RentioPress

2018年に初心者が買うべき「デジタル一眼カメラ」厳選5選

公開日 最終更新日
14,616view
2018年に初心者が買うべき「デジタル一眼カメラ」厳選5選

新年明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えるとともに新たなチャレンジに挑む方も多いと思われます。写真が身近な今だからこそ、デジタルカメラを新しい趣味として考える方も多いのではないでしょうか?

今回は「これからカメラを始めたい!」という方に向けて2018年にオススメできるカメラを5つご紹介します。

「どのようなカメラがいいのか?」「どこを基準に選べばいいのか?」優しくご紹介していきます。

カメラの選び方

カメラ購入を検討するとき、次のような基準があると思います。

「画質がキレイ」「大きさ重さ」「値段」「望遠機能」「夜間撮影」「連写性能」など、デジタルカメラでは悩み要素が満載で判断が難しいと思います。

特に画質面では「DIGIC7新搭載!」「約2420万画素CMOSセンサー採用」など初めて見る方には謎めいた単語が多く並んでいます。

結論からお話しすると、近年発売されているカメラは日中の晴天時であれば差はほとんど目立つことはありません。「キレイな画質」というのはどのカメラでも最低条件で、どんなカメラでもこだわっている部分の一つです。

今回カメラを始める方には「どのような場面で撮影するか」を基にカメラの選び方を知って頂きたいと思っています。

特徴のある場面を中心に必要な機能など選ぶ基準をご紹介していきます。

夜間など暗い場所での撮影

夜景撮影

高感度にどれだけ強いかに注目!

よく一眼レフで撮影されたキレイな写真をテレビやインターネットで見る機会も多いと思います。ここで勘違いしがちなのが「一眼レフならどのカメラでも夜間撮影ができる」ということです。

実は一眼レフの中にも暗い撮影に向き不向きがあり、気をつけなければなりません。

夜間など暗い場所での撮影は、「常用ISO感度」という高感度耐性が一番重要になります。「常用ISO感度100~25600」といった形で表され、「ISO感度」という数値が高くなるほど暗い場所には強くなります

「常用ISO感度」の数値の幅が広いものを選ぶと暗い場所でもキレイに明るく写すことができます。

旅行用で長時間使いたい時

旅行写真

バッテリーの駆動時間に注目!

カメラもバッテリーで動く機械です。そのため動作時間には限りがあります。

デジタルカメラなのでメモリーカードは書き込みも消去も自由自在。それでもバッテリーの減りは時間をかけて充電しない限り避けられない問題です。

カメラによってバッテリーの持ち時間も大きく変わります。特に「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」ではバッテリー駆動時間に大きな差があり、長時間の撮影では「ミラーレス一眼」は不利だとされています。

これから始めるならレンズキットがおすすめ

レンズキット

ダブルズームキットがあると便利!

一眼レフカメラではカメラ本体では撮影することができず「レンズ」が必要になります。

ほとんどのエントリー向け一眼レフモデルには、「レンズキット」と呼ばれるカメラ本体とレンズがセットになった商品が存在します。このようなキットは、初心者が使うのに最適なレンズがセットになっており、別々に購入するよりも安く済む場合がほとんどです。

レンズの種類ですが、各メーカーから発売されている「ダブルズームキット」がオススメです。望遠というのは焦点距離(〇〇〇mm)などで表され、焦点距離の数値が大きくなるほど望遠レンズとして力の発揮をし、遠い場所の被写体でもファインダーに大きく写すことができます。

以上の3つを抑えておくとカメラ選びも楽になると思います。

おすすめカメラ

Canon EOS Kiss X9

Canon EOS Kiss X9

エントリーモデルの定番機!

手軽で簡単に一眼レフを始めるのであればこのモデルは間違いないでしょう。

エントリー向けデジタル一眼レフとして「EOS Kissシリーズ」は最も人気のある一眼レフカメラです。シリーズ最新作となる「Canon EOS Kiss X9」は、これまでシリーズとして販売されてきたシリーズの良いところを継続させて、最新機能の追加や性能を向上させたエントリー向けモデルの定番です。

これまで弱かった高感度耐性も性能を向上させ、暗い場所でも画質を落とすことなく写真をキレイに残すことができます。ミラーレス一眼と比較すると重さは増加し、サイズも大きくなりますが、それでも一眼レフの中でも小型軽量を実現しています。

バッテリーは一眼レフの特長でもある「長持ち」がはっきりと分かり、フル充電時のファインダー撮影時では常温時で約650枚が撮影可能とメーカー公式サイトには記載されています。

しかし私の経験上では旧モデルであるEOS Kiss X5で、一度の充電で1,000枚以上は撮影できた実績があるので、最新モデルであるEOS Kiss X9のバッテリーは、性能が上がっており、公式サイト記載の枚数は低めに設定されているものと思われ、更に撮影枚数は増やせるでしょう。

そのため長時間の撮影でもバッテリー残量を気にすることなく撮影することができます。一日のスケジュールが多い旅などに最適なカメラです。

型落ちモデルが安い!Canon EOS Kiss X7

予算次第では旧モデルも選択肢の一つ

最新モデルであるEOS Kiss X9では価格的に少し厳しいという方には、一つ前のモデルである「Canon EOS Kiss X7」がオススメです。

一世代のモデルということで最新モデルと比較すると高感度耐性などの画質に関する性能は多少劣りますが、こちらのモデルは「世界最小最軽量一眼レフ」という特長で大ベストセラー機となりました。

特長通り質量約370g(ブラック)というEOS Kiss X9よりも軽量な本体は、持ち歩くときは楽で、手に持って撮影するときも腕などに負担がかかりません。

バッテリーはEOS Kiss X9と共通しており、カメラ本体の性能差で枚数に微かな違いは出ると思いますが、長時間撮影でも問題なくバッテリーは継続するでしょう。

価格も3万円ほど安価であり、はじめての一眼レフにはこちらを選ぶ方も発売から4年以上経った今でもいます。

Canon EOS M100

Canon EOS M100

小型軽量ボディでお手軽撮影!

キヤノンが新発売のミラーレス一眼として発売した「EOS M100」。ミラーレスの歴史はまだ浅く、古くからのシリーズは存在しませんが、人気エントリーモデルであった「EOS M10」の後継機として誕生しました。

特長としては一眼レフよりも小型軽量でデザインも女性向けにかわいらしい仕上がりになっています。

また一眼レフのように「ファインダー」が付いておらず、背面ディスプレイ上に写して撮影するというスマートフォンやコンパクトデジカメのような操作感で撮影できることが魅力的です。

ディスプレイ上に映像を映し出すことも影響し、ミラーレス一眼のバッテリーは長持ちしないと言われています。それでも観光地でスナップ写真を適度に撮影する程度であればバッテリーは問題なく持つことでしょう。

ボディが小さいので画質の面を気にされる方もいるかと思います。実は「EOS M100」に搭載されているイメージセンサー(映像エンジン)は、一眼レフに搭載されているセンサーと同じであるAPS-Cサイズを使用しているため、一眼レフカメラと比較しても画質に大きな差はありません

高感度耐性もEOS Kiss X9同様に性能は向上しており、暗い場所での撮影もノイズ少なく写真に残すことができます。

その軽さと小ささ、性能の良さは歩き旅にベストなカメラとなるでしょう。

型落ちモデルが安い!EOS M10

はじめてのカメラにも最適

先ほどもご紹介した通り、「EOS M100」の前モデルである「EOS M10」は、型落ちモデルとしてひそかに注目を集めるカメラでもあります。

当然ながら過去のモデルになるため、性能が落ちる箇所は多々ありますが、これからカメラを始めるという方には満足いく性能です。

「EOS Kiss X7」同様にスタートは型落ちモデルからという選択もありでしょう。

Sony α6000

Sony α6000

実はすごいソニーのミラーレス一眼!

ソニーから発売されているミラーレス一眼「α6000」。近年のカメラ界ではソニーは地道に性能の良い製品を提供し続けています。キヤノンやニコンの陰に隠れて目立たない存在になっていますが、実は性能面で差をつけている仕様項目も数多く存在します。

意外にもα6000の発売は3年以上も前ですが、性能を見てみると最近発売された他のミラーレス一眼製品と同等の性能を保有していることが分かります。画素数はもちろん、常用ISO感度も現代に通用する性能を保有しています。

オートフォーカスは非常に優秀で、AFが反応する範囲が極めて広いことが特長です。位相差AFセンサーを搭載していることで素早いオートフォーカス、動きのある被写体にも高速で正確なピント合わせを実現しています。

連写性能でも力を発揮します。最高約11コマ/秒は動きのある被写体には効果的な連写性能となっています。発売から既に3年以上経過していることもあり、後継機に注目が集まるところですが、新製品発表までにも価格は下降傾向にあるため、今後は更に低価格で高性能なカメラとしてお買い得な製品となるでしょう。

Nikon1 J5

Nikon1 J5

独自のセンサーは目的次第で大活躍!

比較的ミラーレス一眼市場では出遅れているニコンですが、今後はミラーレス一眼開発も避けられない事業として開発を進めることを計画しています。

今回ご紹介する「Nikon1 J5」は、ニコンの数少ないミラーレス一眼です。ニコンではミラーレス一眼用に専用のセンサーを開発し、「CXフォーマット」というコンパクトデジカメ以上フォーサ―ズ以下に位置する13.2×8.8(mm)のセンサーサイズになっています。

このサイズはこれまでご紹介した他社のカメラと比較すると大幅に小型化されており、35mm換算にしたときの倍率に大きく影響します。これまでの3製品に搭載されているのは、APS-Cセンサーで1.6倍でしたが、ニコンの「CXフォーマット」では2.7倍となっています。

例えば同じレンズで100mmと焦点距離を指定してもフルサイズでは1.0倍で100mm、APS-Cでは1.6倍で160mm、CXフォーマットでは2.7倍で270mmという画角を実現できるのです。そのため遠くのものを大きく写すことに適している「望遠性能」が充実しています。

しかしセンサーサイズは大きいほど高感度耐性や画質に影響するので、暗い場所での撮影や画質に関しては他社製カメラと比較すると性能が劣る結果となりました。

価格は今回ご紹介する製品の中では最安値で、ダブルズームキットで最安値5万円をきる価格なため、望遠撮影がしたいときや価格の安さを求めるにはオススメのカメラです。

Canon EOS 80D

Canon EOS 80D

初心者から上級者まで長く使える安定のモデル!

少し値段は上がりますが、これからずっとカメラをやっていきたいと自信のある方はステップアップしたモデルを持つことも選択肢の一つとして考えられるでしょう。

キヤノンの「EOS 80D」はランクでは「ハイアマチュアモデル」として扱われています。中級者以上が使うモデルのようにも感じますが、初心者の方でも一度持てば長く使えるカメラとして能力を発揮してくれるでしょう。

エントリーモデルと違ってカメラ本体は大きく、重量も増加しますが、頑丈に作られたボディは壊れにくいカメラとしても期待できます。

シャッターボタンの側には電子表示パネルを搭載しています。表示パネルでは現在の撮影設定が一目でわかる情報ディスプレイになっていて、エントリーモデルには搭載されていない機能になっています。

ハイアマチュアモデルながら手軽に撮影を楽しめるとして人気を集める「EOS 80D」。少し手を伸ばしてみてワンランク上のカメラから始めるのも一つでしょう。

製品比較表

製品名Canon EOS Kiss X9Canon EOS M100Sony α6000Nikon1 J5Canon EOS 80D
映像素子APS-C
22.3mm×14.9mm
CMOS
APS-C
23.5mm×15.6mm
CMOS
13.2mm×8.8mm
CMOS
APS-C
22.3mm×14.9mm
CMOS
映像エンジンDIGIC7(最新)BIONZ XEXPEED 5ADIGIC6
有効画素数2420万画素2081万画素2430万画素2420万画素
有効センサーサイズAPS-CCXフォーマットAPS-C
記録媒体SDHCカード
SDカード
SDXCカード
SDHCカード
SDカード
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
microSDHC
microSDXC
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
フォーカス専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式デュアルピクセルCMOS AF方式ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)ハイブリッドAF(位相差AF/コントラストAF)、AF補助光付専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式
測距点9点(中央:クロス測距、F2.8対応時に縦線検出)49点(顔+追尾優先AF時の最大)179点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)シングルポイント:171点のAFエリア(中央部105点は位相差AF)/オートエリア:41点のAFエリア45点(クロス測距点:最大45点)
シャッター速度1/4000~30 秒1/16000~30 秒1/8000~30 秒
連続撮影速度5コマ6.1コマ11コマ最大約60コマ7コマ
常用ISO感度標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
標準:ISO100~25600標準:ISO160~12800標準:ISO100~16000
拡張:ISO25600
質量406g266g285g231g650g

まとめ

2018年に入るともちろん新製品の話題も出てくるでしょう。新製品が注目されがちですが、その陰で旧製品は価格が下がってきていることが多くあります。

今回ご紹介したモデルには最新モデルもあれば、発売から既に結構経っている製品もあります。比較してみても発売時期で大きく性能差が出ることはなく、「新しいから高性能」という訳ではありません。

冒頭でご紹介した「撮影場面に応じたカメラ選び」が大切になります。

暗い場面が多いのであれば高感度耐性に注目する、長時間撮影であればバッテリーの持ち時間に注目する、これから始めるのであればレンズキットが存在するモデルを選ぶなどに注目してカメラ選びを行いましょう。

購入前にレンタルという方法も

カメラ購入前というのは不安と期待が入り混じる瞬間だと思います。「自分が買ったカメラは果たして良いのか…」「ちゃんと期待通りの力を発揮してくれるのか…」など心配することは当然だと思います。

そんなときは「Rentio」のレンタルサービスを使ってカメラを試しに使用することもおすすめです。購入前に短期間使ってみて実際の様子が分かることで安心してカメラ購入をすることができます。

Rentioでは今回ご紹介したカメラ製品をはじめ、家電製品全般を3泊から貸し出ししています。是非レンタルで欲しいカメラを試してくださいね。

[レンタル] 一眼カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事