RentioPress

”チェキスタグラム”な「instax SQUARE SQ10」解説とレビュー

公開日 最終更新日
”チェキスタグラム”な「instax SQUARE SQ10」解説とレビュー

2017年5月19日に、富士フィルム株式会社より「instax SQUARE SQ10」が発売されました。

これまでの定番だった「instax mini 8+」「instax mini70」(以下、従来のチェキ)やスマホからチェキプリントできる「instax SHARE SP-2」など、多くの人気製品を排出しているinstaxシリーズに加わる「instax SQUARE SQ10」とは一体どんなカメラなのでしょうか?

今回は実機も入手できましたので、その魅力を紐解いた後に実際に製品を見ていきたいと思います。

スクエアチェキの最新モデル「instax SQUARE SQ20」の特徴とSQ10との違いについては、こちらの記事をどうぞ!
最新!デジタルチェキ”instax SQUARE SQ20″を徹底解説!SQ10との違いは? – RentioPress

アナログからハイブリッドへ、より洗練されたクリエイティブな撮影体験

従来のチェキから大きく変わった点は、「デジタルイメージング技術」が搭載されたことです。つまり、デジタルカメラのように撮影し、写真を選び、写真の加工フィルターを選ぶことが可能になったのです。

これまで一発勝負だったチェキの撮影ですが、「instax SQUARE SQ10」なら何度も撮り直し、納得のいく加工も選択できますので、フィルムの無駄遣いが軽減できるのは嬉しいポイントです。

なお、「instax SQUARE SQ10」には内蔵メモリーが搭載されておりますので、外部メモリー(microSD/microSDHCメモリーカード、1GBあたり約1,000枚記録が可能)がなくとも、約50枚程度は保存することが可能です。

フィルターは10種類

写真に加工できるフィルターは全部で10種類です。

  • Cornelius:強めのコントラスト
  • Monochrome:モノクロ
  • Luna:高めの明度と彩度
  • Immerse:強めのコントラストと高めの彩度
  • Amber:懐かしい感じ
  • Marmalade:日焼けした古い写真
  • Martini:ヴィンテージ感
  • Sepia:セピア
  • Roppongi:明るさと柔らかさ
  • Highline:レトロ感

CorneliusとHighlineの色味は、インスタグラムでもよく見かける加工なので利用する機会が多いかもしれませんね。Roppongiはそのネーミングだけで1回は使ってみたいと思います。

その他にVIGNETTE(周辺光量)やBRIGHTNESSの調整も可能です。どちらもインスタグラムで見慣れた調整だと思いますが、VIGNETTEは写真の四隅に白黒の影を作ったり、BRIGHTNESSでは明るさ変えたりすることができます。どちらも19段階の調整が可能です。

instax SHAREの機能も踏襲

「instax SQUARE SQ10」に保存された写真は、リプリントやトリミング(拡大、移動)も可能です。これらはスマホで撮影した写真をチェキプリントできるinstax SHAREに搭載されていた機能です。
そのことからも、「instax SQUARE SQ10」は従来のチェキとinstax SHAREが融合されたハイブリッドインスタントカメラというキャッチコピーはひじょうにしっくりくるのではないでしょうか。

リアルインスタグラム!「instax SQUARE SQ10」

「instax SQUARE SQ10」の製品デザインですが、従来のチェキからかなり変わったように思います。液晶モニターが加わったために背面は大きく変わりましたが、なにより注目してほしいのは表面のデザインです。シャッターボタンが1つから2つになり、レンズも製品中央部に置かれたことで左右対象(シンメトリー)なデザインになりました。

ここで1つ伺いたいのですが、このデザインをどこかで目にしたことはないでしょうか?

Rentio編集部の勝手な推測なのですが、「instax SQUARE SQ10」の見た目とインスタグラムのロゴがそっくりなのです。
これもインスタグラムを利用するユーザーを意識した製品デザインだったのかもしれません。

instax SQUARE SQ10 実機を見ていきましょう

それでは実際にinstax SQUARE SQ10の実機を見ていきたいと思います。

instax SQUARE SQ10 前面

まずは本体。落ち着いたつや消しブラックなカラーとなっています。高価な製品だけあって安っぽさは感じません。

さて、実機を触った最初の印象は結構重いな、、という印象でした。500mlペットボトルと比べた場合これくらいです。

instax SQUARE SQ10 大きさ

最近は一眼レフなどのカメラも小型になってきています。それらと比べてもかなり大きくズシッとくる印象でした。ちなみに重さも500g近くあります。

instax SQUARE SQ10 重さ

実際に使ってみましょう

さて、外観をチェックしたところでカメラを起動して使っていきましょう。

instax SQUARE SQ10 電源

フロントのパネルをひねると電源が入ります。

instax SQUARE SQ10 背面液晶

背面には液晶を搭載しています。やはりここがこれまでのチェキと違うところですね。最近のスマホ等と比べると画質は少々劣るかもしれませんが、十分キレイで遅延等もなく快適に撮影できそうです。

フィルタ機能

撮影した写真には、プリントするまえにフィルタで写真の雰囲気を変えることができます。

instax SQUARE SQ10 フィルタ

このフィルタ機能、やはりInstagramを彷彿とさせますね。しかしどのフィルタも雰囲気が良く、「それっぽい雰囲気」の仕上がりが期待できそうです。

instax SQUARE SQ10 サムネイル

印刷してみます

撮影、フィルタを適用したあとは簡単操作でプリントアウトできます。

instax SQUARE SQ10 プリント

プリントアウト中。印刷されたばかりのフィルムは真っ白です。1分ほどで完全に感光され、映像が浮き出してきます。

instax SQUARE SQ10 撮影写真

印刷前に映像を確認、そのまま編集してプリントアウトするといった流れはこのSQ10ならではの機能ですね!

instax SQUARE SQ10 撮影

デジタル化したチェキ「instax SQUARE SQ10」のメリット

ここまで「instax SQUARE SQ10」が従来のチェキから変わったポイントをまとめてきましたが、ここからはより具体的な製品のメリットについて考えてみたいと思います。

チェキで撮影した写真を多くの人にシェア!あとからインスタグラムへアップも可能

従来のチェキは1回の撮影につき1枚しか印刷することができませんでした。
ですが、「instax SQUARE SQ10」は内蔵メモリーもしくはmicroSD/microSDHCメモリーカードに写真を保存することが可能なので、同じ写真を何枚も撮影することが可能になりました。

それによって集合写真をその場でみんなに渡すことができたり、同じ写真でも異なる加工フィルターでバリエーションのある写真現像をしたりと、楽しみ方の幅が非常に広がったと言えるでしょう。

instax SHAREが不要に!?

microSD/microSDHCメモリーカードを使えば、「instax SQUARE SQ10」をinstax SHAREとしても利用することができます。

例えばアンドロイドのスマホで撮影した写真やインスタグラムにアップした写真を「instax SQUARE SQ10」で現像するということも可能なのです。
ただし、その場合は下記の2つの条件があるので、パソコンを利用することを前提にしていることは覚えておきましょう。

  • 画像ファイルはフォルダに入れずに、ドライブの直下にコピーすること
  • ファイル名は8文字(前半4文字がAからXの大文字のアル ファベット、後半4文字が0から9の数字)にすること

従来のチェキとスペックをまとめて比較してみる

もっと具体的に確認するために、従来のチェキと主な項目を表で比較してみたいと思います。

instax SQUARE SQ10instax mini 8+instax mini 70
撮像素子1/4型CMOS 原色フィルター採用
記録画素数1920×1920
記録メディア()内は保存枚数内蔵メモリー(約50枚)、microSD/microSDHCメモリーカード(1GBで約1,000枚)
撮影可能距離10cm~∞60cm〜∞30cm〜∞
シャッタースピード1/29500秒~1/2秒(自動切換)1/60秒1/2秒~1/400秒
フラッシュオート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ/赤目補正
撮影可能範囲:約50cm~8m
常時発光フラッシュ(自動調光)/充電時間0.2秒~6秒(新品電池使用時)
撮影可能範囲:約60cm~2.7m
低輝度自動発光オートフラッシュ(自動調光)/充電時間:0.2秒~7秒(新品電池使用時)/フラッシュ充電中表示/強制発光可能
撮影可能範囲:30cm~2.7m
セルフタイマー約10秒/約2秒約10秒
加工フィルター10種類
サイズ119mm×47mm×127mm116mm×118mm×68mm99.2mm×113.7mm×53.2mm
重さ450g307g281g
電源/プリント可能枚数内蔵バッテリー(USB充電) / 160枚単3形アルカリ電池2本 / 100枚リチウム電池2本 / 400枚
販売価格(税込)31,860円9,590円18,770円

まとめ

「instax SQUARE SQ10」は約3万円の販売価格と決して安い製品ではありません。それでも、従来のチェキとinstax SHAREが1つになって、さらに機能強化・機能改善もされていることを考えれば、魅力的な製品であることもまた事実だと思います。

まずは1度使ってみたいということであれば、レンタルもありますので是非一度こちらも検討してみてくださいね!

[レンタル] FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax SQUARE SQ10 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 チェキカテゴリのランキング

ピックアップ記事