RentioPress

電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシン、その違いを比較してみた

公開日 最終更新日
電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシン、その違いを比較してみた

多くの方が使っている「家庭用ミシン」は、内部構造の違いから「電動ミシン」「電子ミシン」「コンピューターミシン」の3つに分類されています。

具体的な違いが分からないという方のために、今回はその違いと特徴について比較していきたいと思います。

ミシンには3種類!初心者のミシン選びに気をつけること

一昔前ほど高額ではなくなったとはいえ、まだまだ高額なものもあるミシン。購入するならそれぞれの特徴を押さえて、その用途に合わせてミシンを選びたいですね。

「電動ミシン」「電子ミシン」「コンピューターミシン」それぞれの出来ること、出来ないことはハッキリしておりますので、あとから後悔のない「ミシン選び」をしてください。

「電動ミシン」の特徴

電動ミシンは、基盤などを通さず、電動で直接モーターが動くタイプのミシンです。その駆動方式から、針の速さとパワーが比例しています。つまり超高速でないと、最大のパワーは発揮できません。

ゆっくり強く縫うことが出来ないため、厚手のものを縫いたいという方は注意が必要です。

その代わり電動ミシンは安価なものが多く、袖のほつれや、ちょっとした修復程度に使う人にはおすすめです。コンパクトなものもありますので、セカンドミシンにしたいという方にもピッタリですね。

「電動ミシン」の機能

かつては主流だった電動ミシンですが、技術の進歩には勝てないものです。

高機能な電子ミシンやコンピューターミシンにシェアを奪われ、「ただ縫うだけ」の電動ミシンは「ちょっと縫い」などといわれ、隅のほうに追いやられました。

しかし、最近では「電動ミシン」にも様々な機能が追加され、その価値が見直されてきています。

手元を照らすライトや、返し縫いがワンタッチで出来る機能、さらには10種類以上の縫い目を指定できる機能などを備えて、なおかつ低価格な電動ミシン。今では選択肢の一つとして十分に検討する価値はあります。

「電動ミシン」に合う縫物

そんな安価な電動ミシンですが、ものによっては「厚手の雑巾」ですら縫えないこともあります。

安いぶん、用途は薄手の縫い物に限られてしまうので、自分が求める性能や使い道をよく考えましょう。

「電子ミシン」の特徴

電子ミシンは、その名の通り電子回路で制御されています。電動ミシンのモーターよりも高精度のモーターが搭載されているため、低速でも力があって厚手のものが縫いやすくなっています。

コストパフォーマンスを考えると、電子ミシンは特におすすめです。しかし、ミシンメーカーは主にコンピューターミシンに力を入れているようで、商品のラインナップが少ないのが難点です。

「電子ミシン」の機能

電子ミシンの機能には、糸調子、縫い目、模様の調節などの機能がついていて、全てダイヤルで調整します。

模様の数や、模様の幅の調節といった点では、コンピューターミシンに一歩及びませんが、趣味として扱うのであれば十分です。使用頻度がそこまで多くないのであれば、コンピューターミシンよりも安価な電子ミシンをおすすめします。

「電子ミシン」に合う縫物

子供の小物や簡単な衣服、雑巾などを作るには十分な機能が備わっています。趣味として洋服や布の小物を作ってみたいという方にはおすすめです。

「コンピューターミシン」の特徴

コンピューターミシンは、全ての機能がコンピューター制御されているハイテクなミシンです。間違った操作をするとエラーのメッセージが流れるため、初心者でも安心して使えます。

しかし、コンピューター制御という事は、それだけ操作が増えるということでもあります。お年を召された方や機械音痴の方は、操作面が少し複雑に感じるかもしれません。

「コンピューターミシン」の機能

コンピューター制御されているだけあって、糸調子や、縫い目の調節を全自動で行ってくれるもの、刺繍機能が付いたものまであります。

また、模様の数も電子ミシンに比べると格段に増え、本格的に洋裁を楽しみたい!という方にはこれしかないでしょう。

仕上がりも電子ミシンと比べると抜群で、より高い仕上がりを求めるプロ志向の人にはおすすめです。

コンピューター制御という事もあり、それなりの値段はしますが、高機能を求めるなら購入して損はないという感じです。

ただ、お子さんの雑巾などしか縫わないという方が購入するには高価で、機能も持て余します。そういう方は先ほどの「電子ミシン」で十分でしょう。

「コンピューターミシン」に合う縫物

多機能で仕上がりにも優る、刺繍機能搭載もあり、様々なものが縫えます。本格的に洋服を作ってみたいという方にはピッタリです。

結局のところどれがいいの?ミシン選びのかんたん比較

「電動ミシン」「電子ミシン」「コンピューターミシン」
主な機能ワンタッチ返し縫い機能など糸調子、縫い目、模様などをダイヤルで調節糸調子、縫い目を全自動で調節する
刺繍機能のついたものも
作れるもの洋服の修復や
薄手のもの
厚手の雑巾や、お子様
の小物エプロンなどの簡単な衣服
本格的な刺繍、洋服など洋裁全般
価格数千円~2万円2万円~10万円
売れ筋商品だと、約4万円
3万円~10万円
機能により異なる
メリット安価で求めやすい低速でも厚手のものが縫える、
操作がシンプルで初心者でも扱える
全自動で仕上がり抜群
デメリットパワー=スピード
なため、厚手のものが縫えない
仕上がりが、コンピューターミシンに比べて粗いコンピューター制御なため操作がやや複雑

「電動ミシン」は「ちょっと縫い」な人

電動ミシンは、なんといっても安いことが最大のセールスポイントです。

安いものなら数千円ほどの予算で手に入ります。しかし、パワーとスピードが比例してしまうため、厚手のものは縫えません。

そのため、ちょっとした洋服の修復や、セカンドミシンとして活用される事をおすすめします。

「電子ミシン」は「家縫い」な人

電動ミシンに、糸調子や縫い目、模様の調節をダイヤルで行う機能のついた、「進化系」のミシンだと言えます。

操作もシンプルで使いやすく、簡単な衣服ならお手の物です。しかし、細かい仕上がりなどの面ではコンピューターミシンには一歩及ばず、あくまでも趣味の範囲で洋裁を楽しまれる方におすすめです。

「コンピューターミシン」は「プロ縫い」な人

機能性、仕上がりの出来具合は、コンピューターミシンが最も優れています。本格的なものを作りたい!という方や、とにかくミシンに触れる機会が多いという方にはピッタリです。

価格にもよりますが、自動で糸調子・縫い目を調節する機能や、刺繍機能のついたものもあります。本格的に洋裁を楽しみたい方には、これがおすすめです。

初めてだからこそ失敗のないミシン選びを!

ミシンの購入は初めてという方に向けて、その機能や価格について紹介してきました。現在はお店で洋服を直してくれるサービスの充実によって、ミシンに触れる機会は少しずつ減りつつあります。

しかし、お子さんの入園や入学などのタイミングでミシンの購入を検討される方も、まだ多いですよね。

手に入りやすい価格になってきたとは言え、高いものなら、一台10万円以上もするミシン。

最初から高いものを購入されて、後であまり使わなくなると後悔します。数千円から購入できる電動ミシンから、少しずつステップアップしていくのも一つの手でしょう。「電動ミシンじゃ物足りない」という方は電子ミシンを、「本格的に洋裁を楽しみたい」という方はコンピューターミシンを検討されてみてはいかがでしょうか。

失敗しないミシンを選ぶためにも、機能・自分が作りたいもの・予算を照らし合わせて深く考えましょう。

[レンタル] ミシン – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ミシンカテゴリのランキング

ピックアップ記事