RentioPress

最新360度カメラ「KanDao QooCam」実写レビュー。VRと3Dの撮影を1台のみで実現

公開日 最終更新日
1,971view
最新360度カメラ「KanDao QooCam」実写レビュー。VRと3Dの撮影を1台のみで実現

最新カメラの中でも異彩を放つ存在である360度カメラ。カメラの周囲360度全てを一度に記録してしまう不思議なカメラは、新たな撮影スタイルとして人気を集めています。

そんな盛り上がる360度カメラ界に新たに登場したのが「KanDao QooCam」というカメラです。

既にRICOH THETAシリーズやInsta360シリーズなどが人気360度カメラとして存在する中、一体どのような特徴を持つのか、性能やコストパフォーマンスなどを徹底解説していきます。

360度カメラ界の新星「KanDao QooCam」

これまでRentioPressでは、RICOH THETAシリーズやInsta360シリーズ、GoPro Fusionなどをご紹介してきましたが、今回紹介するKanDao QooCamは中国深センに拠点を置く、VR映像に関する製品を開発する企業です。

これまで日本国内でのVR映像製品の販売はありませんでしたが、今回日本の三友株式会社が日本国内での正規代理店として360度カメラ「QooCam」の取り扱いを始めました。

通常手持ちが可能な360度カメラはレンズがカメラの前面と背面にそれぞれ1つずつ、計2つのレンズが付いていますが、QooCamは220°の画角を保有する広角レンズをカメラ本体に3つ搭載しています。

この3つのレンズは360度カメラとしての機能を充実させてくれます。

2D 360°&3D 180° 4K VRカメラ KANDAO QooCam《クーカム》 – 三友株式会社 | DESIGN YOUR PICTURE 〜 お客様の描く絵をデザインします

4K 360度撮影&3D 180度撮影に対応

360度撮影 3D180度撮影

QooCamはただの360度カメラではありません。1本の細長いボディに見えますが、中心部でボディが90度曲がる仕様になっており、この動作を行うことで「4K 360度撮影」「3D 180度撮影」のモードを切り替えることができます。

4K 360度撮影、3D 180度撮影ともに静止画と動画の切り替えも可能で、これらの操作は本体ボタンによる操作か、スマートフォンアプリによる操作で可能です。

4K 360度撮影は他社モデルの360度カメラと変わりはあまりありませんが、3D撮影は革新的で、立体的な映像を撮影することができ、再生時は不思議な感覚を覚えるでしょう。

スマートフォンとの快適連携

QooCamは本体のみでの操作も可能ですが、液晶ディスプレイは搭載されていないため、写し出された映像を確認するためにはスマートフォンとの連携が必要となります。

QooCamではスマートフォン専用のアプリが存在し、iOS端末・Android端末両方に対応しています。App StoreやGoogle Playストアから「QooCam」と検索することでインストールが可能です。

QooCam – Google Play のアプリ

‎「QooCam」をApp Storeで

そしてアプリは非常にシンプルで使いやすい完成度の高いものになっています。個人的に大きなメリットと感じたのは、スマートフォンと機器をWi-Fiで接続する際、QooCamアプリ上で全て操作を完結できるところです。

他社製の360度カメラでもWi-Fiによるスマートフォンの接続は可能としているものの、一回アプリを閉じて手動でカメラに接続する必要がありましたが、QooCamはスマートフォン本体のWi-Fi機能がONになっていればアプリ上で検出されたカメラ名をタップするだけで自動的に接続してくれます。

動画/静止画の切替が課題

接続の操作は非常に早く快適ですが、接続後の操作に少々難を感じることがあります。

基本的にシャッターのタイムラグや撮影時の動作の重さを感じることはありませんが、静止画撮影と動画撮影のモード切替時に重さを感じることがあります。

場合によっては切替に時間がかかりすぎてしまい、アプリ自体が強制終了してしまう現象も起きました。この辺りは今後のファームウェアのアップデートに期待です。

シンプル・コンパクト・高耐久性を誇るボディ

QooCam コンパクト

金属製ながら170gの軽量ボディ

細長いシルエットが特徴的なボディは収納場所にも困ることはなく、持ち運びも非常に楽なコンパクト性を実現しています。

シンプルなデザインを採用しながら金属を採用したボディの素材は耐久性にも優れています。金属製が生み出すボディの高級感あふれる質感は、デザイン性にも優れたモデルです。

金属製ということで気になる重さですが、170gという軽量を実現しています。これは一般的なデジタルカメラと比較しても大幅に軽量を実現しており、持ち運びの負担にはなりません。

長く撮影できる大容量バッテリー

QooCam 大容量バッテリー

残量を気にせず撮影が可能

コンパクトなカメラの欠点の一つとしてバッテリーの容量が挙げられます。本体が小さい分バッテリー容量は限られてしまい、連続して撮影できる時間は短い場合が大半です。

しかしQooCamでは、小型軽量ボディながら大容量2600mAhのバッテリー容量を保有し、最大3時間の連続撮影を可能としています。

旅先の観光中など、充電ができない場面でも長時間撮影が可能なQooCamは、バッテリー残量を気にすることなく撮影できる旅の良いお供になるでしょう。

実際に360度カメラ QooCamを使ってみた

ここからは使い方を含めて実際に360度カメラ QooCamをレビューしていきます。

アプリのインストールから接続

iPhoneなどiOS端末をお使いの方はApp Storeから、Android端末のスマートフォンをお使いの方はGoogle Play Storeから「QooCam」アプリをインストールします。

インストールが終わると起動しますが、最初はイントロダクションのような説明が表示されます。これらはスワイプし続けることでアプリの使用を開始することができます。

QooCam スマホ 接続

まずはQooCamの中央に存在する電源ボタンを長押しすることで電源はONになり、もう一度電源ボタンを押すことでWi-Fi接続モードへと切り替わります。スマートフォンのWi-Fi機能もONになっていることを確認し、アプリ中央下部のカメラマークのアイコンをタップすることで接続可能なQooCamの名前がリストで表示されます。

QooCam アプリ

その名前をタップすることでQooCamとスマートフォンの接続が自動的に行われます。

QooCamの撮影画面

QooCamとスマートフォンの接続が完了するとアプリの画面上にQooCamが映し出している映像が表示されます。

QooCam アプリ 撮影画面

変更できるのは静止画モードか動画モードの切り替えのみで、露出やISO感度などの細かい設定は現段階ではできない仕様となっています。

QooCamで実際に撮影した作例をご紹介

ここからはQooCamを使って実際に撮影した作例をご紹介していきます。昼間の屋外撮影はもちろん、カメラが苦手とする夜間の撮影などもご紹介していきます。

日中の屋外撮影

光量が十分であり、明るく写すことができる日中の屋外撮影では、やはり鮮明で高画質な撮影を行うことができます。

しかし360度カメラは全方位を写すため、太陽というフレア・ゴーストの原因となる強い光源が存在します。QooCamでは強い光源を浴びてもフレア・ゴーストの発生を抑え、映像全体でコントラストを維持した鮮明な映像を記録することができます。

屋内撮影

屋外と比較すると明るさの少ない屋内撮影ですが、F2.2の明るいレンズが効果を発揮します。

あまりノイズも目立つことがなく、照明などによる明暗差の激しい場面でもしっかりとした階調を見せます。窓越しの外の景色などはさすがに明るすぎる影響もあり、白トビしていますが、メインとなる室内の露出にしっかりと合わせられた露出コントロールが行われています。

夜間撮影

カメラは光源を重要とするため、光源が極めて少ない夜間の撮影は大半のカメラが苦手とする分野です。

QooCamをスマートフォンでプレビューした際、画面上でも非常に暗く写ってしまいますが、仕上がり時は非常に明るい露出で撮影されます。

しかし手ブレにはシビアで、極力カメラ本体を揺らさないようにする必要があります。付属のレンズカバーを台としても使えるので三脚の代わりとして利用することができます。

気になる3D撮影

忘れてはいけない3D 180度撮影の機能も試していきます。

ボディ本体をひねることで半分が90度に曲がります。L字の形になると「3D 180度撮影モード」へと自動的に切り替わります。

KaoDao QooCam 3D撮影

3D 180度撮影モード時は、レンズが2つ付いている面のみでの撮影となり、そちら側の面から180度の景色を3D撮影として立体的に記録します。

3D撮影の効果

2018年8月31日現在で、手元にVRゴーグルのような設備を保有していないため、3D撮影の効果を実際に体感していない状況です。

VRゴーグルをお持ちの方は、ぜひこちらのKanDao公式YouTubeアカウントの動画より、3D映像の効果を体感してみてください。

KanDao QooCam製品仕様表

モデル名KaoDao QooCam
サイズ2.5cm × 3.1cm× 19.9cm (横幅×奥行き×高さ)
重量170g
バッテリー2600mAh(5V1A)
充電方法Micro – USB
連続駆動時間最大3時間 (連続撮影)
記録媒体Micro SD Card (最大256GB)
Wi-Fi
Bluetooth
アプリiOS / Android

2つの撮影スタイルを1つのカメラで楽しめる「QooCam」

360度カメラ KanDao QooCam

QooCamは360度撮影と3D撮影を1つのカメラで実現した新たなスタイルを保有するカメラです。

360度カメラとしての性能はもちろんですが、3D撮影を実現するプラスアルファの機能は撮影ライフをより楽しくさせてくれる機能となるでしょう。

まだまだ日本では知名度の低い360度カメラですが、定番となったRICOH THETAシリーズやInsta360シリーズをあえて選ばずにQooCamを選ぶのは面白いかもしれません。

そして今後KanDao社が開発するVR映像製品の進化にも期待したい、そんなこれからが楽しみなメーカーです。

さっそくQooCamをレンタル

今回ご紹介してきた360度カメラKanDao QooCamはお得にレンタルすることができます。

日本初進出であり、まだ発展途上である360度カメラの世界の新製品に興味はあるものの、購入まで踏み切ることができない…そんな方にピッタリのサービスです。

家電レンタル「Rentio」では、QooCamをはじめTHETAやInsta360などの他の人気360度カメラシリーズも最短3泊4日からレンタルできる商品として豊富に取り扱っています。

ぜひこの機会に360度カメラを賢くお得にレンタルして撮影ライフを楽しんでくださいね。

[レンタル] 360度カメラ KanDao QooCam – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事