Dysonコードレス掃除機 V7シリーズを徹底解説!旧V8、V6シリーズとの違いを検証します

Rentio公式
Rentio公式

更新日2020/02/12

Dysonコードレス掃除機 V7シリーズを徹底解説!旧V8、V6シリーズとの違いを検証します

更新日

ダイソンから新しいクリーナーが発表されました。Dyson V7シリーズです。

これまでDysonはフラッグシップシリーズ(最上級シリーズ)であるV8、ミドルクラスのV6シリーズ、リーズナブルに手に入るDCシリーズの3種類のラインナップで商品展開をしてきていました。

今回登場したDyson V7シリーズは、最上級のV8とミドルクラスのV6の中間に位置するスペックの製品シリーズです。

今や憧れの家電の一つとしてブランドを確立したダイソン。そんなダイソンですから新商品発表と言うと当然ながら注目が集まります。

新しいDyson V7シリーズは、これまでの商品とどのような違いがあるのか。スペックを確認しながら紐解いてゆきたいと思います。

なお、ダイソンの最新情報についてはこちらの記事をご覧ください。

最新のダイソンV11を含む全機種比較とおすすめはこちら

[最新]ダイソンコードレス掃除機全19機種を一覧表で比較!おすすめや選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ダイソンV11シリーズについてはこちら

「ダイソンV11」4種の違い(Absolute/pro/Fluffy/+)や口コミ・評判!旧コードレス掃除機シリーズとも比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

2019年発売のダイソンV7スリムについてはこちら

新登場「ダイソンV7スリム」の実力は?最軽量モデルと従来品との違いを比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Dyson V7シリーズ

今回発表されたのはDyson V7シリーズと呼ばれるラインナップです。コードレスタイプ2機種、ハンディタイプ2機種で構成されています。

最上位シリーズのV8、ミドルクラスのV6シリーズの中間に位置するシリーズです。V8ほどではないが、V6よりも優れているといったポジションですね。

なおV8シリーズはコードレス(スティック)タイプのみの展開となっていますので、ハンディタイプのクリーナーでは事実上の最上位モデルとなります。

変更点はいくつかありますが、まずは新設計のモーター「ダイソン デジタルモーター V7」です。

劇的に清掃効率が上がったというわけではなさそうですが、清掃効率を改善し、かつバッテリー改善と合わせてV6と比べて最長稼働時間を約10分伸ばしています

またV6と比べて清掃音が小さくなったというのも注目のポイントです。

V7シリーズと過去のシリーズ(V8、V6)との違い

本体のスペックを過去のV8シリーズ、V6シリーズと比べてみると以下の表のようになります。

シリーズ名 V8シリーズ V7シリーズ(新) V6シリーズ
発売年月 2016年5月 2017年5月 2015年
モーター V8デジタルモーター デジタルモーター V7 デジタルモーター V6
運転時間 最長約40分 最長約30分 最長約20分
フィルター ポストモーターフィルタ ポストモーターフィルタ ポストモーターフィルタ
運転音(V6を100とした場合) 50(50%低減) 50(50%低減) 100

差別化のポイントとしては、清掃効率、運転時間、運転音ですね。

清掃効率について

従来のV6シリーズと比べて清掃力がアップしているとのことでした。

なお、V8シリーズ登場時はV6シリーズと比べて15%清掃力がアップしたと発表されていました。

V7シリーズについてはこの数字については公表されていないのですが、V6シリーズ以上、V8シリーズ以下といったところでしょうか。

V6シリーズでも十分な清掃力を持ったダイソンのクリーナー。そこからさらに清掃力が向上しているというのは頼もしい限りですね。

運転時間について

最新V7シリーズの最長運転時間は最長で30分とされています。

V6シリーズは20分、V8シリーズは40分です。広い家庭ですと、20分では掃除が完了する前に電池切れとなってしまうこともある長さですので、運転時間が伸びるのは頼もしいですね。

運転音

V6と比べて運転音が軽減されているとのことです。

清掃力の高いダイソンの唯一の欠点とも言えるのがこの運転音。

V6シリーズと比べて約半分の音量とのことなので、非常に嬉しい改善ポイントと言えそうです。

ポストモーターフィルタ

排気の部分に高性能なフィルタを搭載しており、吸い込んだ細かい粒子をそのまま吐き出すことなく、キレイにしてから排気するといった機能です。

「0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえる」といったキャッチはV6、V8と変わらずでした。

変わらずといっても、既に完成とも言える品質のようですので気にはなりませんでした。

V7シリーズのラインナップ

さて、今度はいくつか発表されているV7シリーズのラインナップについて見てゆきましょう。

現時点でコードレス(スティック)タイプが2機種、ハンディタイプが2機種発表されています。実は本体のスペックはそこまで変わらず、付属品の違いで差別化がなされています

そのため、ハンディタイプにV7 Mattressがありますがこの機種でないとマットレス掃除ができないというわけではありません。ヘッドさえ付け替えれば別のクリーナーでもマットレス掃除が可能となっています。

というわけで、付属品についても一覧表にしてみましょう。

製品名 V7 Fluffy V7 Animalpro V7 Mattress V7 Triggerpro
タイプ コードレス コードレス ハンディ ハンディ
ソフトローラークリーナーヘッド
ダイレクトドライブクリーナーヘッド
収納用ブラケット
ミニ モーターヘッド
コンビネーションノズル
隙間ノズル
ミニ ソフトブラシ
フトンツール
延長ホース
カーチャージャー
質量 2.40kg 2.40kg 1.76kg 1.76kg
希望小売価格 ¥71,064 ¥71,064 ¥48,384 ¥55,944

それぞれの付属品は以下の写真の通りです。公式サイトからお借りしたものを貼り付けしておきます。

ダイソンV7付属品 スティックタイプ

ダイソンV7付属品 ハンディタイプ

https://www.dyson.co.jp/ より

まとめ

以上となります。

新しいダイソンV7シリーズ。目新しい機能こそないものの細かい改善を重ねてより使いやすく仕上げた、といった印象でしょうか。

事実ダイソンのハンディ、コードレスクリーナーは完成度が既にとても高いためここから大きく改善するというのは簡単ではないと思います。

またハンディタイプのクリーナーについてはV8シリーズの展開がなかったため、今回発売したV7シリーズが事実上の最上位モデルということとなります。

どの製品も決してやすいものではないので、製品の特長をよく理解したうえで、間違いのない商品選びをしたいですね。

Dyson V7 Mattress

Dyson V7 Mattressについて、使い勝手や旧モデルとの違いという点に焦点をあてた記事を公開しました。是非あわせてご覧ください!

ダイソンの新ふとんクリーナーDyson V7 Mattressレビュー!旧V6 Mattressと比較検証 | Rentioまとめ

Dyson V7 Fluffy

コードレスタイプのDyson V7 Fluffyについてはこちらからどうぞ。

最新のコードレスDyson V7 Fluffyレビュー!旧モデルのV8、V6との違いをチェック | Rentioまとめ

PR

さて、Rentioではダイソンをはじめ最新の家電、カメラ等を3泊からレンタルしています。短期間だけあればよい製品、まずは試してみたい製品などあれば是非こちらも検討してみてくださいね。
[レンタル] Dyson (ダイソン) – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事