも内蔵されています。今回は、入学準備になりますので、主にひらがなを使用するとは思いますが、学年やクラスを刺繍するという場合には数字があると便利です。絵文字も35種類選べるので、名前と一緒にワンポイントで付けると、クラスメートと区別ができるので、子供も自分のものだと認識しやすいでしょう。

ベルメゾンのミシンは保証期間が3年半です。ミシンの場合、メーカーによっては1年保証のところもありますので、大分長いといえます。

このミシンは、特にメーカー名はないのでちょっと不安という人もいるかも知れませんが、保証期間が3年半もあるということは、アフターケアもしっかりしているはずです。ミシンのメーカーの商品ではありませんが、大手通信販売のベルメゾンの商品なので信用度もあります。通信販売をよく利用するという人は、比較的購入しやすいと思われます。

 

 

入園時からのミシン中級者におすすめのミシン

入園準備用にミシンを購入して、小学校入学を機に入門者向けのミシンから中級者向けのミシンに買い替えを検討している人のために、おすすめのミシンとしてブラザーの「ソレイユ100A」、ジューキの「エクシードHZL-F400JP」を紹介します。

どちらも、ミシンでは有名なメーカーであることに加え、これまで使っていた入門機に比べると性能が全然違います。入学準備用の名前付けだけでなく、これからもハンドメイドで作品作りをしたいという人には長く使えるミシンだといえます。

ミシンは、比較的長く使えるものですが、メーカーの保証期間は1年〜3年というところが多いので、入園準備で購入したものだと、無料で修理ができる期間が終了いう時期かもしれませんね。入門用として安いミシンを買った人は、予算が合えば、思い切って高いミシンに買い替えをするというのもアリでしょう。

年数が経ってきた刺繍ミシン!文字縫いもできるブラザーの「ソレイユ100A」

これまで刺繍機能付きのミシンを使っていて、どちらかといえば実用縫いを重視したいという人におすすめなのが、ブラザーの「ソレイユ100A」です。別売りの刺繍機を使えば刺繍については対応できるので、同じブラザーの商品を使っているという人には買い替えしやすいかもしれません。ここからは、「ソレイユ100A」の特徴を挙げていきます。

  • 基本機能がしっかりしていてミシン操作がしやすい
  • ステッチは文字を含めて全部で533種類
  • 価格はちょっと高いかも知れない

まずブラザーのミシンは、基本性能がしっかりしているということで知られています。それは、ミシン操作がしやすさに繋がります。

特に、面倒な糸通しや下糸の処理が簡単で、準備の手間がかからないというのは、ミシンに苦手意識がある人にも使いやすいはずです。

「ソレイユ100A」では、自動糸きり、トリプルLEDライト、そして、タッチパネル操作で準備だけでなく、作品作りの際の操作がしやすいように設計しています。

ソレイユ100Aは、刺繍機能はありませんが、ステッチは533種類内蔵されています。文字については、ひらがなとカタカナが98文字、漢字が43文字、アルファベットは55文字と3書体内蔵されています。

刺繍機能がなくても、これだけ文字の種類が多ければ、入学準備での名前付けは問題ないでしょう。

決して安いミシンではありませんが、ミシン本体の安定感と機能の充実は、入門機とは比べ物にはなりません。広々としたワークスペースは使いやすく、キルト生地のような厚手の生地にも対応します。入学準備のためだけでなく、今後の作品作りでも使うのであれば、お財布と相談してということにはなりますが、購入しても良い商品だといえます。

 

 

 

刺繍ミシンに買い足し!ジューキの「エクシードHZL-F400JP」

ジューキの「エクシードHZL-F400JP」は、買い替えというよりは、刺繍ミシンを持っている人がハンドメイドを楽しむ際に、機能がしっかりしているものを買い足したいというときにおすすめのミシンです。

ここでは、「エクシードHZL-F400JP」の特徴を挙げていきます。

  • ジューキならではの工業用ミシンの技術を採用
  • 基本機能はブラザーと変わらない
  • ステッチは基本的なものだけで文字はない

「エクシードHZL-F400JP」は「BOX送り」といい、工業用ミシンで使われている技術を採用しています。この技術により、ミシンでの作業中に起こる“縫い詰まり”や“縫い縮み”を防ぎます。縫い心地がよいので、生地を選ばずにミシン操作をすることができます。

「エクシードHZL-F400JP」は、従来品よりも送り力を向上し、新機能のボタン穴かがりやフットコントローラーを踏むことで糸切りができる「自動糸切り付きコントローラー」を搭載しています。

ジューキでは「フルサイズ高機能コンピュータミシン」という扱いですですが、ミシン操作に関わる基本機能はほとんどブラザーの「ソレイユ100A」と変わりません。
違いといえば、「エクシードHZL-F400JP」にある「メモリー機能」と「ソレイユ100A」の「タッチパネル操作」くらいだといえるでしょう。基本的な部分があまり変わらないときは、違っている部分が自分に必要かで選ぶと失敗は少ないと思われます。

刺繍機能がないミシンでも文字機能が内蔵されているミシンは少なくないのですが、「エクシードHZL-F400JP」は、ステッチのみで文字機能は付いていません。そのため、文字を入れる際には、チャコペンやチャコシートを利用して生地に文字を書いてから、縫うという方法になります。中級者でも上級者レベルのミシンのスキルが必要です。

まとめ

小学校入学の準備におすすめのミシンとして「SN877」「文字縫い・刺繍・絵文字まで縫える最強コンピュータミシン」「ソレイユ100A」「エクシードHZL-F400JP」を紹介しました。

小学校入学の場合、入園準備の時とは違い”文字のみ“でよいので、刺繍機能よりも基本機能を重視して選ぶ方が長く使うことができます。

初心者とミシン操作に慣れている人では、使える商品も違うので、ネットだけでなく直接お店に行って確認してみた方がよいでしょう。
[レンタル] ミシン – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ミシンカテゴリのランキング

ピックアップ記事