RentioPress

[2018年版]見違える高画質。4Kビデオカメラの特徴とおすすめカメラ5選

公開日
[2018年版]見違える高画質。4Kビデオカメラの特徴とおすすめカメラ5選

スマートフォンの普及によって誰でも気軽に動画撮影が楽しめる時代になりました。

ただ、運動会の記録など本格的な映像を残したいのであればまだまだビデオカメラを利用するほうが綺麗で高画質な映像を残すことができます。

最近では4K映像の撮れるビデオカメラも充実していて、多くの方から人気を集めています。

そんな4Kのビデオカメラにはどのような特徴があるでしょうか?

今回は、4Kのビデオカメラの特徴とおすすめの機種をご紹介します。

そもそも4Kとは?

4Kは4000という数字を意味しています。例えば、テレビの場合、横×縦の画素数が4000×2000前後の規格のことをいいます。

4Kの以前の規格はフルHDで、横×縦の画素数が1920×1080のことをいい、現在では2Kと呼ばれることが多いです。

2Kの場合は拡大すると画像のツブツブが目立ちますが、4Kは拡大しても細部まで綺麗に写ります。

4Kビデオカメラは、このように拡大しても綺麗に映る高画質な撮影が可能なビデオカメラのことをいいます。

4Kビデオカメラの特徴

フルHDのビデオカメラとは一味違う4Kビデオカメラ。

どのような特徴があるでしょうか?

4Kビデオカメラのメリット

  • フルHDよりもさらに高画質な状態で録画ができる
  • 映像がきれいなため静止画も高画質で撮影可能

4KビデオカメラはフルHDよりも画素が高いため、かなり高画質な状態で録画できるのが大きな魅力。

その画質は肉眼で見るほど美しく、とても驚くほどです。

また、ビデオカメラの静止画機能は画質があまりよくないことも多いですが、4Kビデオカメラの場合はかなり高画質な状態で、写真として残すことが可能です。

4Kビデオカメラのデメリット

  • 価格がかなり高い
  • データサイズがかなり大きい
  • 4K対応のテレビやパソコンを利用する必要がある

4Kビデオカメラのデメリットをあげるとすると、価格がかなり高いこと。
フルHDビデオカメラの2倍以上の金額がかかってしまうこともあるので、購入をためらってしまう方も多いです。

また、高画質なためデータサイズがかなり大きく、保管に苦労してしまう面もあります。

さらに4Kに対応したテレビやパソコンでないと再生が難しいため、そのような点を考慮して利用する必要があります。

おすすめの4Kビデオカメラ5選

それでは4Kビデオカメラの売れ筋のおすすめ5機種を紹介します。

SONY FDR-X3000

まずご紹介するのがビデオカメラ販売シェアナンバー1のSONYのFDR-X3000。

圧倒的にブレに強いウェラブルカメラというキャッチコピーで販売されていて、その名の通りソニー独自の圧倒的な手振れ補正機能である空間光学ブレ補正を搭載しています。

また、水しぶきがかかっても安心な防水、防滴加工がされているため、雨の日でも気軽に撮影できます。

バッテリーの消費が激しいのが少しデメリットに感じる方もいるかもしれません。

PanasonicHC-VX985M

続いてご紹介するのがパナソニックのVX985M。

4K撮影が可能なビデオカメラにもかかわらず、軽量で小型なのが魅力的。

さらにこちらのビデオカメラはあとから補正機能が搭載されていて、広角で撮影しあとから編集するといった便利な機能があるため、撮影後に好きなように編集を加えていくことが可能です。

JVC GZ-RY980

続いてご紹介するのがJVCのEverio GZ-RY980。

こちらは防水、防塵、耐衝撃、耐低温に対応したビデオカメラでどんな場所でも利用できるのが特徴です。

また、JVCの強みである大容量バッテリーも内蔵されていて、4Kモードで約4.5時間の連続撮影が可能なのも魅力的。

ダブルSDカードスロットが搭載されているためサイズの大きい4K動画の撮影でも容量を気にすることなく撮影ができます。

SONY FDR-AX45

続いてご紹介するのがソニーのFDR-AX45。

ソニーの4Kビデオカメラの中でもハイエンドな機種です。

ズームしてもブレない空間光学手ブレ補正はもちろんのこと、撮りたい範囲がちゃんと入る最大広角26.8mmのレンズや4K撮影時30倍のズーム機能がバリエーション豊富な撮影を可能にしました。

また、撮影した映像を、カメラが自動でショートムービーに仕上げるハイライトムービー作成機能や、動く被写体にピントを合わせ続けるロックオンAF撮影機能など充実した機能が搭載さ入れています。

Panasonic HC-VX1M

続いてご紹介するのがパナソニックのビデオカメラHC-VX1M。

重さは473gとスペックに対してかなり軽く機能性に優れいているのが特徴です。

パナソニックの独自の機能であるオートフォーカス機能が搭載されているため、スポーツなどの撮影もブレを防いで素早くピントを合わせることが可能です。

また、傾き補正機能がついているためカメラを斜めにして撮影してしまった場合でもカメラが自動的に水平に補正してくれます。

値段が気になる方は、お試しで4Kビデオカメラを利用してみよう

4K撮影が可能なビデオカメラは、フルHDのビデオカメラに比べてどうしても価格が高額になってしまいます。

4Kビデオカメラが気になるものの、値段に抵抗がある。ただ、どれくらい画質がいいのか確かめてみたい、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は一度レンタルしてお試しで利用されてみてはいかがでしょうか?

Rentioでは、ビデオカメラの販売シェアナンバー1のソニーのビデオカメラの以下3機種を3泊4日からレンタル販売しています。

まずはお試しで利用してみて、4K動画のきれいさを体感してみてはいかがでしょうか?

[レンタル] SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX30 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX40 ブラウン – Rentio[レンティオ]

[レンタル] SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX60 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ビデオカメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事