RentioPress

なんでもいいは×。4Kビデオカメラにに付属するSDカードを選ぶときの注意点とおすすめカードまとめ

公開日 最終更新日
なんでもいいは×。4Kビデオカメラにに付属するSDカードを選ぶときの注意点とおすすめカードまとめ

4Kのビデオカメラが数多く販売されるようになり、値段も以前に比べて求めやすい価格帯で購入できる時代になってきました。

4Kで撮影した動画の魅力は何よりも高画質なこと。フルHDの2倍の解像度を誇っているためどんな景色でも鮮明に映し出してくれます。

この記事をご覧の方の中には4Kカメラの購入を検討している、もしくは購入して記録用にSDカードを購入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、4Kビデオカメラに利用するSDカードは何でもいいというわけではありません。

今回は4Kビデオカメラに用いるSDカードを選ぶ時の注意点と、おすすめのSDカードをご紹介します。

 

4K動画撮影に必要なスピードクラスとは

4Kに対応したビデオカメラに対応するSDカードには条件があります。

ビデオカメラだけでなく、一眼レフカメラの進化も著しいため現在では4000万画素以上のカメラも販売されるようになりました。

そのためSDカードはこれまで以上に性能が求められるようになったのです。

 

容量だけでなくスピードを見ることも重要に

4Kで撮影した動画は容量が大きいので容量の大きなSDカードを用意しておけば安心と考える方も多いかもしれません。

ただ、4K動画の場合は容量が大きいだけでは保存に向いていないのです。

調べなければいけないのはSDカードの書き込みのスピード。

SDカードの記録するスピードが高性能でないと、撮影する容量に対して記録が追い付かないのです。

ビデオカメラが要求する性能に満たないSDカードを利用していると、書き込みが間に合わなくなり撮影が途中で止まってしまう恐れがあります。

 

スピードクラスの見分け方

では、容量以外に見るべきポイントはどこになるのでしょうか。

ここで登場するのがスピードクラスという規格です。SDカードにはスピードクラスという規格が設けてあり、そのクラスの表示を確認して処理スピードを判断します。

スピードクラスには「スピードクラス」、「UHSスピードクラス」、「ビデオスピードクラス」の3つがあり、4Kの動画撮影の時に注目すべきポイントはスピードクラス、もしくはビデオスピードクラスです。

スピードクラスはSDカードに2~10までの数字が記されていて、ビデオスピードクラスはSDカードにVideo(ビデオ)のイニシャルであるVの表記がされていて、その横に6~90の数字が記されています。

その数字が大きければ大きいほど処理速度が速く4Kの動画撮影に適しているといえます。

 

4K動画撮影に合ったSDカードの選び方

では実際に、4Kビデオカメラでの動画撮影に合ったSDカードはどの数字を基準に選ぶのがよいでしょうか?

容量とスピードクラスを基準にご紹介します。

 

容量は32GB以上を選ぼう

4Kビデオカメラで動画撮影をするのであれば、SDカードは必ず32GB以上を選ぶようにしましょう。

4K動画は容量がとても大きく、32GBより一段階小さい16GBの場合、撮影可能な時間が約30分とかなり短いです。

32GBであれば1時間、64GBであれば1時間20分ほどの動画撮影が可能になるので、32GB以上のSDカードを購入するのが安心でおすすめです。

 

メーカーは信頼できるメーカーを選ぼう

また、SDカードはさまざまな種類のメーカーが発売していて値段もピンからキリまでありますが、なるべく信頼できるメーカーが販売するSDカードを利用することをおすすめします。

SDカードは繊細で壊れやすい部分もあるため、撮影中に急に壊れたりすると大事なイベントの記録を残せなくなってしまうといった可能性があります。

また、4Kの動画撮影はSDカードへの負荷も大きいです。

そのため、32GB以上で、信頼できるメーカーのSDカードを3つほど所持しておくことをおすすめします。

 

4Kビデオカメラの動画撮影におすすめのSDカード3選

それでは4Kビデオカメラの動画撮影におすすめのSDカードをご紹介します。

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 TS64GSDU3

はじめにご紹介するのは有名SDカードメーカーのトランセンド・ジャパンの販売するSDカード。

64GBという大容量を記録でき、スピードも優れているにもかかわらず価格が安くコストパフォーマンスに優れいてるのが特徴です。

このSDカード1枚で、1時間以上の撮影ができるのでとてもおすすめです。

Panasonic 64GB SDXCメモリーカード RP-SDUC64GJK

続いてご紹介するのがパナソニックの販売するSDカード。

国内大手メーカーの販売するSDカードなだけあって信頼性も高いです。

さらに大容量、撮影/取り込み速度共にとても高いため、ビデオカメラでの4K動画撮影をストレスなく行うことができます。

 

I-O DATA SDメモリーカード 64GB UHS Class10対応 4K SDU3-64G

最後にご紹介するのがI-O DATAが販売するSDカード。

4K動画の撮影に最適とメーカーが押しているように高速規格のUHS スピードクラス3に対応しているだけでなく、読み取り速度や書き込み速度もかなり早いのが魅力的。

4K動画はSDカードが速度不足の場合、映像が途切れてしまうことがありますがこちらのSDカードを利用すれば映像の途切れに悩まされることなくスムーズに記録が可能です。

 

一時的に利用したい方はレンタルで利用するのもおすすめ

4K対応のビデオカメラの撮影時におすすめのSDカードについてご紹介してきました。

ただ、特定のイベントの時だけにSDカードを利用したいという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には、大容量のSDカードをレンタルして利用してみるのも一つの手です。

Rentioでは大手SDカードメーカーSandiskの256GBの大容量SDカードを3泊4日からレンタル販売しています。

数日だけ集中的に利用したいという方はぜひレンタルでの利用も検討してみてくださいね。

SDカード Sandisk エクストリーム SDXC UHS-I 256GB – Rentio[レンティオ]

 

 

 

 

 

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ビデオカメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事