RentioPress

360度カメラ用ジンバル、Feiyu tech G360の紹介とレビュー!

公開日 最終更新日
360度カメラ用ジンバル、Feiyu tech G360の紹介とレビュー!

Feiyu tech製の製品は当サイトでも何度か紹介していますが、中国のメーカーでジンバル等をはじめとした制御機器で大きなシェアを持つメーカーです。

今回ご紹介するのは、このFeiyu tech製の360度カメラ用ジンバル、Feiyu tech G360です。

これまでも、GoProをはじめとするアクションカメラ用のジンバルはありましたが、360度カメラで使えるジンバルはほとんどありませんでした。

近年のVR(バーチャル・リアリティー)の盛り上がりに比例し、一般の人が手に入る360度カメラもどんどん増えてきています。そんな360度カメラ市場の盛り上がりに押されて登場した製品と言っても過言ではないかもしれません。

さらに言えば、最近の360度カメラは高画質化が進んできていますが、手ぶれ補正機能等を搭載している機種はほとんどありません。ジンバルの利用という選択肢が360度カメラにも登場したことで、また一歩VRの市場が進歩したと言えるのではないでしょうか。

新しいジャンルの製品ではありますが、どれだけ活躍してくれるのかが楽しみな製品です!

Feiyu tech G360

FeiyuTech G360パノラマカメラ手持ちジンバ ルエクステンションバー付き サムスン Gear 360、Sony X3000R、コダックSP360、iPhone、その他各種スマートフォンに対応

冒頭でも軽く触れましたが、改めてFeiyu tech G360について説明しておきます。

これまで主流だったアクションカメラ用ジンバルとは少々異なる形状をしています。

他のジンバルが、カメラを包み込むようにアームがあるのに対して、G360はカメラの下にアームとスタビライザーが配置されるスタイルを取っています。

なぜこのような形になっているかと言うと、

  • 360度カメラの映像はカメラの周囲360度に及ぶため、取付部分よりも上にアームがあるとアーム自体が映り込んでしまうため
  • 様々な形の360度カメラがあるため、アームとカメラがぶつかって取り付けできないといったことを防ぐため

が理由としてあげられます。

また汎用性高く設計されているため、360度カメラ以外でも使えるのがこのFeiyu tech G360の利点です。

三脚ネジによる取付部よりも上にジンバルのアームが来ないため、360度カメラに限らず、コンパクトデジカメのような一般的なカメラでも利用できます。

G360の実機を見てゆきます

さて、それではFeiyu tech G360の実機を見てゆきましょう。

Feiyu tech G360 箱

こちらが箱です。白を基調とした高級感ある外装となっています。

Feiyu tech G360 ケース

箱に収納されているのはセミハードのキャリングケース。持ち運びに便利なケースがついているのはありがたい限りですね!

Feiyu tech G360 同梱物

ケースをあけると本体が収納されています。

ケース自体は便利ではあるのですがパーツごとにバラバラに収納されているため、収納時に組み立てたものを一度バラバラびしないといけないのがちょっと面倒なポイントです。

組み立ててみます

Feiyu tech G360

ケースに収納されているジンバル本体とパーツを取り出してみます。

さて、このG360。アクションカメラ用のジンバルとは構造が異なることから、見慣れないパーツが含まれています。写真に映っている白いリングはカウンターウェイトといって、カメラを取り付けた際にジンバルの重心を調整するために取り付ける重りです。

はじめての方にはピンとこないかもしれないので、もう少し進めてみましょう。

今回はKodak製の360度カメラ、4KVR360を使いながら取り付け方を見てゆきたいと思います。

Feiyu tech G360 セットアップ

まずはカメラに金具を取り付けてゆきます。一般的な三脚ネジによる取り付けです。三脚のクイックシューに似ていますね。

Feiyu tech G360 設定

とりあえずこの状態でカメラをジンバル本体に取り付けてみます。

するとカメラ本体側が重いため、ヘッドがだらんと下に垂れ下がるような状態になります。

カウンターウェイトを使ってジンバルの重心を調整

この状態ではジンバルの力だけでカメラを安定させるのが難しいため、カメラの反対側に先ほどの重石(カウンターウェイト)を取り付けて重量を調整します。

ウェイトは20g、30g、40g、100gのウェイトが付属しており、それらを組み合わせて重心を調整します。

Feiyu tech G360 ウェイト

4KVR360の場合、100gと40gの2つを取り付けたところうまくバランスが取れた状態になりました。

ただ、ここはコツを掴まないとちょっと難しいです。Feiyu tech公式がYoutubeに公式のビデオをアップしていたのでご紹介させていただきます。

かなり微妙な調整が必要そうですね、、またカメラごとに重石の量や重心の位置が異なるのも手強いポイントです。

ジンバルを起動!

Feiyu tech G360 4KVR360

あとは中央のボタンを押すことでジンバルが起動します。だらんと垂れ下がってたヘッドがシャキッと水平位置へ起き上がりました。

電源が入った状態であればジンバルの角度を変えてもカメラの向きは水平に保たれます。

また中央のジョイスティックでカメラの向きを調整することも可能。滑らかに回るのでパノラマ映像がキレイに撮影できるというのがG360の強みの1つですね。

色んなカメラでG360を試してみます

さて、折角なので4KVR360以外のカメラでもG360を試してみたいと思います。

先ほども書きましたが、Feiyu tech G360の良さの1つに、多くの機種のカメラに対応しているというポイントがあげられます。Feiyu tech公式のウェブサイトでは、このように色々な360度カメラに取り付けされたG360の写真が公開されていました。

Feiyu tech G360

左から順に、Kodak SP360、Kodak SP360 4K、SAMSUNG Gear360、SONY DSC-RX100、SONY FDR-X3000です。

左寄りの3つはいわゆる360度カメラで、RX100はコンパクトデジカメ、FDR-X3000はGoProのようなアクションカメラです。これだけでも多くの機種に対応しているのがわかりますね。

Nikon KeyMission360

ニコン製の360度カメラ、KeyMission360で試してみました。外観はKodakの4KVR360と似ていますね。4KVR360ではいい感じにバランスが取れましたが、KeyMission360はどうでしょうか。

Feiyu tech G360 KeyMission360

問題無くバランスが取れました!KeyMission360でもG360は使えそうですね。

Sony DSC-RX100

ソニーのコンパクトデジカメのロングセラー、DSC-RX100。対応しているとFeiyu tech公式サイトにありましたが折角なので試してみたいと思います。

Feiyu tech G360 DSC-RX100

しっかり安定しました。ただこれまでの360度カメラと比べて本体重量が重めなので、100グラムのウェイトにもう一個ウェイトを追加してバランスが取れている状態です。

デジカメ用のジンバルは高価なものが多いだけに、選択肢が増えるのはありがたい話ですね。

CASIO EX-FR200

カシオ製のアクションカメラ、FRシリーズも試してみましょう。

Feiyu tech G360 EX-FR200

取り付けはできましたが、ちょっとバランスが悪いです…

FRシリーズのカメラの特性として、三脚穴でカメラを取り付けた場合に、重心が前につんのめる形になります。

G360では前後の重心の調整も多少であればできる仕様になっていますが、FRシリーズは重心が前すぎるためちょっと厳しい状態です。使えないことはないですが、あまりオススメできない、、といった状態でしょうか。

RICOH THETA S

次は360度カメラの代表格、RICOH THETA Sを試してみましょう。これまでのカメラと違って縦に長いのが気になりますが、、、

Feiyu tech G360 RICOH TEHTA S

結論から言うと、RICOH THETAでG360の利用はNGでした。

重心が縦に長いため、重石でバランスをとることが難しく、かろうじて取れた状態で電源を入れてもバランスの悪さにジンバルのパワーが負けてしまいます。

写真では上をむいて安定した状態に見えますが、実際はフラフラです。

総評

さて、今回はFeiyu techの360度カメラ向けジンバル、G360を紹介&レビューしてみました。

近年盛り上がりを見せている360度カメラのマーケットですが、高性能化&動画性能が向上するにつれて、よりキレイな映像を撮影するための機材が必要となってきます。そんな市場の要求に応える形で登場したのがG360ジンバルでした。

使ってみた感想としては、ちょっととっつきにくい部分があったというのが正直なところです。

これまでジンバルと言えばGoPro向けのジンバルが主だったため、取り付けしてジンバルの電源さえONにすればすぐに使える製品ばかりでした。ですがG360はカウンターウェイトでジンバルの重心を調整する必要があり、これが使い方を少々ややこしくしていると言えそうです。

反面、重心さえ調整できればどんなカメラでも使えるといった点も忘れてはならないポイントです。

また肝心の安定化性能ですが、ジンバルを起動した状態でぐりぐり動かして見たところ、カメラのポジションはしっかり安定した位置をキープできていたことから、カウンターウェイトさえ適切に設置できていればかなり安定した映像が撮影できそうという印象です。

激しいアクションシーン等では試せていませんが、十分対応できるポテンシャルのある製品のように思えます。

G360、少々慣れが必要かもしれませんが時代のニーズにあったコンセプトの製品なのではないでしょうか。

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 360度カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事