RentioPress

どっちにする?FUJIFILMのコンデジ「X-T20」「X100F」を徹底比較

公開日 最終更新日
どっちにする?FUJIFILMのコンデジ「X-T20」「X100F」を徹底比較

パッと見の感じでは、そっくりなこの二台のカメラ。カタログでスペックを見てみてもいまいち違いがわかりにくいと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FUJIFILMから発売されたばかりの2台のカメラを徹底比較してみようと思います。(各製品の紹介記事は下記にて)

レトロに胸キュン!ミラーレスカメラFUJIFILM X-T20を紹介 | Rentioまとめ
クラシカルなデザインは女性にもおすすめ!FUJIFILMのコンパクトデジタルカメラ「X100F」 | Rentioまとめ

 

構造が全く異なる「X-T20」と「X100F」

実はこの二台のカメラ、紛らわしいくらいに共通項も多いのですが、その構造から見ると全く違うカメラと言っても過言ではありません。

ミラーレスの「

まずはX-T20から。こちらはいわゆる「ミラーレス一眼」と呼ばれるジャンルのカメラで、シーンに応じてレンズを交換することができるタイプのカメラです。

大きくごついカメラとほぼ同等の品質を保ちつつ、システムを軽量にしやすいため、最近ではプロのカメラマンでも使用している人が増えてきており、人気のジャンルと言えます。

このX-T20はFUJIFILMのミラーレス一眼の中では中堅クラスを受け持つ新製品ですよ。

ハイスペックコンデジの「X100F」

一方、X100Fはと言うと、ハイスペックなコンパクトデジタルカメラ、略して「ハイスペックコンデジ」と言われているジャンルのカメラ。

コンデジなのでレンズは外れず、基本的には拡張性がありません。しかし「ハイスペック」と書かれている通り、そんじょそこらのデジカメどころか、少し前のミラーレス一眼などと比べても見劣りしない性能を持っているのが特徴で、こちらもX-T20と同じ日に発売された新製品です。


 

「X-T20」と「X100F」の共通部分

この二台のカメラ本体を構成する基本的な部分については、「ほぼ共通」と考えて間違いありません。むしろ違う部分を探す方が簡単なくらい。それでは共通の部分についてチェックしていきましょう。

イメージセンサー(撮像素子)はAPS-C X-Trans™ CMOS III

カメラの目とも言えるイメージセンサーについては、二台とも共通のセンサーを使用しています。2430万画素の有効画素数や、拡張感度も含めたISO感度が100〜51200となるのも変わりません。

現在使われているAPS-Cセンサーでは最高クラスの性能を持つX-Trans™ CMOS IIIを惜しみなく使ってくるところに、この二台に対するメーカーの期待と自信が伺い知れます。

測距点91点のオートフォーカス(AF)

現代のカメラには欠かせない機能の一つ「オートフォーカス」ですが、この二台はここについても全く同じ能力を持っています。被写体との距離を測る「測距点」が91点もあるのです。

プロ用の機種が51点以上の測距点だと言われていることから、驚異的な性能だと言えるでしょう。

X-100Fの前モデルX-100Tの測距点が49点だったことを考えると、倍近く細かく正確なピント合わせができるという、かなりすごい進化だとも言えます。

「色」を再現!フィルムシミュレーション

さすがはもともとがフィルムメーカーのFUJIFILM。長年プロやアマチュアに愛され使用され続けてきた、自社のフィルムの色味を忠実に再現した「フィルムシミュレーション」も抜かりありません。

この二台には今回新たに追加された「ACROSモード」も含めた全15種類のフィルムシミュレーションが用意されています。動画を撮るときにも使えるというのが嬉しいポイントですね。

わかりやすいアナログダイヤル

FUJIFILMのXシリーズに共通のイメージとして「レトロデザイン」というのが挙げられますが、雰囲気だけを古めかしくしているわけではなく、使い勝手を考えた、直感的に操作できるデザインになっています。大きく回しやすいダイアル操作で瞬時に設定を変えられるのは、一瞬一瞬を切り撮る上でとても重宝する部分ですね。

上記の他にも、オートフォーカスのモードやホワイトバランスなど、カメラの基本的な部分についてはほぼ同じと考えて間違いありません。

 

「X-T20」と「X100F」の違いはファインダー

さて、ここまでは共通の部分について説明してきましたが、今度は異なる部分について説明していきましょう。

まずは見た目からわかる違いですが、X-T20はペンタ部と呼ばれる部分が出っ張っている、いわゆる「一眼レフタイプ」の形をしています。光学式ファインダーを使用した一眼レフと違い電子ビューファインダーを使用しているので、実際には位置が違っていてもあまり関係ないのかも知れませんが、光軸上に位置するファインダーは違和感もなく自然に使用することができます。

対してX-100Fですが、こちらのファインダーは「レンジファインダータイプ」の形状となっており、コンパクトカメラなどではお馴染みの配置です。見た目のクラシック感と合わせて考えると、こちらの配置の方がバランスが良く見えるのも確かです。

「X-T20」の電子ビューファインダーとチルト式液晶モニター

ビューファインダーを覗くとそこには0.39型の有機EL製電子ビューファインダーがあり、フィルムシミュレーションの仕上がりを予想しながら撮影することができます。

また、3.0型の液晶モニターはチルト式となっているので、地面すれすれや頭越しでの撮影なども楽にこなせます。

「X100F」のアドバンスト・ハイブリッドビューファインダー

このファインダーのすごいところは、同じ一つのビューファインダーを使って光学ファインダーと電子ビューファインダーをスイッチ一つで切り替えられるところ。

これによって、どうしても構造上見たものと撮れたものとの間にズレが出てしまうパララックスという現象をなくし、また光学ファインダーに切り替えることにより、バッテリーを長持ちさせることができます。

電子ビューファインダーとアドバンスト・ハイブリッドビューファインダーの違いを表で確認

電子ビューファインダー部分
X-T20X100F
仕様0.39型有機ELファインダー(約236万ドット)0.48型(約236万ドット)
視野率約100%約100%
ファインダー倍率0.62倍約0.5倍
光学ファインダー部分
X-T20X100F
仕様電子式ブライトフレーム(逆ガリレオ式)
視野率約92%
その他ファインダー内表示内容のカスタマイズが可能

 

「X-T20」と「X100F」のレンズ拡張性は?

ファインダーの違い以上にこの二台の一番大きく違うところといえば、このレンズの拡張性についてですね。

かたや「ミラーレス一眼」、かたや「ハイスペックコンデジ」です。知らずに買ってガッカリなんてことにならないように知っておきましょう。

「X-T20」は充実のXマウントレンズ

レンズ交換式のミラーレス一眼なので、当然交換レンズは豊富にあります。

しかし、ここで気をつけなければいけないのは、基本的には「万能なレンズ」というのはそうそうありませんし、あってもそれなりに高価だということ。

レンズを交換するつもりがないのなら、外せない方が安全という考え方もあります。

「X100F」の対応レンズは2種類

こちらのレンズはカメラから外れませんが、もともとのレンズの上から取り付ける「コンバージョンレンズ」というものが販売されています。

35mmの単焦点レンズを採用している性質上、遠くのものを撮ることや、広い範囲を撮るということが苦手なために取り付けると50mmの中望遠レンズとして使えたり、28mmの広角レンズとして使えるというものです。

 

「X-T20」と「X100F」のスペックを一覧比較

X-T20X100F
レンズマウントFUJIFILM Xマウントなし
撮像素子APS-C X-Trans CMOSIIIAPS-C X-Trans CMOSIII
画素数2430万画素2430万画素
ISO感度(推奨露光指数)ISO200〜12800ISO200〜12800
シャッター速度1/32000〜30秒1/32000〜30秒
連写撮影最高14.0コマ/秒最高8.0コマ/秒
手ブレ補正機構手ブレ補正機能付きレンズで対応
ライブビュー
自分撮り機能
バルブ最長60分最長60分
防塵・防滴
RAW+JPEG同時記録
RAW非圧縮:14bit RAW(RAF独自フォーマット)非圧縮:14bit RAW(RAF独自フォーマット)
タイムラプス撮影間隔1秒〜24時間
撮影枚数1枚〜∞
撮影間隔1秒〜12時間
撮影枚数1枚〜999枚
GPSx(スマートフォンと接続して「位置情報サーチ」で位置情報を取得)x(スマートフォンと接続して「位置情報サーチ」で位置情報を取得)
4K対応
フレームレート4K 29.97p/25p/24p/23.98p
FHD 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p
FHD 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p
Wi-FiIEEE802.11b/g/n 暗号化ありIEEE802.11b/g/n
大きさ、質量幅118.4x高82.8x奥行41.4mm
約383g
幅126.5x高74.8x奥行52.4mm
約469g
付属レンズなし23mm・f2フジノン単焦点レンズ
カラーブラック、シルバーブラック、シルバー

 

連写・動画撮影にも違いが

他にも連写の最大スピードが一秒あたりX-T20で14枚、X100Fで8枚という違いがあったり、撮れる動画の最大サイズが4K(X-T20)とFHD(X-100F)という違いなどがあります。

 

あなたがシャッターを切るときはどんなとき?

ここまで同じメーカーのミラーレス一眼であるX-T20とハイスペックコンデジのX100Fの比較をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

似て非なるこの二台を使いこなすには、自分がどんなシーンでどんな写真を撮りたいのかをイメージすることが大切なことなのかも知れません。

[レンタル] コンパクトデジカメ 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事