RentioPress

「FUJIFILMからスクエアなデジタルチェキ「 instax SQUARE SQ10」が新登場!スペック紹介と、既存のチェキシリーズを比較してみました!

公開日 最終更新日
「FUJIFILMからスクエアなデジタルチェキ「 instax SQUARE SQ10」が新登場!スペック紹介と、既存のチェキシリーズを比較してみました!

結婚式やパーティなどいろいろなシーンで見かけるインスタントカメラの代名詞チェキ。
今年新登場したFUJIFILMの「 instax SQUARE SQ10」はチェキの中でも唯一デジタルカメラの性能も兼ね備えた新しいタイプのカメラです。

デジタルで撮影できるこのカメラは従来のチェキにはできなかった新しい性能が盛りだくさん!
しかし、デジタルになったことで失われてしまったこともいくつかあります。

今回は「instax SQUARE SQ10」について詳しく解説していきながら、インスタント写真の歴史を振り返り、既存のチェキシリーズの紹介と比較をしてみました。

デジタルとのハイブリッド!「instax SQUARE SQ10」とは?

Lr43_L1000006
「instax SQUARE SQ10」について詳しく解説していきます。

まずはFUJIFILMの動画を観てみましょう!

動画を観ても分かると思いますが「instax SQUARE SQ10」の一番の特徴は、従来のチェキシリーズとは違い、デジタルカメラの性能を兼ね備えているので、撮影からプリントするまでの間に手を加えることが可能なこと。

インスタグラムのようにさまざまなエフェクトをかけることが可能なことが売りになっていますが、チェキユーザーからすれば同じ写真を何枚もプリントできることの方が大きな利点ではないでしょうか。

また、欠点をあげるとしたら「instax SQUARE SQ10」にはWi-Fiが搭載されていないこと。

メモリーカード経由でデジタルカメラやスマートフォンなどで撮った写真もプリントできるそうですが、「instax SHEAR SP-2」のようにWi-Fi経由でも写真がプリントできれば利用価値はかなり上がりそうですね。

スクエアになったフィルムサイズ!

「instax SQUARE SQ10」の登場でもうひとつ衝撃だったことが、instaxフィルムに「SQUARE」という新たなサイズが加わったこと。
ポラロイド写真にフィルムサイズが近いので、かつてのポラロイド写真が好きだった人にも馴染みやすいフィルムとなっています。

かつてのポラロイド写真がそうだったように、この絶妙なサイズはminiサイズのフィルムにはなかった写真表現の可能性を大きく広げることができるでしょう。

FUJIFILMは「instax SQUARE SQ10」でクリエティブな使い方をすることも促しています!

画質はどうなの?すべてアナログなチェキとは微妙な違い!

FUJIFILM ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10
「instax SQUARE SQ10」で気になるのは、写真の写りです。

「instax SQUARE SQ10」で生成される写真データは1920×1920pixelなので、約370万画素程度。

約370万画素というとデジタルカメラとしてはかなり性能が低いように感じますが、「instax SQUARE SQ10」のプリント時の解像度は318dpiあるのでプリントするのには十分な画質と言えるでしょう。

ちなみにこの解像度は「instax SHEAR SP-2」と同等になります。

「instax SQUARE SQ10」のプリントについては、一番多い感想がアナログのチェキの方が階調が滑らかだという意見。
デジタルカメラの性能なのか、デジタル写真をプリントに焼き付ける際にそうなるのか分かりませんが、「instax SQUARE SQ10」はアナログのチェキよりラチチュードが狭いみたいです。

つまり「instax SQUARE SQ10」は黒つぶれや白飛びが起こりやすいということ。

これがプリント前の露出補正でどこまで軽減させられるかがポイントになりそうですが、綺麗にプリントができる設定を見つける必要がありそうですね!

操作性にはまだまだもんだいがある!?デジタルカメラとしての完成度は?

「instax SQUARE SQ10」のデジタルカメラとしての完成度はまだまだだという感想が多い印象です。
操作のレスポンスが悪かったり、Wi-FiやBluetoothに対応していないことが大きな問題となっています。

しかし、こういった問題点は長い目でみたらいずれ改善されるでしょう。

使い方はいろいろ!チェキの可能性は確実に広がった!

「instax SQUARE SQ10」にはまだまだ不完全なところが多くあるので、従来のアナログなチェキを使う人と「instax SQUARE SQ10」を使う人に大きく別れそうです。

しかしFUJIFILMが示した可能性はチェキユーザーの心がっちりと掴んだことは間違いでしょう。
気になる方は一度「instax SQUARE SQ10」試してみることをおすすめしますよ!

インスタント写真の歴史!ポラとチェキ何が違うの?

Lr43_L1000276
ポラロイド写真やポラという呼び名はインスタントカメラの写真の総称のように言われることがありますが、本当は違うのです。
ポラロイド写真とはアメリカのカメラメーカー、ポラロイド社のインスタントカメラで撮った写真の総称

つまりFUJIFILMのチェキで撮った写真をポラと呼ぶのは、実は間違っているのです。

ちなみにポラロイド社は2008年にポラロイドフィルムの製造を終了し、現在は「ZINK Paper」というインスタントフィルムとは異なった性質のフォトペーパーによるインスタントカメラを製造しています。

ポラロイドの意思を受け継いだインポッシブル社!

ポラロイドフィルムは生産終了しましたが、実はそれをそのまま引き継いだメーカーがあるのです。

2008年にポラロイドフィルムが生産終了になった際に、ポラロイドフィルムの存続を願う一部の有志たちにより発足したのがインポッシブル・プロジェクト(後のインポッシブル社)。

このプロジェクトはポラロイド社の生産機材を購入し、かつてのポラロイド社の工場をリースすることから始まりました。

しかし、機材や工場は同じものであっても、使用するポラロイド社の薬剤はすでに生産終了しているため、独自の薬品を開発する必要があったのです。
このため規格こそはポラロイドフィルムと同じですが、写真の写りはポラロイドフィルムと全く異なるのです。

このフィルムの味わいを敢えて好む人や写真家もいますが、お世辞でも良いフィルムだとはまだ言えません。
フィルムの価格も「instax SQUARE」と比べると2倍以上するので、あまりおすすめもできないのが事実です。

チェキのフィルムの種類って何があるの?

現存するインスタントフィルムはFUJIFILMとインポッシブル社によるものだけです。
チェキは別名instax(インスタックス)とも呼ばれ、フィルムは「instax SQUARE」が登場するまでは基本的に二種類でした。

みなさんもご存知だと思いますが、一般的なチェキのフィルムは「instax mini」と呼ばる縦長のタイプ。
「instax mini」はカラーとモノクロのフィルムが基本で、フレームのデザインが違うものがいくつかあります。

もうひとつが「instax WIDE」。
「instax WIDE」のフィルムはカラーのみで一種類しかありませんが、大きさが「instax mini」をちょうど横に二つ並べた大きさで、インスタントフィルムを存分に味わうことができるサイズ感です。

そして今回新たに加わったのが「instax SQUARE」。
「instax SQUARE」のフィルムはちょうど「instax mini」を横に正方形にしたサイズ。
かつてのポラロイドフィルムやインポシッブル社のフィルムよりも、若干小さいのが特徴ですね!

インスタントカメラをおすすめする理由!

インスタントカメラはフィルム代がかかってしまうのですが、現時点で最も手軽にアナログ写真が楽しめる手段のひとつです。

高精細なデジタル写真が一般化する中で、味わい深いアナログ写真は写真本来の楽しみを思い出させてくれますよ。
経年変化していくアナログ写真を眺めるのも、また一興です。

今も人気上昇中!FUJIFILMのチェキシリーズについて紹介します!

sweet little camera
チェキのフィルムにはいくつか種類があるのを知ってもらえたと思いますが、フィルムのサイズに合わせてカメラもいくつか種類があります。

一番人気の「instax mini」シリーズに関しては、デザイン違いだけで7種類。

本体のカラーバリエーションも入れると17種類もあるのです!

また、チェキシリーズは大きく2つの種類に分けることができます。

完全にアナログなタイプとデジタルとのハイブリッドタイプ。

今回登場した「instax SQUARE SQ10」は後者のタイプですが、この2つのタイプによって写りが微妙に違うという話も聞きます。

それでは順にチェキシリーズを紹介していきますね!

デザインも豊富!これこそチェキ「instax mini」シリーズ!

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック ブラック INS MINI 90 NC
「instax mini」シリーズの中で最もおすすめなのが「instax mini 90」。
クラシックカメラをモチーフとしたレトロなデザインが特徴のチェキですが、この機種は性能が他のチェキとは違うのです。

「instax mini 90」の特筆すべき性能は、シャッタースピードが速くなる「キッズモード」とチェキシリーズで唯一「マクロ撮影」に対応している点。

また、シャッターも「二重露光モード」や「バルブモード」などが使えるようになり、チェキでできる表現の可能性が大きく広がっています。
「instax mini 90」は従来のチェキよりもよりマニュアルで、いくつか設定を変えることが可能になったニュータイプなのです!

通常のチェキの倍のサイズ!?「instax WIDE」シリーズ!

FUJIFILM インスタントカメラ チェキWIDE instax WIDE 300 INS WIDE 300
チェキに馴染みのない方はあまり知らないかもしれませんが、WIDEサイズのinstaxフィルムを使えるのが「instax WIDE 300」。

WIDEサイズのinstaxフィルムになるので、一枚あたりのフィルムの値段が上がってしまいますが、本体価格は「instax mini」シリーズとそんなに変わりません

高性能になった「instax mini 90」に比べたらむしろ安いくらいです。

「instax WIDE」シリーズの特徴はやはりフィルムが大きい点。
miniサイズのフィルムとは違い、一枚でも部屋に飾れるような迫力のある写真が撮れます。

また「instax WIDE」シリーズのカメラには「濃淡コントロール機能」が搭載されていて、写真の明るさを3つの設定から選ぶことが可能。
「instax mini」シリーズにはなかった機能で、チェキでできる表現の幅を広げることができますよ!

スマホの写真をチェキのフィルムにプリントできる!「instax SHEAR SP-2」

FUJIFILM スマートフォン用プリンター “スマホdeチェキ" instax SHARE SP-2 シルバー
「instax mini」と「instax WIDE」シリーズはすべてがアナログなインスタントカメラですが、実は「instax SQUARE SQ10」が登場する以前にチェキシリーズにはデジタルからinstaxフィルムに写真を焼き付けるプリンターがありました。

それが「instax SHARE SP-2」。
使用できるフィルムのサイズはminiサイズで、Wi-Fi経由でスマートフォンやFUJIFILMのデジタルカメラから直接プリントができるのが特徴です。

デジタルカメラのパキッとした写真がチェキ風な仕上がりになるところなどは、「instax SQUARE SQ10」と似ている点ですね。

スマホdeチェキ” instax SHARE SP-2 シルバー

アナログフィルムにしか味わえない写真がある!

More Photos with camera - Fujifilm Instax Mini 90 NEO CLASSIC Instant Camera
チェキシリーズについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
「instax SQUARE SQ10」はデジタル処理を取り入れることで、アナログのチェキで大きな問題だった失敗プリントの可能性を克服し、焼き回しの要望を見事に取り入れた新しいインスタントカメラになっていましたね!

デジタル写真が普及している現代ですが、アナログフィルムにしかない独特の味わいは心に響く特別なものがあるような気がします。

チェキでしか味わえないアナログフィルムをぜひ堪能してみてください!

最後にレンタルの紹介です

さて、Rentioでは今回紹介したinstax SQUARE SQ10をはじめ、最新の家電、カメラなどを3泊からレンタルしています。

まずは試してみたい製品、短期間だけあれば良い製品などは是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] FUJIFILM instax SQUARE SQ10Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 チェキカテゴリのランキング

ピックアップ記事