RentioPress

おしゃれミラーレス一眼の決定版「CANON EOS M100」レビュー!写真撮影もカメラコーディネートも思い通り

公開日 最終更新日
9,440view
おしゃれミラーレス一眼の決定版「CANON EOS M100」レビュー!写真撮影もカメラコーディネートも思い通り

2017年10月5日に発売となったキヤノンの最新ミラーレス一眼カメラ「EOS M100」。

従来機である「EOS M10」の後継機として発表された「EOS M100」は、最新機能を色々搭載し、これまでの弱点を改良しました。

今回エントリー向け最新ミラーレス一眼「EOS M100」の実機を基にレビューしていこうと思います。

外観レビュー

大きさ

EOS M100 大きさ

小型軽量で人気を集めるミラーレス一眼ですが、EOS Mシリーズもミラーレス一眼の代表格として大きさや軽さを重要視しています

ミラーレス一眼愛用者はその小さいボディや軽さ、持ち運びが楽、デザインがかわいいなどで選ばれる方が多いでしょう。今回新発売となった「EOS M100」も小型軽量ボディを継続し、先代である「EOS M10」からほとんど変化のない大きさ重量を実現しています。

幅は108.2mm高さ67.1mm奥行き35.1mm、CIPAガイドラインによる本体+バッテリーパック+カード含む総重量約302gとミラーレス一眼でも平均的なサイズとなっています。

デザイン

「EOS M100」は、EOS Mシリーズの中でもエントリー向けの位置づけでデザイン性を意識したモデルになっています。

デザインも「EOS M10」と共通性を持たせていますが、ボディ前面に網目の模様を「EOS M100」では採用しています。カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3種類用意されており、好みにあった色のチョイスが可能です。

また、カスタマイズ性にも優れており、別途販売されている「フェイスジャケット」でカメラをコーディネートすることができます。「フェイスジャケット」は、全部で9種類あり、ボディのカラーにプラスアルファでアレンジすることで、自分のカメラをよりオシャレにかわいくコーディネートすることができます

操作性

EOS M100 ボタン配置

「EOS M100」では、先代の「EOS M10」との共通性を意識していることがボタン配置からも分かります。

基本的なボタン配置は同じですが、細かな修正点があります。シャッターボタンは若干斜めに傾いた状態で配置され、水平だったころに比べ、フィット感が増しました。

EOS M100 シャッターボタン

モード切替えダイヤルは「EOS M100」でやや大きくなり、これまでのように小さく切替えに少々器用さが求められる状態ではなくなりました。

「EOS M10」では、電源ボタンに何も記載されていませんでしたが、「EOS M100」では、ON/OFFの記載が追加されました。一度覚えてしまえば忘れることのない電源ボタンの位置ですが、はじめて使用する方にとっては優しい表記になっています。

一つだけボタンの位置が変わった機能が「Wi-Fiボタン」です。「EOS M10」では、「ワンタッチスマホボタン」として存在していたボタンですが、今回Bluetooth搭載(後ほど記載)により、常時スマートフォンとの接続が可能になり、毎回接続が必要だった「EOS M10」でのワンタッチスマホボタンが不要になりました。今回の「Wi-Fiボタン」も使用する機会は限定的で、「CANON iMAGE GATEWAY」などのWEBサービスの情報登録以外ではあまり使用することがないでしょう。

液晶

「EOS M100」の液晶には「EOS M10」から継続して180°回転するチルト液晶を採用しています。上方向に180°回転させることでカメラを自分に向けたときに液晶を確認しながら自撮りなどの撮影に対応することができます。

EOS M100 チルト液晶

液晶の明るさは手動で5段階の内から選ぶことができます。

進化した性能

「EOS M100」で特長としている性能をご紹介していきます。

高速オートフォーカス

「EOS M10」ではAF機能にハイブリッドCMOS AFを採用していましたが、「EOS M100」では、一つひとつの画素が位相差センサーとしても機能する「デュアルピクセルCMOS AF」を採用しています。

「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載により、高速オートフォーカスを実現しました。

EOS M100 タッチパネル

一眼レフカメラとして発売されているEOSシリーズ同様の「ワンショットAF」「AIサーボ」モードから選択が可能で、状況に応じてAF方式を選べます。

またタッチパネルによるピント合わせも可能で、1点AFの場合は画面のタッチした場所に素早くピントが合います。他にもピント合わせには状況に応じたモードセレクトが可能で、人物の顔に特化した「顔+追尾優先AF」や動きの激しい被写体や予測のつかない被写体に向いている「スムーズゾーンAF」があります。

向上した高感度性能

「EOS M100」では、暗いところでの撮影シーンで活躍する性能である高感度耐性も大幅に進化しています。

先代の「EOS M10」では、常用ISO感度100~12800に対して「EOS M100」では、最新映像エンジン「DIGIC7」搭載の影響もあり、常用ISO感度100~25600を実現しています。

エントリーモデルでこれほど高感度に強いカメラはあまり存在せず、夜間などの撮影では他ミラーレス一眼に比較して有利になるでしょう。

決定的瞬間を逃さない連写性能

スポーツや乗り物撮影で必要となる連写性能も「EOS M100」では進化を遂げています。

先代「EOS M10」では、4.6コマ/秒だったのに対して「EOS M100」では、6.1コマ/秒を実現しました。動きの速い被写体に対しては連写性能が非常に重要になってきます。この1.5コマ/秒の増加は決定的瞬間を逃さない大きな性能となるでしょう。

対応する撮影モードの増加

「EOS M100」では新たに「バルブ撮影」「タイムラプス撮影」を撮影モードに追加しました。

「バルブ撮影」は、デジタル一眼レフカメラのEOSシリーズでは一般的になりつつあるモードで、シャッターを任意の間ずっと開き続けることができる機能です。シャッターが開いたままの状態なのでカメラを揺らすと写真もブレた仕上がりになってしまいます。バルブ撮影は夜間などの光源が少ない場合に効果的で、三脚仕様が必須となります。しかしミラーレスの場合、小型軽量のため風にあおられやすく、揺れやすいのが難点です。

「タイムラプス撮影」は、一定間隔で撮影して組み合わせることで早送り動画のような作品を作ることができます。こちらもカメラを固定することが必要ですが、シャッターを開けた状態を継続するわけではないので、画角さえ固定されていれば作品として仕上がります。

クリエイティブアシスト

「EOS M10」でも搭載されているライブビュー画面上でスライダーによる感覚的操作が可能なクリエイティブアシスト。「EOS M100」でも継続採用されていますが、新たに色合い②となる「マゼンタ〜グリーン」の調整機能が追加になりました。

ミラーレス一眼は画面上に仕上がり後のイメージが直接表示されるため、このような色合い調整も撮影前に仕上がりを確認できます。

Bluetooth搭載で常時スマホと接続

EOS M100 Bluetooth

「EOS M100」の新機能としてBluetoothの搭載の話は欠かせません。先代「EOS M10」では、Wi-Fi機能は搭載されていましたが、電源を入れる度カメラとスマートフォンを接続する必要がありました。

しかし「EOS M100」では、カメラの電源をOFFにした状態でもBluetoothでスマートフォンと接続することができます。またBluetoothはWi-Fi接続に比べて消費電力が大幅に少ないため、常時接続でもバッテリー残量を気にすることなく使用することができます。

そしてスマートフォンアプリ「Camera Connect」を使用し、接続することでスマートフォンからカメラ内の写真を確認、取り込みが行える他、スマートフォンの画面上にカメラの映像を表示させ、スマートフォンの操作によるリモート撮影も可能としています。アプリを使用し、スマートフォンと接続することで、後付けでGPSによる位置情報を写真に取り付けることも可能になりました。

EOS M100を使った作例

適正露出を判断

EOS M100 作例
Canon EOS M100, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/500sec, F16, ISO100, 東京都内

強い光源や反射などの光がファインダー内に入っても、カメラが周辺の光量とのバランスを考え、適切な露出に設定してくれます。これまで様々なカメラが苦手としてきた明暗差をよく考えられる設計になっています。

使える機能を最大限に有効活用

EOS M100 作例
Canon EOS M100, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/125sec, F5, ISO100, クリエイティブフィルター「」トイカメラ風」. 東京都内

ミラーレス一眼だからこそ表現できるボケ、様々なパターンが搭載されているエフェクト、チルト液晶だからこそできるローアングル撮影。EOS M100に搭載された様々な機能を使用して魅力的な作品を限りなく生み出せることができます。

質感を出す「ラフモノクロ」

EOS M100 作例
Canon EOS M100, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/80sec, F4, ISO100, クリエイティブフィルター「ラフモノクロ」, 東京都内

現代写真のスタンダードは「カラー写真」ですが、場合によっては「モノクロ写真」を選択することで作品の魅力が増すことがあります。ファインダー内にオブジェクトや変化が多い場合に特に効果的で、シンプルな光景には向かないこともあります。

クリエイティブフィルターは積極的に使おう

EOS M100 作例
Canon EOS M100, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/160sec, F8, ISO100, クリエイティブフィルター「ジオラマ風」. 東京都内

EOS M100の目玉機能でもある「クリエイティブフィルター」。様々なシーン毎に対応する同機能ですが、推奨される場面以外でも使えることは多々あります。作例では、高い位置から見下ろす際に効果的だとされる「ジオラマ風」ですが、真ん中以外がボケることを利用しました。柔らかい仕上がりの中に日本の犇めく様子を表現しました。

まとめ

EOS M100

「EOS M100」は、先代「EOS M10」をベースに更新された後継機ということがよく分かります。好評だった性能や機能は継続的に搭載し、新映像エンジンの搭載により、高感度性能の向上や連写機能の向上を実現しました。

性能向上にも力を入れていますが、「フェイスジャケット」などのコーディネート用アクセサリー類にも力を入れ、購買層である女性層や初心者層への配慮も忘れていないオシャレかつ高性能なモデルとなっています。

操作面でも初心者に優しく、視覚的に設定を操作できるシステムは気軽に撮影する気分にさせてくれる優秀な機能だと感じました。SNSが流行し、写真を気軽にアップロードできる今だからこそ、Bluetoothなどの通信機能は重宝され、若い世代に支持を集めているのでしょう。

「EOS M100」は、まさにカメラをはじめて使う方にピッタリなカメラ。今後の写真界を更に盛り上げてくれるでしょう。

PR

さて、Rentioでは今回ご紹介したCanon EOS M100をはじめ、最新のカメラ、家電製品を3泊からレンタルしています。まずは試してみたい製品、短期間だけあればよい製品などは是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] CANON EOS M100 ボディ ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS M100 レンズキット ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS M100 ダブルレンズキット ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS M100 ダブルズームキット ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事