RentioPress

ミシンを使ってサイズを直そう!ミシンを使ったサイズ直しの方法を解説

公開日 最終更新日
ミシンを使ってサイズを直そう!ミシンを使ったサイズ直しの方法を解説

自分で洋服を作るとまではいかないまでも、既製服の裾を直したりはできるといいですよね。

小さい服を大きくするのは難しいとしても、大きい服はある程度直すこともできます。

洋服があまり好きではない理由の一つに、既製服の合ったサイズが見つかりにくいこと、と言う理由があります。

フリーサイズはどんな人でも着れるように少し大きめに作ってあるものです。

スマートな人がそれをそのまま着ると、ブカブカしてカッコいい感じにならないのが普通ですよね。

ウェブサイトのファッションモデルが着ているようなサイジングを出すためには、男性でもシャツやパンツのサイズ直しをしなければなりません。

意外と簡単に自分の理想のフィッティングができるものですよ。

ミシンを使ってサイズを直すことによって、もっとファッションを楽しむことができるのです。

 

ミシンを使ってサイズを直す際の大事なこと

29. Sewing: A creative mess is better than tidy idleness

サイズ直しの際の大事なことの一つに、自分に合ったサイズの服をモデルにする、と言うことが挙げられます。

すると、大きな間違いを起こしにくく、できあがりの予測もつきやす苦なるのです。

モデルの洋服とこれからサイズを直そうとする服を重ねて印を付ける際には、必ず巻き尺などでサイズを測って確認しましょう。

洋服は左右対称が重要なポイントです。

中心からの間隔や丈など測れるところはすべて測って、左右対称のシルエットを壊さないようにサイズ直しをすることが大切です。

特に側面のカーブのラインなどは縦に半分に折って同時にカッティングしなければ左右対称に仕上げるのは不可能でしょう。

作業をする前に、モデルの洋服と直そうとする服にアイロンをかけることも忘れてはいけません。

シワがあるとサイズに誤差が出てしまいます。

既製服の中にも左右対称でなかったり、幅や丈が均一でなかったりするものがあるかもしれません。

なので、端から何センチ小さくするのではなく、幅や丈を的確に測って縫うことが大切ですよ。

 

ジーンズの裾を直す

Uniform repair in Iraq

ジーンズを買う際に、お店ですぐに丈を直してくれる場合もありますが、そうでない場合は自分で直すかサイズ直しのお店に出さなくてはいけません。

そんなとき、家にミシンがあれば簡単に裾直しをすることができます。

ただしミシンがあると言ってもジーンズは厚みがありますから、厚物縫いができるミシンでなければなりません

ジーンズの裾上げで失敗しない縫い方ポイント

ジーンズの場合、洗うと縮むことが予想されます。

それを考えるとお店で短時間で直してもらうときには縮みを見越して少し大きめに注文しなければならないですよね。

自宅でジーンズを直すときには、まず洗ってから直してください。

ジーンズを履くときのウエストの位置によっても丈は変わってきます。

どんなふうに履きたいのか、実際に合わせたいシャツなどを着て鏡を見て、ゆっくり考えてみてください。

1.サイズが決まったら左右の長さが均等になるように合わせて確認し、ジーンズの裏側に出来上がりのラインをチャコペンシルで付けます

できあがりから4㎝の縫い代を取り、カッティングします。

2.できあがりのラインに沿ってアイロンをかけて折り返します

これが完成のラインですから丁寧にアイロンをかけてください。

3.三つ折りにして待ち針で数か所止めてから縫います

その場合縫い始まりと縫い終わりが一周して重なりますが、脚の外側で重なるより内側で重なったほうが見栄えがいいので、内側から縫い始めるようにしましょう。

糸はできるだけジーンズで使っている糸と色の近い糸を使用してください

針も厚物用の太い針を使いましょう。

11番ぐらいがいいですよ。

注意しなくてはいけないのは、ジーンズのシェイプがストレートであれば裾上げは簡単ですが、下にいくに従って細くなっているタイプのジーンズであれば、折り返してシワができてしまいます。

できあがり線から下の縫い目を外して折り返したときに無理がないように、逆に少し広がるようにして縫い直す必要があります。

 

ジーンズの裾上げに適したミシン

mending

分厚いジーンズを裾上げするとき、三つ折りになると縫えないミシンも沢山あります。

そこで厚物縫いができるというコンセプトで開発されたミシンを紹介しましょう。

アイシン スーパージーンズ17

【家庭用ミシンでは珍しい20番の太糸が使用可能】 アイシン 電子 ミシン スーパージーンズ17模様 (SUPERJ17BRF) 茶色 フットコントローラー付き

アイシンは「段差を超えろ」という熱いメッセージと共に、厚物縫いができるミシンを開発してきました。

ハードデニムが9枚重ねまで縫えるというのですから、最強の厚物縫い用のミシンです。

もはや家庭用ミシンの枠を超えているのではないかというパワフル機能。

ミシン自体は電子ミシンですが、ジーンズのサイズを直すならこのミシンがおすすめです。ジーンズを大好きな人にとって、それは一生履き続けるアイテムで、色やデザインの違うジーンズを何本もお持ちのはずですよね。

ジーンズがパートナーであるように、アイシンのスーパージーンズも人生のパートナーになるかもしれませんよ。

 

スカートやパンツの裾を直す

...

スカートやパンツの裾を直す場合、縫い目が外側に出ていないことが多いですよね。

その場合は自分に合ったサイズに裁断したあと、まつり縫いをします。

手でまつり縫いをすることもできますが、ミシンを使ったほうがはるかに早く、丈夫で仕上がりがきれいです。

ミシンのまつり縫い機能を使った裾上げ方法

スカートやパンツの裾上げを、まつり縫いの機能のあるミシンを使ってする方法をお教えします。

パンツを裾上げする場合、ジーンズのときと同じように、下にいくにつれて細くなっているパンツの場合、できあがり線から下の縫い目を外して折り返したときに無理がないように少し広がるように縫いなおしましょう。

スカートを裾上げするときは、カーブ縫いになるためシェイプを壊さないよう細心の注意が必要です。

スカートは下にいくに従って広がっているので、どうしても折り返したときに布が余ってしまいます。

それを補正するために数か所にわずかにタックを入れるか、わずかなギャザーを入れなければなりません。

 

きれいなまつり縫いをするポイント

1.サイズを決めたら定規をつかってチャコペンシルで印をつけます

2.その印にあわせてアイロンをかけ、三つ折りにしてまたアイロンをかけます

そのままひっくり返して表を上にして置き直します。

下の折山の端から5ミリ前後出るように表の布を折り返してまたアイロンをかけます。

待ち針で数か所止めておくと作業が簡単です。

3.ミシンをまつり縫い機能にセットして、折り返した端を縫います

糸はできる限り布の色に近い糸を使ってください。

折り返した部分の端ギリギリに、まつり縫いの三角の山の頂点がくるように縫います。

このギリギリのところに縫うのが慣れるまではちょっと難しいかもしれません。

深いところに縫うと表側から縫い目が目立ってしまします。

かといってギリギリを狙いすぎて外れてしまうと、まつれなくて開いてしまいます。

4.布を表に返して完成です

まつり縫いした部分のアイロンのかけ方

縫い終わって表からアイロンを強くかけてしまうと、縫い目がくっきり目立ってしまいます。

アイロンは裏から低温で優しくかけてください。

まつり縫い機能のあるおすすめミシン

最近のコンピューターミシンにはほとんどまつり縫いの機能は付いています。

まつり縫い押さえを使えばより簡単にまつり縫いができます。

シンガー モナミヌウプラスSC217

ヒット商品モナミヌウプラスの最新版です。

見やすい液晶画面、まつり縫いはもちろん、豊富な機能はコンピューターミシンならではのもの。

広々とした作業スペースのあるシンプルな白いミシンのデザインも人気の秘密です。

このミシンは静音性を高めた機構に改良されたため、夜遅くでも作業できそうですね。

刺しゅう機を追加購入して接続することもできますよ。

 

肩幅や袖幅、丈すべてが大きいときの直し方

old blue sewcraft with 'new light'

何もかも大きくてどう直したらいいか分からないということってありませんか?

裏地がしっかり付けてあるようなものは大変すぎるので諦めたほうがいいかもしれませんが、一枚きりの服であればまだ可能性が残っています。

自分のサイズの服を重ねて置いてみて、サイズ的に直る見込みがありそうなら、思い切って袖も両脇も縫い目を全て外してしまってください。

それから左右対称に注意を払いながら、自分のサイズに印を付けて縫い直しです。

肩幅や袖、脇の下の幅、丈、全て自分のサイズに直して縫い直せば、洋服は見事に変身しますよ。

ミシンのかがり縫い機能

直す箇所が多くてほとんど一から洋服を作るのと同じ場合、切り端をかがり縫いする作業も多くなりますよね。

ミシンの機能の中にかがり縫い機能はついていますが、意外と時間がかかるものです。

そこでおすすめなのがロック用ミシンです。

ロック用ミシンはスピードも速く、ロックも強くしっかりとした仕上がりで、あっという間に一着分全ての箇所のロックができますよ。

おすすめロック用ミシン

業務用ロックミシンは早くて丈夫で、あるととても便利ですよ。

ここでは業務用では高い実績を誇るJUKIのロックミシンを紹介しましょう。

JUKI 高速オーバーロックミシンMO-6804S

JUKIの最新型ロック用ミシンMO-6804Sは、一分間になんと7,000ステッチという超高速です。

しかも低騒音、低振動を実現しました。

これ一台あると面倒なオーバーロックはあっという間ですよ。

何着あっても何ということはありません。

 

まとめ

sew baby sew sew yeah we're right behind you

ミシンでのサイズ直しについて、サイズ直しにおすすめのミシンを紹介しました。

サイズを直すと、イケてなかった服がイケてる服に変身できるんです。

1cm、2cmでもイメージは全然違いますよ。

ジーンズやスカート、パンツの裾上げなどについて説明しましたが、ちょっと幅が大きすぎるのを直すために、幅も小さくするとよりスタイリッシュになります。

丈だけを短くすると比率が変わってしまうので、小さくしすぎないようにさえ気をつければ、ミシンですぐにサイズは直ります

小さくしすぎてしまうと、その縫い目を外すのが一苦労なので、ご注意を。

ミシンを使ってサイズを直して、もっとファッションを楽しんでいただけたらな、と願います。

最後にレンタルの紹介です

さて、Rentioではミシンをはじめ、最新の家電、カメラなどを3泊からレンタルしています。

まずは試してみたい製品、短期間だけあれば良い製品などは是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] ミシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ミシンカテゴリのランキング

ピックアップ記事