RentioPress

失敗しないベビーカーの選び方・ポイントとは?おすすめメーカー大公開!

公開日 最終更新日
失敗しないベビーカーの選び方・ポイントとは?おすすめメーカー大公開!

こんにちは、ママライターウチムラです。

ベビーカー、高いですよね。バンバン乗り換えられるものじゃありません。ベビーカーは子供を乗せるものなのでバンバン壊れても困ります…。

ベビーカーの選び方は、価格・メーカーなど…選ぶポイントはいくつもありますが、「コレ!」とピンときても、簡単に決めてしまうと後で後悔する羽目になるかもしれません。

とにかく事前調査が大事です!

今回は、筆者の実体験を基に、後悔しないベビーカーの選び方をお伝えします。

あなたの生活スタイルは?

ベビーカー選び、「友達が使っているから」「雑誌で人気と書いていたから」「ネットで評判がいいから」…と「いいらしい」という情報で決めてしまうのは早計です!

あなたの生活スタイルだと、「いい」と書いていた所が逆に「悪い所」になってしまうかもしれないんです。

例えば、「タイヤが大きくて安定していていいよ」という情報。だけど、バス利用をしてみると、狭い車内で大きなベビーカーは邪魔になってしまいます。

たためばいいと思っていても、赤ちゃんが寝ているとたためなかったり、たたんでもタイヤまではサイズを変えられません。

実際、筆者はバス利用が多い地域に住んでいましたが、ベビーカーが車内で幅をとってしまい、他の利用客の乗り降りに迷惑になっているのを見かけました。

ベビーカーを利用するときの周辺環境などをよく考えた上でベビーカーを選びましょう

YES・Noチェックで自分にあったポイントを見つけよう

今はどのベビーカーも特色があり、目移りしますよね。あれもこれもと機能を選んでいると結局ベビーカーを決める事が出来なくなってしまいます。

「生活スタイル」「自分に本当に必要なポイント」「優先順位」を明確にすることがとても重要です。

ベビーカー圏内の生活環境に階段はある?

YESなら軽量ベビーカーがおすすめ。階段を登るときに背の低い方は引っかかってしまうので、持ち上げに無理がないかもチェックしましょう。

バスや電車など公共交通機関によく乗る?

YESなら片手ワンタッチでたためるタイプがおすすめ。片手でたためないタイプもあるので要注意です。電車が混雑してきた時に、赤ちゃんを抱っこしていてベビーカーを使っていない時、多々あります。そういう時は率先してたたみましょう。

しかし、赤ちゃんを抱っこして、荷物を片手で持った状態でベビーカーをたたむ…非常に重労働なので、簡単にたためるものを選びましょう。

ベビーカー下部の収納カゴ、サイズは大きいものがいい?

YESならA型ベビーカーの方が容量が大きいのでA型を選びましょう。その中で、容量も各メーカー様々なので、自分がどれくらいの荷物量になるのか把握して検討するのが良いでしょう。

ちなみに、いわゆるマザーズバックの容量は25L位のものが多いようです。しかし、大容量のベビーカーは重いベビーカーが多いです。荷物が少ない方や、リュックを使用する方は下部収納の優先順位は下げて良いと思います。

デザインは重視する?

海外メーカーはスタイリッシュなものが多く販売されていて、街中でも目を惹きますよね。国内メーカーは、幌の裏生地が可愛かったり、幌の窓にかかる布をリボンにできたりと、ちょっとしたデザインの配慮がされているものが多いです。

デザイン重視ならメーカーを先に数社あげておいて、その他の優先順位で当てはまるものを検討するか、ベビーカーはその他の特色で選び、おしゃれなベビーカー用グッズで他の方と差をつけるのもいいかもしれません。

レビュー記事を参考にしよう

レビュー記事や比較記事はネットで多数出てきます。この時に、上記ポイントや、気になることをピックアップしておくと、レビューも読みやすくなります。実際の写真なども見られるので、家に置いたサイズ感なども確認できるでしょう。

また、実際に使用しているママの声は非常に参考になりますが、くれぐれも「いいとこ取り」しないように気をつけてください。大事なお子さんを乗せるのは、他のママではありません。

レビュー記事は「参考」です。最後は自分の目でよく見て、しっかり考えて決めましょう。

実際に試乗してみよう

候補が決まったら、実際に店舗に行って試乗し、操作性を確認することを強くおすすめします。「小回りがきく」と文章で書かれていても、実際操作しないとわからないものです。

また、お子さんが気持ちよく乗ってくれるかもポイントの一つ。お出かけができるようになるまではベビーカーを購入せず、お出かけするようになったら実際に店舗で乗せてみましょう

我が家のベビーカー候補は「コンビ」になりました

我が家では、まずは値段が優先度が高かったです。安い海外メーカーのものを購入しようと思っていましたが、レビューで壊れやすいという話をよく目にしたので却下。国内メーカーでとにかく耐久性があり、有名で安心感のある「コンビ」にしようと決定しました。

コンビ製品にも数多くの種類があり、当時軽量ベビーカーが流行っていたので、周りでも海外メーカーかコンビの軽量か二択でした。

大人気”コンビのベビーカー”徹底比較!赤ちゃんに最適おすすめベビーカーをご紹介 – RentioPress

そんな中、候補に挙がったのはコンビの中で「軽量ベビーカー」「眠りに特化したベビーカー」

今回は、筆者も悩んだコンビの「軽量ベビーカー」と「眠りに特化したベビーカー」をご紹介します。

コンビ ホワイトレーベル スゴカル 4キャス compact エッグショック HH

重量は、オート4キャス史上最軽量の5kg(オート4キャスとは:対面・背面のハンドル切り替えに連動して、進行方向に対し前輪キャスターだけが自動で回転するベビーカーのことです)。
座面下の「持ちカルグリップ」を持ってベビーカーを脇に抱えることで、さらに軽く感じます。お子さんや重い荷物を抱えていても軽々持てるのは魅力です。

また、卵を落としても割れない超・衝撃吸収素材「エッグショック」搭載で、赤ちゃんの頭を振動から守ります。タイヤは4輪ソフトサスペンションで、路面からの振動を軽減します。

軽いだけじゃなく、赤ちゃんの乗り心地もきちんと考えられたベビーカーです。

製品詳細

  • 対象月齢:1ヶ月〜36ヶ月頃(体重15kg以下)
  • 重量:5.0kg
  • サイズ:開:W487×D770~950×H870~1070mm
    閉:W487×D450~480×H860~1010mm
  • リクライニング:125°〜170°

コンビのベビーカー「スゴカル」はおすすめ?口コミ・評判・デメリットを徹底調査! – RentioPress

ネムリエ オート4キャス UF

“空気を編む”という発想から生まれたエアウィーヴを搭載。体圧分散で体への負担を軽減し、通気性のある素材で汗っかきな赤ちゃんも快適に。冬は空気断熱効果で暖かく過ごせます。

ネムリエにも「エッグショック」が搭載されており、さらに4輪ソフトエアサスペンションで不快な振動からも赤ちゃんを守ります。
安定感バツグンで、まさに「眠りに特化した」ベビーカーです。

製品詳細

  • 対象月齢:1ヶ月〜3ヶ月頃(体重15kg以下)
  • 重量:7.1kg
  • サイズ:開:W498×D885~1035×H1030~1125mm
    閉:W498×D410×H920~1010mm
  • リクライニング:125°〜170°

※現在は、さらに進化した「アンブレッタ オート4キャス エッグショック UH」が販売されています。


コンビのベビーカー「アンブレッタ」はおすすめ?口コミ・評判・デメリットを徹底レビュー! – RentioPress

ベビーカーを選ぶ際の優先順位

我が家では、軍配はネムリラに。こんな時、優先順位を決めていたことで選びやすくなりました。

ちなみに我が家の優先順位は、

① 耐久性:買い換えたくないので、子供の乗る3年間しっかり使えるものを選びました。
② 安定感:操作性が悪いとがたついて子供が心地悪いと思ったので、しっかりした座面・タイヤを選びました。とにかくベビーカーで寝ていてほしかった!
③ 価格:海外メーカーは憧れでしたが…コスパを考えると国内メーカーは優秀です。
④ 片手ワンタッチ開閉:公共交通機関を使用するので、必須でした。おかげで利用するのが怖くありません!
⑤ 重量:持ち上げる頻度はそこまでなかったので、ちょっと重いくらいならと7kgのネムリラを選びました。重いですが、11kgの子供の荷物を持ちながら持ち上げてます。

まとめ

ベビーカーは最長3年は乗ります。3年間しっかり使えるか、不満なく使い続けられるか、ちゃんと見極めてから購入しましょう。

しかし、店頭での試乗は限られた時間しかできませんし、実際のお出かけとは環境が違います。なかなか店頭での試乗で決められないですよね。

そういう場合はレンタルが便利。購入前に自宅付近で乗せてみたりお出かけして、じっくり試してみるのもおすすめです。

また、Rentioの「コンビ ベビーカー 乗り換え放題パック」ではバンバン乗り換えられるので、ベビーカーを使いながら、自分に合ったものを吟味したい方におすすめです。

なんと自然故障なら無償なので、不具合が出たら交換して新しいベビーカーに乗ることができます。安心してお出かけできますよ。

[月額レンタル] Combi コンビ ベビーカー乗り換え放題パック – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 ベビーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事