RentioPress

世界初!明るい超広角レンズ!SIGMAの「14mm F1.8 DG HSM」ってどんなレンズ?

公開日 最終更新日
世界初!明るい超広角レンズ!SIGMAの「14mm F1.8 DG HSM」ってどんなレンズ?

この度、サードパーティーレンズメーカーの雄、SIGMAから発売された「14mm F1.8 DG HSM」ですが、SIGMAのwebページを見ると、「世界初・唯一開放値F1.8の超広角レンズ」なんてことが書いてあるじゃありませんか。
これはもうどんな写真が撮れるのか気にならないわけがありません。

それでは、詳しく見ていきましょう!

SIGMA 14mm F1.8 DG HSMについて

さて、まずは「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」がどんなレンズなのかについて。

このレンズは、独自のセンサーを持つデジタルカメラや、各社用交換レンズの世界では有名なSIGMAが新たに世に送り出した世界初の唯一開放値F1.8の超広角レンズで、なんと焦点距離が14mmしかないという、フルサイズセンサー用のレンズとしてはまさに超広角と呼べるレンズです。

その上、レンズの明るさを表すF値は今までの広角レンズの常識では2.8程度だったところ、標準レンズなどと同等の開放1.8というずば抜けた明るさを持っているレンズです。

また、キリっとした写真に定評のあるSIGMAのレンズらしく、端まで歪みのない撮影ができるのも大きな特徴の一つです。

現在のところ、対応マウントは追加のNikon用も含めて3マウント

多くのカメラマウント用にレンズを提供する、サードパーティーレンズのメーカーとしても名高いSIGMAですが、今回の「14mm F1.8 DG HSM」が使用できるのは今のところSIGMAの自社マウントであるSAマウントの他には、CanonのEFマウント、NikonのFマウントの二種類

それ以外だとマウントアダプターを利用すればSonyのEマウントにも対応していますが、ここで紹介した以外の、例えばPentaxのカメラなどでは、現在のところ使用することができませんので注意が必要ですね。

歪みのないレンズと9枚羽根の円形絞りで抜かりない性能

さて、上の方でも書きましたが、このレンズの凄いところは「明るい」ということだけではありません。

作例などを見てもらえば分かる部分ではありますが、とにかく端の方までしっかりと綺麗!

一般的に、広角レンズと言えば端の方に行くにしたがってどうしても歪みが出てしまい、いわゆる「流れ」と呼ばれたりする現象が起きてしまいがちです。
そういったネガティブな部分を、今回の「14mm F1.8 DG HSM」では、直径80mmという大口径のグラスモールド非球面レンズを使用することで徹底的に潰した結果、端から端まで流れのない切れ味の鋭い超広角撮影を可能にしました。

また、他にはない開放F値1.8という特徴を最大限に活かすため、9枚羽根の円形絞りを採用した結果、ボケ味がきれいに出ているのも大きな特徴です。

そもそも、交換レンズの「明るい」「暗い」って何なんでしょう?という方に

Warsaw (Old Camera)

ここまで読み進めてきて、はたと「ところでレンズの明るい暗いって?」と我に返った方もいるかも知れませんね。

それではここで簡単にその辺りにも触れてみましょう。

明るいレンズと暗いレンズの違い

簡単に一言でいうと、交換レンズを見たときに必ず書いてある「F値」の部分の数字が小さければ小さいほど「明るいレンズ」なのです。
逆に、相対的に大きければ「暗いレンズ」ということになります。

今回の「14mm F1.8 DG HSM」の場合、F1.8となっており、現状「世界初の明るい超広角レンズ」となります。
一般的には、明るいレンズを使用すると、

「暗い室内などでもシャッタースピードが稼ぎやすいので被写体ブレが少ない」
「低感度でも使用しやすく、ノイズの少ない写真が撮影しやすい」
「暗いレンズと比較してボケを作りやすい」

などの特徴があり、ここら辺だけを見ると良いことずくめのレンズです。

それじゃあ明るいレンズには欠点がない?

性能面では間違いなくおすすめなのが明るいレンズなのですが、それ以外の部分で見たときにはそれなりに欠点もあります。

すべてのレンズが当てはまるわけではないのですが、明るいレンズというのは、よく「大口径レンズ」と言われていることからも分かる通り、比較的大きく重たいものが多く、何本ものレンズを持ち歩くことを考えると、かなりキツイと言わざるを得ません。

また、大口径であるがゆえに、非常に高品質な大きいレンズを何枚も使用しているので、比較的高額になってしまうことが多いです。
そんな中、今回の「14mm F1.8 DG HSM」は、これだけの品質を持った国内生産のレンズとしては、メーカー希望小売価格で219,000円と、他と比べてもまだましな値段ではありますが、衝動買いができる金額か?と尋ねられたら首を横に振るしかありません。

一般的に「超広角」と呼ばれるレンズとは?

SIGMA DP1x

レンズの焦点距離の話になると「35mm換算で~」などと話を広げるとややこしくなってしまいがちなのですが、今回はカメラの話ではなくレンズの話なので、ここでは単純に焦点距離でお話しします。

一般的に「超広角レンズ」とは、焦点距離が24mm以下のものを指すことが多いです。

遠くのものを大きく写すのが「望遠」、人の目で見たときの感覚に近いのが「標準」、目の前に広がる景色を広く写せるのが「広角」と、それぞれに分かれますが、広角よりももっと広く写し撮ることができるのが「超広角」と呼ばれるレンズです。

広く写せる代わりに、被写体そのものがかなり小さく写るので、写真の中でも大きくしたい部分があるときには相当近くに寄らなければ思ったような写真にならないので、使いこなすにはそれなりに慣れが必要です。

魚眼レンズとの違い

同じような焦点距離のレンズの中に「魚眼レンズ」というものがあります。

一昔前に流行った「鼻の大きい犬の写真」で使われたレンズと言ったら伝わるでしょうか?

画面の端に行けば行くほど強烈な歪みがあり、非常に特殊な写り方をするので、正直、常用するにはちょっと厳しい部分もありますが、使い方次第ではとても面白い写真が撮れるレンズです。

それではこの「魚眼レンズ」と「超広角レンズ」とでは何が違うのでしょうか?

答えは簡単。
上の方でも少し出てきましたが、超広角レンズは「極力端の方での歪みを消し込んだレンズ」、反対に魚眼レンズは「端の方に行くにしたがって強烈に歪ませるレンズ」ということで、焦点距離は近くても、レンズの方向性は真逆を向いています。

撮影した写真を見ると違いは一目瞭然なので、どちらを買うか悩む人はほとんどいないでしょう。
それほどまでに両極端なのが、この二本のレンズなのです。

今までの常識では「F2.8」まで

これまでも、超広角レンズというジャンル自体は存在していましたが、ここまで明るい超広角、いや、もう少し広く「広角レンズ」というジャンルで言っても、ここまで明るいレンズがあったでしょうか?

そもそも「写りが良くて明るいレンズ」となると、そこまでたくさんの選択肢があるわけでもなく、大抵は皆さん定番の同じレンズを使っているという状況が一般的なのですが、そんな中で今まで存在していなかった「開放F値1.8の超広角レンズ」という選択肢が増えたことは実はとてもすごいことなのです。

それも数値だけではなく、実際の作例を見ても素晴らしいということになれば、新たに今後のレンズラインナップについて悩み始める方もいるかも知れない、というくらいの出来事だと思います。

明るい超広角レンズの可能性や使い方を解説します

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

さて、そろそろ「レンズが凄いのは分かったけれど、結局どんな写真に向いてるレンズなの?」と思っている方もいるかと思いますので、独断と偏見による「超広角レンズの使い方」を紹介したいと思います。

星空の写真を綺麗に撮りたいなら

このレンズが、他の広角や超広角と呼ばれるレンズたちと比べて圧倒的に優れている面、それは「明るいこと」と「歪みが少ない」という点。

それらを存分に活かすなら、まずはやっぱりシンプルに「星空を撮影する」ことをおすすめします。
星空を撮影する時にネックになるのは「星が動く」こと。(厳密には地球ですが…)

つまり、今までだと星の動きに合わせてカメラが動くなどといった、割と専門的な装備がないと、写真の中の星がブレないようにしながら、たくさんの星を一枚の写真に収めることが難しかったのですが、レンズ自体が明るくなったことで、星がブレないギリギリのシャッタースピードで、今までよりたくさんの星を一枚の写真に写し撮ることが可能になったのです。

カメラ、三脚、レンズの三点セットだけで、きれいな天の川の写真が撮れるなんて考えただけでもワクワクですね!

披露宴など、室内での写真を撮るのなら

カメラを趣味にしていると言うと、式典での写真とか、披露宴での写真なんかを頼まれてしまう方も多いのではないでしょうか?

こういった場合、実際の式場などは思っていた以上に暗く、ブレブレの写真が量産されることから、次に頼まれたら断ろうと思っている方も少なくはないでしょう。

しかし明るいレンズがあれば、多少暗いところでもシャッタースピードを今までより一段は上げることができますし、感度に関しても同じことが言えます。

望遠、標準の明るいレンズは珍しくありませんが、超広角まで対応できるとなれば、もしかするとプロでも撮れない写真が撮れる可能性もあるでしょう。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSMに合うカメラって?

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

今回の「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」に合わせたカメラを選ぶなら、やはりレンズの性能を端から端までしっかりと活かしきれるボディが望ましいところです。
となると、センサーサイズと換算距離の都合上、APS-Cセンサーを積んでいるカメラはいまいちです。
せっかくの超広角がもったいないです。

といったわけで、フルサイズセンサーを採用しているCanon、Nikonのどちらか…としたいところなのですが、ここはあえて「SIGMAのレンズの能力を出し切る」という観点で、SIGMA独自の「APS-H Foveon Quattroセンサー」を搭載した「Sd Quattro H」というカメラを選んでみたいと思います。
「デジタルカメラ」という製品単体で見ると機能性やスピード感など、Canon、Nikonのフラッグシップと比較すると、やはりそこは残念な点もあるカメラではありますが、やはり唯一無二のFoveonセンサーを積む現在のSIGMAの実質的なフラッグシップ機でこのレンズを使ってみたいというのが正直な感想です。

驚きの解像力と明るい超広角 このレンズでしか撮れない写真があります

Sunrise tree

今回の「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」いかがだったでしょうか。

普通にレンズを単体で見てみると、「どれも同じ黒い筒」と思うかもしれません。
また、書かれている文字や数字を見ても「何のことやら」となるのが一般的でしょう。

しかし、いざレンズを付け替えて撮った写真を見て、多くの人は驚きます。

同じカメラで撮ったのに写真ってこんなに変わる?」と。

「カメラはしょせん、レンズの性能を引き出すためのもの」という人もいるくらい、レンズ一つで写真は大きく変わります。
キットのレンズしか使ったことのない方は、できれば一度お店にカメラを持ち込んで、店頭のレンズを付けさせてもらってみてください。

きっと今までとは写真の楽しさが変わってくるはずですよ。

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事