RentioPress

ニコンの防水カメラCOOLPIX W300が登場!旧モデルAW130との違いを検証

公開日 最終更新日
14,905view
ニコンの防水カメラCOOLPIX W300が登場!旧モデルAW130との違いを検証

ニコンから新しい防水カメラCOOLPIX W300が発表されました!旧モデルCOOLPIX AW130の後継機種という位置づけで、2017年6月末発売とのことです。旧モデルのCOOLPIX AW130は2015年3月に発売された製品だったため、丸2年以上あけてのバージョンアップということとなります。

さて、防水タイプのコンパクトデジカメは日本のメーカーが強く、ニコンはオリンパスと並んで防水カメラで大きなシェアを持つメーカーです。

ですが、最近はGoProをはじめとしたアクションカメラに押されはじめており、年々と市場が小さくなっているようにも感じられます。

そんな中でも新機種を投入してきたニコン。新しいCOOLPIX W300はどのような防水カメラなのか。旧製品AW130との違いという点を切り口に検証してゆきたいと思います。

ニコン防水カメラ COOLPIX W300

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 GR クールピクス カムフラージュ 防水

2017年6月に発売されるニコン製の防水タイプのコンパクトデジカメです。

他メーカー含めた防水カメラのラインナップの中でも、多機能で高級機種に属する製品となっています。また防水性能はハウジング無しで水深30メートルまで対応と、防水カメラの中でもかなり深い水深まで潜れるというのが大きな特長です。

また今作からは4Kの高画質動画の撮影もできるようになり、画質の面でも高級コンデジに引けを取らないスペックとなっています。

なおニコン製の防水カメラは当高級モデルであるCOOLPIX W300と、廉価版のCOOLPIX W100の2つの機種を発売しています。

機能充実のCOOLPIX W300に対して、必要最低限の機能と防水性能のW100の二段構えです。防水カメラに力を入れているニコンならではのラインナップと言えそうです。

W300と旧モデルCOOLPIX AW130との違い

さてCOOLPIX W300の1世代前の機種であるCOOLPIX AW130との違いという点について調べてゆきたいと思います。W300とAW130は同ラインの製品であることから、外観も似ています。

イメージが湧きやすいように、まずは外観から比べてゆきましょう。新しいW300と、旧モデルのAW130を並べてみました。

COOLPIX W300 と AW130 前面

COOLPIX W300 と AW130 背面

COOLPIX W300 と AW130 上部

とても似ているので、パッと見では違いが判別しずらいですね。

基本的な構造としてはW300とAW130はほとんど違いがありません。細かい違いとして、フロントのグリップ部の形が変わった点、上部パネルのデザインが変わった点くらいです。

次に機能面を見てみましょう。W300になって変わった点を1つずつあげてゆきます。

4K動画の撮影が可能に

機能面で最も大きな変更点といえばこの点かもしれません。

これまでは動画と言えばフルHD画質(1920×1080)が主流で、AW130もこの画質が最高でした。ですがCOOLPIX W300は画素数がフルHDの約4倍の4K(3840×2160)画質での動画撮影が可能となっています。

またフレームレートも30fpsとなっているため、高画質ながらなめらかな動画撮影が可能です。※1秒間に映像が切り替わる回数のこと。多いほどなめらかな映像となります

最近ではGoProなどアクションカメラでも4K動画が当たり前になってきているため、それに押されての搭載といった形が正しいかもしれません。

SnapBridge搭載

ニコンのカメラに馴染みの無い方は聞き慣れない機能かもしれませんが、SnapBridgeはニコンならではのスマホ写真同期機能のことです。Bluetoothでスマホとカメラを常時接続しておき、カメラで撮影した映像を自動でスマホへ転送します。

最近ではGoProなどアクションカメラや、他の防水カメラのほとんどがWi-fi経由でのスマホとの接続が可能となっていますが、Wi-fi経由の接続はいちいち手間がかかるのも事実です。

Bluetooth経由でスムーズな写真転送をすることで、よりストレスのない写真の同期が可能となります。

耐衝撃性能の向上

AW130では高さ2.1メートルからの落下まで耐える耐衝撃性能でしたが、W300では高さ2.4メートルの高さからの落下にも耐えるようになりました。

構造が強化されたのか、計測の仕方が変わったのかはわかりませんが安心感が増したのは事実ですね。

仕様一覧

さて、ざっと機能の違いを紹介したところでW300とAW130のスペックを一覧表にしてみましょう。

機種名COOLPIX W300COOLPIX AW130
発売年度2017年6月2015年3月
有効画素数1605万画素
センサー1/2.3型原色CMOS
焦点距離(35mm換算)4.3-21.5mm
開放F値f/2.8-4.9
光学ズーム倍率5倍
電子ズーム倍率4倍
手ブレ補正レンズシフト方式と電子式の併用
4K動画撮影◯(3840×2160/30p)-(1920×1080/30p)
SnapBridege機能
防水性能水深30m(IPX8)
耐衝撃性能高さ2.4mからの落下高さ2.1mからの落下
防じん性能◯(IP6X)
Wi-Fi(無線LAN)
電子コンパス◯(16方位)
気圧計◯(約500~4600hPa)
高度計◯(約-300~+4500m)
水深計◯(約0~35m)
寸法約111.5×66.0×29.0mm(突起部除く)約110.4×66.0×26.8mm(突起部除く)
質量約231g(電池、メモリーカード含む)約221g(電池、メモリーカード含む)

こうやって並べてみると、動画機能とSnapBridgeを除くと大きな違いがないのが見て取れますね。

総評

さて、元々完成度の高かった防水カメラCOOLPIX AW130。数少ない弱点とも言えるポイントを直してきて、より隙の無いカメラに仕上がったという印象を受けました。

COOLPIX W300とAW130、どちらを選ぶべきか?という点については4K動画の必要性と、お財布と相談して決めるのが一番かと思います。

なお当記事執筆中はまだ旧モデルのCOOLPIX AW130も市場に流通していましたが、遅かれ早かれW300のみに収束してゆくことでしょう。そうなったらW300か、他メーカーの防水カメラを選択すればよいかと思います。W300に似たスペックの防水カメラなら、オリンパスのTough TG-5あたりが挙げられます。

最後にレンタルの紹介です

さて、Rentioでは今回紹介したCOOLPIX W300をはじめ、最新のカメラ、家電を3泊からレンタルしています。ウェブだけで簡単に申し込みができ、コンビニから簡単に返却可能です。まずは試してみたい製品、短期間だけあれば良い製品などは是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] Nikon 防水カメラ COOLPIX W300 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事