RentioPress

初心者が最初に選ぶべき5つの360度カメラ!2018年最新モデルを紹介

公開日 最終更新日
224view
初心者が最初に選ぶべき5つの360度カメラ!2018年最新モデルを紹介

近年注目を集めるカメラとして「360度カメラ」があります。名前の通り、360度全方位撮影することができるカメラとして、全く新しい写真や動画スタイルが話題を呼んでいます。

SNSなどの投稿でもよく見かけるようになり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな360度カメラが気になって使ってみたいという方におすすめの初心者向け360度カメラの選び方とおすすめモデルをご紹介していきます。

360度カメラとは?

360度カメラと聞いて簡単にそのものを想像するのは難しいでしょう。

簡単にご説明すると、「カメラの周り360度全て写すことができるカメラ」です。

おそらくこれを聞いても理解できない方も多いと思います。私も最初はその一人でした。なので、まずは360度カメラで撮影した作例をご覧ください。

THTEA撮影 at Hong Kong International Airport – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

このように全方位が1つの画像に含まれており、これらをスマートフォンやPCの画面上でグリグリ動かすことができます。

360度カメラは通常カメラ本体の前後に1つずつレンズが付いており(例外あり)、これらそれぞれが超広角レンズとなっており、2つのレンズで写し出された画像を組み合わせることで360度画像へと仕上がります。

はじめての360度カメラで注意したいポイント

最近では少しずつ360度カメラとしてのラインナップが充実してきました。様々なモデルがある中で選択に迷うこともあるでしょう。

ここからは初めての360度カメラとして選ぶ際に気にするべきポイントをご紹介していきます。

スマートフォンとの連携

360度カメラ スマートフォン連携

一眼カメラやアクションカメラなどでは大きさや重さ、価格や画質などでそれぞれのモデルに大きな違いが出てきますが、360度カメラに関しては画質面で若干の違いが出るものの、近年発売されたカメラは軒並み4K動画撮影に対応し、値段も飛びぬけた存在がないため、大きな違いとは言えません。

しかし外部機器との連携面で各カメラにて大きな違いが出るため要注意です。

アプリの完成度が重要

360度カメラ アプリ

各カメラで専用のスマートフォン用アプリが存在しますが、それぞれの使いやすさや機能性は大きな違いが出てきます。

このような部分は、360度カメラにおいて歴史のあるシリーズを保有するメーカーや、一眼カメラなどのアプリで培った技術を保有するメーカーが強いとされています。

モデルによってはお手持ちのスマートフォンに対応していない事や、アプリの動作が不安定であることも多いため、注意が必要です。

初心者におすすめ360度カメラ5選

360度カメラについての基本をご説明したところで、ここからは初心者が最初に購入するのにおすすめの360度カメラ5つをご紹介していきます。

簡単な操作性、安定した連携機能、手の届きやすい価格などから選んだ、はじめに買うべき360度カメラたちです。

1. RICOH THETA SC

¥22,778 (2018/10/18 19:21:10時点 楽天市場調べ-詳細)

リコーが販売するTHETAシリーズは、360度カメラの中でも一番と言えるほどの知名度を誇ります。その中でもTHETA SCは、お手頃価格で満足できる360度撮影が可能なモデルとして人気を集めています。

最大動画記録画質はFull HDと、他社から販売されている360度カメラと比較すると数値上での画質は劣りますが、スマートフォンなどで鑑賞する分には十分な高画質を実現します。

スマートフォン用のアプリも非常に安定した動作を実現します。THETAシリーズとして伝統的に開発されてきた実績が直接品質へとつながっています。唯一の欠点はメモリーカードなどの外部ストレージに対応しておらず、内蔵メモリーのみで使用する必要があります。

おすすめポイント

  • 360度カメラの中でも超有名シリーズの入門モデル
  • 使いやすく安定したアプリで簡単な撮影・転送・編集を実現

専用アプリのダウンロード

‎「RICOH THETA」をApp Storeで

RICOH THETA – Google Play のアプリ

THETAの使い方ガイドはこちら

[保存版]RICOH THETAの使い方。接続から撮影まで初心者にもわかりやすく解説 | RentioPress

2. Insta360 Nano S

Insta360
¥31,299 (2018/10/19 16:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

Insta360社が販売するInsta360 Nano Sは、スマートフォンとの連携を最大限に考えられた360度カメラです。

どのようにスマートフォンと連携するかというと、カメラ本体をlightning端子にて直接スマートフォンに取り付けることができ、撮影を行うことができます。Insta360 Neno Sは、iOS端末専用モデルです。

専用のアプリも存在するため、Wi-Fiなどの通信を必要とせず、簡単に撮影および画像転送を可能とします。microSDの外部ストレージ使用に対応しているため、容量を気にしない撮影も可能です。

おすすめポイント

  • スマートフォンに直接取り付けることができ、撮影時もコンパクト
  • アプリも簡単操作でらくらく撮影を実現

専用アプリのダウンロード

‎「Insta360 Nano S」をApp Storeで

Insta360 Nanon S 実写レビューはこちら

Insta360 Nano Sを人気観光地でレビュー!他の360度カメラにはないメリットを徹底解説 | RentioPress

3. Insta360 Air

先ほどのInsta360 Nano Sでは、iPhoneなどのiOS端末専用でしたが、こちらはAndroidスマートフォン専用の360度カメラとなります。

一見対応端末が変わっただけと思いがちですが、球状のカメラとなっており、Insta360 Nano Sとは全く違うカメラになります。

少し古いモデルですが、microUSBタイプUSB type-Cタイプが存在し、どちらのAndroidにも対応しています。片手で包み込めるような小型ボディも大きな魅力で、携帯性にも優れた360度カメラです。

おすすめポイント

  • Andoroidで使える貴重な360度カメラ
  • 超小型ボディで収納場所にも一切困らない

専用アプリのダウンロード

Insta360 Air – Simple, snappy 360 photos & video – Google Play のアプリ

4. Kandao QooCam

こちらは最近になって日本に進出した中国のメーカーであるKandao社が販売するQooCamです。

このカメラの面白いところは、L字型へと変形することで360度撮影モードから180度3D撮影モードへと変更することが可能です。この2つのモードを使い分けることができるカメラは珍しく、遊び方の幅が広がります。

また、カメラとスマートフォンの接続は、アプリ上の操作のみで簡単に接続すること可能で、連携性にも優れたカメラになっています。

  • 360度VR撮影と180度3D撮影を可能とするマルチタイプ
  • 難しい操作を必要とせず簡単にスマートフォンへと接続が可能

専用アプリのダウンロード

‎「QooCam」をApp Storeで

QooCam – Google Play のアプリ

KanDao QooCam 実写レビューはこちら

最新360度カメラ「KanDao QooCam」実写レビュー。VRと3Dの撮影を1台のみで実現 | RentioPress

5. Kodak 4KVR360

コダック
¥57,000 (2018/10/19 16:10:24時点 Amazon調べ-詳細)

最後にご紹介するのはコダックの360度カメラ「4KVR360」です。

こちらは真四角のボディに球状のレンズがそれぞれ1つずつ両面に搭載されています。こちらもこれまでご紹介してきた360度カメラ同様に非常にコンパクトな携帯性を実現しており、専用のポーチも付属する利便性にも優れたモデルになります。

専用アプリも存在し、簡単撮影を実現しますが、他社製のアプリと比較して少々動作が不安定なことが懸念材料として挙げられます。

おすすめポイント

  • 斬新なデザインかつ小型ボディで専用ポーチが付属されている持ち運びに最適なタイプ
  • 画質は4Kを実現し、高画質での360度画像や映像の撮影が可能

専用アプリのダウンロード

‎「PIXPRO SP360 4K」をApp Storeで

PIXPRO 360 VR Remote Viewer – Google Play のアプリ

360度カメラという新しい表現方法

初心者 おすすめ360度カメラ

これまではレンズやズーム機能を使用することで限られた画角しか撮影することのできなかった写真や映像などの撮影ですが、360度撮影は新たな表現方法として期待される分野です。

THTEAなどでは専用の編集アプリなども存在し、SNSなどへアップロードするためのエフェクト効果や、まるで地球の上になっているような表現となりリトルプラネット機能が使用できることから、単純な360度撮影作品ではないのです。

360度撮影は全ての方向が写ってしまうことから撮影場所が一つの問題となりますが、観光地や大自然に囲まれた場所などでは、その場の雰囲気を一番鮮明に残すことができるカメラと言えるでしょう。

360度カメラはレンタルできる

今回ご紹介してきた360度カメラは、比較的安く購入することができますが、それでも数万円するような商品を購入するには勇気がいるでしょう。

新しく購入する前に試したいと思う気持ちは皆同じですが、そんな願いを叶えてくれるのがカメラのレンタルサービスです。

家電レンタル「Rentio」では、今回ご紹介したおすすめ360度カメラを始めとする人気デジタルカメラを豊富なラインナップから選んでレンタルすることが可能です。

ぜひ未知な360度撮影の世界をレンタルすることで試してみませんか?

[レンタル] 360度カメラ特集 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事