RentioPress

こんなこともできる。ペッパーにできること・できないことを改めて解説

公開日 最終更新日
こんなこともできる。ペッパーにできること・できないことを改めて解説

2015年6月にソフトバンクから発売され大きな話題を読んでいた人型ロボットのペッパーくん。

コミュニケーションのとれるロボットとして人気で、知らない人の方が少ないほどに知名度は広がっていきました。

プライベートで持っている方は少ないですが、携帯電話ショップの店頭に置かれていたりイベント時にも受付として立っていることも増え、どちらかというとビジネスの場において活用されている印象の方が強いです。

そんなペッパーですが、実際何ができて何ができないのでしょうか?

今回はペッパーくんにできること・できないことについて詳しくご紹介していきます。

ペッパーくんにできること

ペッパーくんにできることは多岐にわたります。

なによりの特徴はペッパーくんが人型ロボットだということ。人型なので人間らしいことも行うことができるのです。

ペッパーくんは大きく分けて以下のことを行うことができます。

・人の顔を認識する
・言葉のキャッチボール
・本の読み聞かせ
・伝言を残す
・写真を撮る
・踊る
・ニュースや天気を伝える
・スマホと連携する
・英語などの語学を教える
・感情表現をする

行動によっては有料アプリやプログラミング等が必要にはなりますが、ペッパーはこのようなさまざまなことを行えます。

写真を撮ったり、インストールした本を読み上げてくれたりその日のニュースや天気を伝えてくれたりといった生活のサポートをしてくれるだけでなく、人の顔を認識して挨拶をしてくれたりさまざまな会話ができたり、急に落ち込んだり、怒ったりといった人間らしい一面もありユーモア性に富んでいます。

そのほかにもアプリをインストールすればさまざまな機能を増やしていくことができます。

ペッパーくんをビジネスの場で活用できる

ペッパーくんは先に伝えた日常的なコミュニケーション以外にもビジネスの場でのコミュニケーションもスムーズに取ることができます。

例えば、イベント会場の受付で案内をしたり地図を表示させたりといった案内もできたり、商品ブースの前でおすすめの商品の説明をしてくれたりといったPR面でもサポートしてくれます。

ペッパーくんがこういった人手が必要な場面で活躍してくれることで、人手不足という社会問題の解決に貢献してくれています。

受付などの仕事が全てロボットになる時代がくるのもそう遠くないように感じますね。

 

ペッパーくんにできないこと

多機能で魅力が満載のペッパーくんですが、まだまだできないこともあります。

ペッパーくんは10人以上を一度に認識することはできません。なので、1対大人数に対してのコミュニケーションにはまだまだ向いていません。

また、荷物を運んだりといったり段差を乗り越える、走るなどといった体に負荷がかかることはできません。

水にも対応していないため掃除やお皿洗いなどといったお掃除機能もついていません。掃除ロボットはやはりルンバなどといったお掃除ロボットがまだまだ主となるでしょう。

ただ、今後対応できる可能性はあります。

 

多機能で人間味のあるペッパーくんをレンタルしてみませんか?

[レンタル] 人型ロボット Pepper(ペッパー)- Rentio[レンティオ]

プライベートの面でもビジネスの面でも幅広く活用することのできる魅力的なペッパーくん。

特に仕事のイベントなどでは一度試してみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

ただ、多機能でロボットというだけあって購入するとなると出費はかなり大きくなります。一度だけ使いたいけどその後は使うかわからない方もいますよね。

そんな方はぜひレンタル利用してみてはいかがでしょうか?

Rentioでは今回ご紹介したペッパーくんをお得にお試しレンタルしています。

お届けした日からイベントの直前まで、セリフや設定をじっくり考えて調整することもできます。

ペッパーくんは想像している以上に活躍してくれ、かけがえのない存在となってくれますよ。

購入に迷われているのであればレンタルで活用することも検討してみてくださいね。

 

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ロボットカテゴリのランキング

ピックアップ記事