RentioPress

窓掃除ロボ“エコバックス WINBOT950”写真付レビュー!口コミやデメリットを徹底検証!

公開日 最終更新日
窓掃除ロボ“エコバックス WINBOT950”写真付レビュー!口コミやデメリットを徹底検証!

「窓掃除めんどくさすぎ…大掃除のときすらやってない…」という方もじつは多いのでは?

そんな面倒な家事を改革するのが、「窓掃除ロボット」です!ボタンひとつで窓がピカピカになるなんて、夢の生活だと思いませんか?

そんな時短で楽な生活を提供してくれる窓掃除ロボット「WINBOT 950」を実際に使ってみてわかった“効果とデメリット”について詳しくご紹介します。

最新モデルWINBOT Xについてはこちら

最新窓掃除ロボ“エコバックス WINBOT X”写真付レビュー!口コミやデメリットを徹底検証! – RentioPress

まずは、「WINBOT 950」の特徴から見てみましょう!

「エコバックス WINBOT950」の商品特徴

「WINBOT 950」は、自動で窓の大きさを測定しながら上下に移動して窓の拭き掃除をしてくれる「窓掃除ロボット」です。ボタンを押して放置で窓の拭き掃除が終わっている…という近未来な体験ができるロボットなのです。

「WINBOT 950」の仕組み

WINBOT 950は強力なファンで窓に吸いつき、自動で走行する仕組み。最先端のセンサーを搭載しており、窓のサイズと自分の位置を把握しながら移動し、窓の端から端まできれいに拭き掃除をしてくれる賢いロボットです。

スマートドライブシステムで効率的に掃除

独自技術のスマートドライブシステムを採用することで、四角いロボット全体を回転させるのではなく、中心の駆動部のみを回転させて移動。効率的に移動することで、短時間で窓全面を掃除できます。

4段階クリーニングシステムでムラなくきれい

移動をしながらマイクロファイバー製のお掃除パッドとワイパーで4回重ね拭きをしてくれるので、ホコリや花粉までしっかりきれいになります。

「WINBOT 950」の商品情報

ボタンひとつで窓をピカピカにしてくれる「WINBOT 950」の商品詳細はこちら。

本体重量2.4kg
本体サイズ幅273×奥行き273×高さ123(mm)
使用可能なガラスの厚さ3mm以上

2.4kgと聞くと少し重いようにも思えますが、女性でも手軽に扱える重さ。収納しやすい小型サイズのロボットです。

「エコバックス WINBOT950」の使い方

それでは、「WINBOT 950」をさっそく開封して使ってみます!
実際にお家で使うイメージを膨らませながらご覧いただければと思います。

「WINBOT 950」の使い方は、ものすごく簡単です。ですが、間違った使い方をしてしまうと、落下や破損などのトラブルに見舞われるかも…。

せっかく手に入れた「WINBOT 950」を有効活用するために、まずは使い方をしっかりおさえましょう!

1. まずは開封!中身を確認しよう

WINBOT 950 箱外観写真

さっそく「WINBOT 950」を開封してみましょう!
WINBOT 950 箱内上段画像
WINBOT 950 箱内上段画像
白くて四角いロボット本体と、お掃除パッド、コード類が入っています。
WINBOT 950 付属品写真
コードがたくさんあるので間違えないように注意しましょう!

2. 本体に落下防止用コードを取り付ける

まずは本体から伸びているコードに、太めで両端が輪になっている落下防止用コードを取り付けます。
WINBOT 950 落下防止用コードを設置

輪っかにコードを通したら、しっかり引っ張って固定します。
WINBOT 950 落下防止用コードを設置

次に、逆端の輪っかを落下防止用の安全ポッドに取り付けます。
WINBOT 950 落下防止用コードを設置

先ほどと同じようにしっかり引っ張って固定します。
WINBOT 950 落下防止用コードを設置

3. 電源コードを取り付ける

電源アダプタを組み立てます。
WINBOT 950 電源コードを設置

組み立てた電源アダプタと延長コード・本体から出ているコードを取り付けます。
WINBOT 950 電源コードを設置

差し込んで、クルクル回すと固定されます。
WINBOT 950 電源コードを設置

4. お掃除パッドを取り付ける

本体を裏返し、お掃除パッドを固定します。マジックテープになっているので、本体に合わせてかるく抑えるだけでOK。
WINBOT 950 お掃除パッドを固定

5. お掃除パッドに洗剤を吹き付ける

専用の洗剤を4辺それぞれに8回くらいずつ吹きつけます。このとき、専用の洗剤ではなく市販のものを使ってしまうと、故障の原因になるので、必ず専用の洗剤を使いましょう!
また、もしパッド以外の機械の部分に洗剤がかかってしまった場合、必ず拭きとってから動かすようにしましょう。

WINBOT 950 お掃除パッドに洗剤を吹き付ける

6. 落下対策をする

窓の内側を軽く拭いてから、安全ポッドを取りつけます。
安全ポッドを窓に当てて、グレーの部分を強く押せば、かなりの強度でくっつきます。
WINBOT 950 安全ポッドを取り付け

7. 電源コードを差し込みスイッチをON。本体を窓に設置

電源コードを差し込み、本体裏面のスイッチをONにすると、ファンが回転し始めます。
WINBOT 950 裏面のスイッチをオン

その状態で本体を掃除したい窓に当てて設置します。設置する位置は、窓の端から10㎝以上離れた真ん中あたりにしましょう。
WINBOT 950 窓の中心に設置

8. スタートボタンを押してお掃除開始!

本体を窓に設置したら、本体のスタートボタンもしくはリモコン操作でお掃除開始です。
WINBOT 950 スタートボタンを押して掃除開始

最初のコードをつなぐ工程をクリアしてしまえば、使い方はものすごく簡単ですよね。

「エコバックス WINBOT950」の口コミ・評判

実際に「WINBOT 950」を利用した方の口コミがこちら!

★★★★☆ 4.0
とても気になっていた製品だったので、仕様や機能が確認できて、大変参考になりました。
コスパがわからないので、即時に購入に踏み切ることができませんが、とても便利な製品なので、これから検討する予定です。ありがとうございました。
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

 

★★★★★ 5.0
多少の筋や吸盤の跡が付きますが乾いた布でサッと拭くと落ちます。とにかく窓が多くて掃除が大変なので高いところも楽で助かりました。また借りたいです。
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

 

★★★☆☆ 3.0
大きい窓を自動で掃除してくれるのは便利なんですけど、窓が汚れていると2〜3回使うとパットが汚れ洗う事になるので事前に窓を拭かないといけません。
使った後も拭き筋が気になり結局自分が拭く事もあったので、気になる方にはオススメ出来ません。
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

 

★★☆☆☆ 2.0
コードレスかと思っていたらコードありで、拭き痕も結構残っていた。
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

 

★★★☆☆ 3.0
手の届かないところまで隅々そうじできましたが、ピカピカにはならず、掃除跡が残ってしまう
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

 

★★★★☆ 4.0
専用の洗浄液が、窓ガラス裏表合わせて、20枚ぐらいで無くなり、少し残念
外側の窓ガラスを拭くとき、コードが邪魔になる〔コンセントが外にあれば気にならないかも〕
掃除時間は、短く、綺麗になるので、手で拭くより、断然ラクラク
あと、手拭きより綺麗
また、使いたいと思います
(参考:Rentio 「ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950」のレビュー

「WINBOT 950」ユーザーの意見をまとめると、メリットとしては手の届かない場所までキレイになること・自分で拭くより楽で素早くキレイになること。

一方、デメリットとしては、コードが邪魔という意見や、パッドが汚れやすくそのまま使用すると拭き筋が残ってしまうという意見が見られました。

窓が多い一軒家では、パッドや洗浄液の替えの用意は必須のようですね。

「エコバックス WINBOT950」のメリット

ボタンひとつで窓掃除完了!という夢のロボット「WINBOT 950」ですが、その効果は絶大。

「WINBOT 950」のメリット「時短」「安全」「きれいな窓の状態の維持」「音の静かさ」などについて、詳しく見ていきましょう。
WINBOT 950 メリット

1. 窓にくっつけてボタンを押すだけ!こんなに楽な窓掃除はじめて!

窓の拭き掃除、意外と手間で面倒くさいんですよね。そろそろやらなきゃ…と思いつつ、行動に移すのは大変なもの。わざわざ雑巾を絞ったり、踏み台を用意したり…想像するだけで窓掃除っておっくうですよね。

ですが、「WINBOT 950」を使えば取り付けてボタンひとつで掃除が完了します。高所や窓の外側など、危ない場所もロボットに任せてしまえば安心ですね。

しかも、WINBOT 950は操作も簡単なので、ちょっとした隙間時間で気軽に窓掃除ができます。自分で窓掃除をしなくていい分、ちょっとした時間でWINBOT 950を動かすようにしたら、少ない負担で窓のきれいさが維持できて嬉しいですね。

2. 重ね拭き4回で、ムラなくきれい

窓の拭き掃除って、自分でやると仕上がりがイマイチになってしまうこともありませんか?

面倒だからとスプレーして一回の水拭きで終わらせようとすると、ムラができたり拭き残しがあったり、イマイチな仕上がりになってしまうんですよね。手間もかかるし仕上がりも微妙なんて、悲しすぎますよね。

ですが、WINBOT 950はセンサーで窓のサイズと自分の位置を測定しながら、窓の端から端まで拭き残しなくきれいに拭き掃除をしてくれます。

しかも、専用クリーニングスプレーで汚れを浮かせながら、マイクロファイバー製のクリーニングパッドと丸型ワイパーで窓をキレイに拭きあげます。
クリーニングパッド→ワイパー→ワイパー→クリーニングパッドの4段階で掃除をすることで、ムラのない仕上がりを実現できるんです。

楽だし、しかもキレイなんて嬉しいことずくめですね。

3. 厚さと大きさがあれば凹凸のある窓やフレームなしもOK

「1台で家中の窓全部掃除してほしい!」という方にも、WINBOT 950はおすすめ!
WINBOT 950は、曇りガラスなどの凹凸のある窓やフレームのない窓にも対応しています。

ただし、注意が必要なのは、窓の厚さとサイズ。3mm未満のあまりに薄い窓や45 × 45cm未満の小さすぎる窓には使用できません。一般的なほとんどの窓には対応しているようですが、特殊な窓の場合には気をつけたほうがいいでしょう。

4. 無音ではないが近所迷惑になるほどはうるさくない

夜寝ている間にロボットがリビングの窓をきれいにしてくれていたら…気持ちよく朝を迎えられそうですよね。
でも、あまりに掃除中の音がうるさいと、夜に動かしたり窓の外側を掃除するときに騒音が気になってしまいます。

たしかに、WINBOT 950は、まったくの無音というわけではありません。ですが、隣の部屋での安眠を妨げたりご近所迷惑になったりするほどの騒音かというと、そこまでではないでしょう。

公式HPによると、WINBOT 950の稼働音は、62デシベル
約60デシベルは、「静かな乗用車」や「普通の会話」とおなじくらいの音量。つまり、一般的な生活音とほぼ同じということです。

音に関しては、そこまで神経質に気にする必要はなさそうです。

「エコバックス WINBOT950」の気になるデメリットは?

ここまでメリットを説明してきて、「すぐにでも使ってみたい!」と感じている方も多いと思いますが、もちろん良いところばかりの商品はありません。

「WINBOT 950」にもデメリットがあります。気になる4つのデメリットについて、詳しく見ていきましょう!
WINBOT 950 デメリット

1. 落下のリスクがある

WINBOT 950は、強力なファンによって窓に吸着してお掃除をしてくれるロボットです。このファンを回すために、お掃除中は常に電源コードをつないでおく必要があるんです。

電源が切れない限りは落下することはなさそうですが、もし起動中にブレーカーが落ちたら…なにかのはずみで電源コードが抜けてしまったら…?高額なロボットだけに、窓の外に真っ逆さまなんて想像するだけで恐ろしいですよね。

そんな落下のリスクにそなえるために、WINBOT 950にはバックアップ用の電源システムが内蔵されていて、電力が供給されなくなった後も15分間は、窓にくっついたままでいてくれるんです。

さらに、もし電源が切れたことに気づかなかったときのために、落下防止用の安全コードがついています。慣れるまでは少し手間ですが、これは必ず取りつけるようにしましょう。

2. コードの届く範囲しか掃除できない

WINBOT 950は、起動中ずっと電源コードをつないでおく必要があります。つまり、電源コードの届く範囲しか掃除ができないのです!

とは言え、付属の電源アダプタに延長コードを取り付けると、コードの長さはおよそ5.3m
家庭用のほとんどの窓には対応できるとは思いますが、電源の場所が窓からかなり遠いお家や巨大な窓をお持ちのご家庭では長さが足りなくなるかもしれません。

電源コードが窓の端まで届くかどうか、確認してから使用するようにしましょう。

3. 端や四隅は自分で掃除する必要がある

WINBOT 950は、窓の端から端まで走行してきれいにムラなく掃除してくれます。

…ただし、WINBOT 950では、お掃除パッドがついている範囲しかきれいにできません。
つまり、どうしても窓の端や四隅が掃除できないのです。でっぱっている窓のカギの部分なども届かないため、掃除できません。

端の部分や四隅など細かいところは自分で拭きとる必要があるので、完全に窓掃除を自動化できる!と思っているとがっかりしてしまうかもしれません。

4. 価格が高くて手が出づらいがレンタルという手もある

なんといってもWINBOT 950の一番のデメリットは、価格が高いこと。

エコバックス公式ストアの場合、価格は69,984円(税込)。気軽にお試し!で購入できるような金額ではないですよね。

自分の家でどのくらいの頻度で使うのか?本当に生活が便利になるのか?保管場所はどうするのか?すぐに壊れてしまわないのか?…わからないことだらけの状態で高額なWINBOT 950を購入するのは不安ですよね。
一度家で試しに使ってみて、確実に使いたいと思えるようになってから購入に踏み切りたいところ。

そんなあなたにおすすめなのが、家電レンタルという手段。家電レンタル「Rentio」では、WINBOT 950がお試しでレンタル可能です。
しかも、もし気に入って購入したいと思った場合、追加料金を支払えばお得な価格でそのまま買い取ることもできます。

一度試して、便利だとわかってから購入できるなら、安心ですよね。ぜひ一度レンタルでお試しして、あなたの目でWINBOT 950の力を実感することをおすすめします。

[レンタル]ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 950 – Rentio[レンティオ]

まとめ:「エコバックス WINBOT950」があれば窓の拭き掃除がお手軽に!

WINBOT 950 ブランドロゴ接写

窓の掃除をボタンひとつで完了してくれる「WINBOT 950」。
実際に使ってみると、4つのデメリット以上に大きなメリットが感じられるロボットだと感じました。高額で購入には勇気がいりますが、一度試したらあなたも欲しくなるかも!?

最後に、窓掃除ロボット「WINBOT 950」のメリット・デメリットをまとめました。参考にしてみてください。

「WINBOT 950」のメリット

  • 窓にくっつけてボタンを押すだけ!こんなに楽な窓掃除はじめて!
  • 重ね拭き4回で、ムラなくきれい
  • 厚さと大きさがあれば凹凸のある窓やフレームなしもOK
  • 無音ではないが近所迷惑になるほどはうるさくない

「WINBOT 950」のデメリット

  • 落下のリスクがある
  • コードの届く範囲しか掃除できない
  • 端や四隅は自分で掃除する必要がある
  • 価格が高くて手が出づらいがレンタルという手もある

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ロボット掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事