RentioPress

SONY α9はα7R IIに取って代わる存在になるのか?比較してみた

公開日 最終更新日
3,027view
SONY α9はα7R IIに取って代わる存在になるのか?比較してみた

今回は、2017年5月に発売されたSONY α9と、そのα9と似た性能を持つα7R IIを比較してみました。

センサーサイズの違いから重さの違いまで、徹底的に解説します。

α9とα7R IIを併用するのか、それともどちらか一つに絞るのか、比較したこの記事を参考にしてみてください。

 

おさらい!SONY α9ってどんなカメラ?

ソニー α9【ボディ(レンズ別売)】ILCE-9/ミラーレス一眼カメラ

α9は、SONYのミラーレス一眼カメラの最新機種です。

αで9のつく機種は、フラッグシップモデルと言われています。

今まで、Eマウントのカメラに「9」の付く機種はなく、「遂に出た!」といったところでしょうか。

イメージセンサーは35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)。

最新の技術で一新されたExmor(エクスモア) RSです。

画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)も進化して、今までにない高速でのオートフォーカス、高速連写ができるようになっています。

また、電子ビューファインダーは高輝度高画質のうえに毎秒120コマのなめらかな動きが特徴。

直接目で被写体を見つめているような感覚でファインダーが使えます。

しかも、連写中でも毎秒60コマで映像は流れ続け、一眼レフのように画面が見えなくなる瞬間はありません。

このように高速連写と高速AF、さらに超高感度が使えるカメラですから、スポーツの写真や野生動物の写真など、野外で使うことを想定して、水やほこりにも強い構造になっています。

 

おさらい!SONY α7R II ってどんなカメラ?

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2

α7R IIは、SONYのEマウントカメラの中でも、とりわけ高画質な写真を撮るために最適化された機種です。

そのため、イメージセンサーは35mmフルサイズで有効画素数が約4240万画素と、α7シリーズの中でもっとも多いのが特徴。

有効画素数では、最新鋭のα9を上まわり全αシリーズ中でも最高となり、繊細で大伸ばしにも耐える美しい写真を撮ることができます。

ただ、α9ほど高速の連写はできないので、比較的動きのゆっくりしたものや静物を撮るときに本領を発揮するでしょう。

 

SONY α9とα7R IIを表にまとめてみた。表から見える違いとは?

 

機種名SONY α9α7R II
使用レンズソニーEマウントレンズソニーEマウントレンズ
撮像素子35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)、Exmor RS CMOSセンサー35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)、”ExmorR”CMOSセンサー
カメラ有効画素数約2420万画素約4240万画素
総画素数約2830万画素約4360万画素
アスペクト比3:023:02
カラーフィルターRGB原色フィルターRGB原色フィルター
画像ファイル形式JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.31、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
画質モードRAW、RAW+JPEG、JPEGエクストラファイン、JPEGファイン、JPEGスタンダードRAW、RAW+JPEG、JPEGエクストラファイン、JPEGファイン、JPEGスタンダード
検出素子Exmor RS CMOS センサー“ExmorR” CMOS センサー
測距点数35mmフルサイズ時:693点(位相差検出方式)、FFレンズ装着かつAPS-C読み出し時:299点、APS-Cレンズ装着:221点/25点(コントラスト検出方式)35mmフルサイズ時:399点(位相差検出方式)APS-Cサイズ時・357点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)
AFモードシングル(AF-S)/コンティニュアス (AF-C)/ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)/マニュアルフォーカス(MF)AF制御自動切り換え (AF-A)/シングル(AF-S)/コンティニュアス (AF-C)/ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)/マニュアルフォーカス(MF)
測光素子Exmor RS CMOS センサー“ExmorR” CMOS センサー
ISO感度(推奨露光指数)[静止画]
メカシャッター時: ISO100-51200 (拡張:下限ISO50、上限ISO204800)、
AUTO (ISO100-6400、上限/下限設定可能)、
電子シャッター時: ISO100-25600 (拡張:下限ISO50)、
AUTO (ISO100-6400、上限/下限設定可能)

[動画]
ISO100-51200相当(拡張:上限ISO102400)、
AUTO (ISO100-6400相当、上限/下限設定可能)
静止画撮影時:ISO100-25600(拡張:下限ISO50、上限ISO102400)、AUTO (ISO100-6400、上限/下限設定可能)

動画撮影時:ISO100-25600相当、AUTO(ISO100-6400相当、上限/下限設定可能)
形式1.3cm(0.5型)電子式ビューファインダー1.3cm(0.5型)電子式ビューファインダー
質量(g)(本体のみ)約588g約582g

イメージセンサーが違う。どう違うの?

α9のイメージセンサーは、Exmor RS。

α7R IIは、Exmor R。

どちらも35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサーです。

違いは、Exmor RSはメモリを内蔵し、積層構造だという点です。

メモリーを内蔵することによって、信号処理がスムーズに。

高速信号処理回路を画像領域とは別の層に分ける積層構造によって、回路部が拡張可能になりました。

これらの大幅な刷新によって、Exmor RSは読みとった信号をより高速で処理できるようになったのです。

画素数が違う。なんで?

画素数が多ければ多いほど、きめの細かい階調の豊かな画像を描くことができます。

反面、情報量が多くなり、情報を伝達するにも処理するにも時間がかかるようになってしまいます。

高画質の大きなサイズの写真を1秒間に何枚も撮る連写を長時間(といっても数10秒)続けると、処理速度が追いつかなくなってしまうことでしょう。

配達できる荷物の量は決まっているのに、一人で運べない大きな荷物が大量に発生して、宅配業者がパンクするようなものです。

画像処理エンジンが関係している!?

どんなに強力な画像処理エンジンでも処理能力には限界があるので、高速連写をしている間は、背面のモニターや電子ビューファインダーの表示がもっさりしたりコマ落ちしたり、極端な場合はモニターに表示をしないで、画像処理に集中しているカメラもあります。

α9の処理エンジンBIONZ Xは、α7R IIのものから設計が一新され、より素早い処理ができるようになりました。

とはいえ、α7R IIの速写性能が毎秒5コマであるのに比べ、α9は毎秒20コマもの高速連写を行います(電子シャッター時)。

しかもこれは、オートフォーカスや自動露出の計算をしながらの連写です。

BIONZ XもイメージセンサーExmor RSも強化されたとはいえ、一定の時間内に処理できるデータ量は決まっているはずです。

そこで、α9は速写を重視してより多くの枚数を処理できるように画素数を少なめにしているのでしょう。

逆に、α7R IIは画質重視のカメラですから、連写の枚数は少なめ、画素数を最大に設定されていると考えられます。

ISO感度が違う。この違いは何?

画素数や1秒間に撮れる枚数の違いから、α9は高速連写の性能を重視しているということが鮮明になりました。

高速で不規則に動く被写体を想定しているのですね。

プレスリリースなどからも、主にスポーツ写真を撮るシーンを想定していることがわかります。

スポーツの写真を撮るときに必要な物……それはやはり、大砲のような望遠レンズです!

α9はソニーEマウントのカメラですので、Eマウントの望遠レンズを見てみましょう。

SEL70300G(FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS)
SEL100400GM(FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS)

これらはズームレンズですけれども、望遠側は開放F値がF5.6と、ほかの標準や広角レンズに比べるとやはり暗い。

しかし、スポーツの写真を撮るには、とりわけ速いシャッターを切る必要がありますよね。

サッカーのように選手が思いもしない方向に激しく動く競技もありますし、野球のボールのように人間の目ではとらえきれないほど速く動く物体をしっかり画面に収めなければならないシーンもあるでしょう。

こんなとき、大きな絞り値で高速シャッターを切ると、ISO100やISO400など一般的に使うような感度では露出アンダーになってしまいます。

露出値は被写体によって決まっていますので、写真の表現上「この絞り値、このシャッタースピードで撮る!」というカメラマンの意志が絶対条件であるなら、あと動かせるのはISO感度だけです。

α9のように、ISO51200(拡張ISO204800)という超高感度まで使えるなら、速いシャッタースピードであっても適正露出で写真が撮れますね。

α9で電子シャッター1/32000秒という超高速シャッターが使えるのも、これだけISO感度に余裕があればこそ(α7R IIは1/8000秒まで)。

反面、高感度になればなるほどノイズが目立つ、ざらついた画像になってしまいます。

画質重視のα7R IIは、画質を犠牲にしてまで高感度にする必要はないという判断なのでしょうね。

α9は、画質はα7R IIには及ばなくても、一瞬のシャッターチャンスを撮りもらさないことを最重要課題としている機種なので、このようなバランスになっているのでしょう。

なお、高速シャッターの話が出たついでに触れておきますと、電子シャッターでは動体歪みが目立つ場合がありますが、α9ではイメージセンサーが高速で読み出しできるようになったために、1/32000秒でも歪みの少ないアンチディストーションシャッターとなっています。

測距点数が違う。どっちがいいの?

α9の像面位相差検出AFセンサーの測距点は693点。

これだけ多数の測距点が隙なく画面の93%を覆っているのですから、よほど画面のすみの方でない限り、測距の速い像面位相差方式で瞬時にピント合わせしてくれます。

もちろん、画面のどこでもサッとフォーカスが合ってくれた方がいいですよね。

スポーツ撮影の場合はなおさらです。

連写している間も被写体が止まっていないスポーツ写真ですと、連写の間もオートフォーカスは追いかけながら測距しピントを合わせ続けなければならないでしょうから、速い測距能力はなくてはならないものです。

しかし、オートフォーカスのセンサーは、イメージセンサーそのものですから、撮影しながらこれら距離や露出値の計算をしなければなりません。

α9では、毎秒60回も演算してピントや露出値をはじき出しているそうです。

同時に両方の仕事をこなすには、イメージセンサーの処理能力は相当高くなければ追いつきませんよね。

α9のイメージセンサーExmor RSではじめて可能になった技術です。

反面、α7R IIでじっくり撮る写真では、最終的には自分の目で見て微調整するでしょうから、素早いオートフォーカスができるポイントがそこまでたくさん必要ではないかもしれませんね。

 

SONY α9が向いている人は?

素早く動き回るものを望遠レンズで撮る人に向いています。

たとえば、スポーツや野生動物を撮る人にとっては、20コマ/秒で撮れる高速連写も魅力でしょう。

連写している間も、電子ビューファインダーで被写体の動きを見ることができるので、被写体の予想と違った行動にも対応できます。

身体能力の高い選手がありえない方向転換するなど、ダイナミックで驚異的な瞬間にもカメラを向けることができそうです。

また、近づくことのできない被写体を望遠レンズでとらえるにも向いています。

 

SONY α7R IIが向いている人は?

それほど激しい動きをしないものの撮影をするすべての人に向いています。

モデルの撮影、家族写真などのスタジオ撮影、風景その他、どんなものでも4240万画素という高画質で鮮明な写真を撮ることができます。

大きなサイズにプリントしたり大画面で拡大表示しても、ギザギザにならない緻密で階調の美しい写真です。

 

まとめ

最新の技術を導入したら、画質も速さもそこそこにパワーアップして何にでも使える汎用カメラにするというのもひとつの考え方ですが、どうやら、目的を絞ってそのためにカメラの機能を最適化するというのがSONYの考え方のようです。

α9とα7R IIの性能を比較すると、α9は高速の連写を望遠レンズを使って撮るために、α7R IIはどんなシーンでも最高の画質で撮るために、機能が取捨選択されています。

「SONY α9はα7R II に取って代わる存在になるのか?」を両機種の比較で見てきましたが、α9とα7R IIは得意分野が全く異なっているということがわかりました。

α9の登場によってα7R IIの出番がなくなるということはないでしょう。

撮るものによって使い分けるというのが正解だと思います。

自分の撮りたいもの、普段よく撮るシーンを考えれば、自分にとっての最適解がどちらの機種であるのか、自然と見えてくるでしょう。

 

Rentioでは同じαシリーズを取り扱っている

RentioではSONYのα6000を取り扱っています。

α9とα7R IIに興味のある方はまずはこちらをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

[レンタル] SONY ミラーレス一眼 α6000 ダブルズームレンズキット – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事