RentioPress

新製品Insta360 Pro2を従来モデルと比較して進化したポイントを徹底解説

公開日 最終更新日
376view
新製品Insta360 Pro2を従来モデルと比較して進化したポイントを徹底解説

2018年8月21日に発表となった人気360度カメラシリーズ「Insta360」からプロフェッショナル仕様であるInsta360 Pro2

従来機Insta360 Proの更新版として発表されたPro2ですが、どのような性能が向上し、気になる新機能などを従来機と比較検証していきます。

新ハードウェアとセンサーを搭載

Insta360 Pro2では従来機Insta360 Proからあまり大きさを変えることなく、アップグレードされた新ハードウェアを搭載。これにより従来機よりも美しく、高品位な360°VR映像を撮影が可能です。

新センサーだからこそ幅の広いダイナミックレンジ

映像の表現で活躍するセンサーも新規採用。新たな高性能センサーは、幅広いダイナミックレンジで表現力豊かな描写を実現します。

撮影可能モードは8K 3D (30fps)、8K 2D (60fps)、6K 3D (60fps)、4K 3D (120fps)と、従来機よりも大幅に性能が向上しました。

ジャイロセンサーの性能向上

Insta360 Pro2 スタビライゼーション機能

Insta360 Pro2では従来機Insta360 Proよりジャイロセンサーの性能を向上させ、6軸センサーから9軸センサーへと進化しました。

これにより映像内での手ブレ補正効果が強化され、ストレスを感じない、滑らかな8K VR動画を実現します。

Insta360 ONEで定評のあるFlowState機能を搭載

2018年3月にInsta360 ONEのファームウェアアップデートで実現された「FlowState Stabilozation」。ジンバルを使用しているような手ブレ補正効果を実現するこの新機能は話題を呼びました。

Insta360 Pro2ではFlowState機能を搭載し、大幅に性能が向上した手ブレ補正機能で、移動しながらの撮影で大きな効果が期待できます。

遠く離れた場所からのリモート撮影

Insta360 Pro2 Farsight機能

Insta360 Pro2付属のFarSight機能は、リモート撮影において大きな力を発揮します。Insta360 Proではオプションでしたが、Pro2では標準同梱品となります。

リモート撮影の常識を変える遠距離操作

カメラ本体にアンテナ2本を立て、スマートフォンと連携する受信機を使用することにより、高画質でタイムラグの少ない360度映像モニタリングを実現します。

このFarSight機能を使うことにより、地上で300mの距離間、地上と上空間では3kmの遠距離でも接続することが可能で、これまでのリモート撮影のイメージが一新されました。

バッテリー動作時間短縮も考慮された設計

Insta360 Pro2 バッテリー性能

従来機Insta360 Proよりあらゆる性能が向上したことで、電池使用量も増加します。従来機と比較してInsta360 Pro2では、バッテリー動作時間が25分も短い50分となっています。

1つのバッテリー動作時間は短いものの

移動しながらの撮影などでは長時間撮影に向いていないような性能に見えますが、使用バッテリーは、ホットスワップ対応であるため、継続的な録画も可能です。

必要な外部ストレージが増加

Insta360 Pro2 外部ストレージ

従来機Insta360 Proでは、スピードクラスv30、容量128GB以上のSDカード1枚で撮影を可能としていましたが、Insta360 Pro2では必要外部ストレージの仕様が大幅に変わりました。

microSDカード6枚+SDカード1枚が必要

Insta360 Pro2では、6枚のレンズそれぞれにmicroSDカードを必要とし、全てのスロットに挿入する必要があります。さらに6枚のmicroSDカード以外に、メタデータやプロキシファイルを保存するためのSDカード1枚も必要となり、撮影に準備や入れ替え作業に手間がかかります。

それでも分散させた外部メモリーカードの影響により、ビットレートの高い映像を実現します。

Insta360 Pro2 従来機との製品仕様比較表

モデル名Insta360 Pro2Insta360 Pro
動画スペック7680 x 7680 @30 FPS (8K 3D)
7680 x 3840 @60 FPS (8K 2D)
6400 x 6400 @60 FPS (6K 3D/2D)
3840 x 3840 @120 FPS (4K 3D/2D Binning)
7680 x 3840 @30 FPS (8K 2D)
6400x 6400 @30 FPS (6K 3D/2D)
3840 x 3840 @60 FPS (4K 3D Binning)
3840 x 1920 @120 FPS (4K 2D Binning)
動画モード静止画 / バースト(10枚の連続撮影) / AEB / タイムラプス(全てのモードでRAW撮影可能)静止画 / バースト(10枚の連続撮影) / HDR / RAW
静止画モード静止画 / バースト(10枚の連続撮影) / AEB / タイムラプス(全てのモードでRAW撮影可能)静止画 / バースト(10枚の連続撮影) / HDR / RAW
映像エンジン標準モード / High FPSモード (全てのモードでI-log可能、 DOL-HDR撮影も特定のモードで可能)標準モード / Binning モード / タイムラプス(Flat-colorは全てのモードで利用可能)
ライブストリーミング本体サーバー配信、 外部サーバー配信、HDMI出力 (4K配信中に8K記録が可能)本体サーバー配信、 外部サーバー配信、HDMI出力、Aerial モード (4K配信中に4K記録が可能)
ビットレート最大120Mbps最大40Mbps
ジャイロセンサー9軸ジャイロ6軸ジャイロ
スタビライゼーションFlowState stabilizationStandard gyro stabilization
リアルタイムモニターInsta360 Farsight (同梱)Insta360 Farsight (オプション)
ストレージ6 MicroSD Card+1 SD Card1 SD Card / USB 3.0
バッテリー動作時間50分75分
重量1386g1228g

さらに高品位のVR映像を

Insta360 Pro2 比較

もともとInsta360 Proシリーズはプロフェッショナル仕様のカメラとして登場しています。それだけに求められるのは操作性よりもカメラの撮影における性能です。

Insta360 Pro2では、基本的な映像の画質向上はもちろん、移動時の撮影で効果を発揮する手ブレ補正機能や、カメラ本体と離れても撮影することができるリモート撮影性能など、あらゆる面がプロフェッショナルの現場で活躍する最新360度カメラとなっています。

Rentioではレンタルサービスも展開予定

今回ご紹介したInsta360 Pro2ですが、購入するとなると大きな出費になるでしょう。そんな時におすすめなのがレンタルサービスです。

家電レンタル「Rentio」では、Insta360 Pro2のレンタルサービスも発売後に展開予定です。現在は従来機であるInsta360 Proのレンタルを行っています。

その他、Insta360シリーズを取り揃えているので、ぜひ新たな映像世界である360度カメラを試してみてくださいね。

[レンタル] Insta360Pro プロフェッショナル360カメラ【3D撮影】【8K解像度】 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事