Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

ポートレート撮影にもおすすめ!お台場のフォトジェニックなスポットまとめ18選

公開日
ポートレート撮影にもおすすめ!お台場のフォトジェニックなスポットまとめ18選

デートや観光スポットの定番であるお台場。週末にはショッピングやアクティビティを楽しむために、多くの人が訪れています。そんな人気を集めるお台場ですが、様々な景色を楽しめる「フォトスポット」としても、カメラ好きから愛されているんです!そこで今日は「お台場で写真を撮るならここ!」といえる人気フォトスポットをご紹介します。

屋外フォトスポット12選!レインボーブリッジも

お台場にはビーチを始め、ダイバーシティーや観覧車、フジテレビなど様々なシンボルがあります。まずは、屋外の撮影を徒歩圏内で楽しめるスポットをご紹介していこうと思います!

1.おだいばビーチ-お台場海浜公園①

「お台場海浜公園駅」から歩いて数分の場所にある〈おだいばビーチ〉!

真っ白な砂と海の色が織りなす景観は、まるでリゾート地のような美しさを誇ります。

カモメ、海上バス、デート中のカップル…どこを切りとっても映えるこの環境は、カメラ初心者さんにもおすすめのフォトスポット。お台場に来たら、まずは〈お台場ビーチ〉で撮影をスタートしましょう!

2.自由の女神像-お台場海浜公園②

そしてお台場といえば〈自由の女神像〉!どうやら、正式にアメリカから許可をもらって作られたレプリカのよう。

高さは約12.25mなのでアメリカの自由の女神よりも小さいですが、実物を見ると迫力満点!レインボーブリッジが背景に交わっているところもポイントです!

夜は自由の女神像がライトアップされるので、夜景とともに撮影が可能。お台場に来たら1度は撮影したい定番のフォトスポットです。

3-1.モヤイ像-お台場海浜公園③

続いて、自由の女神像の少し手前にある〈モヤイ像〉のご紹介です。

こちらはイースター島の「モアイ像」を元に作られた石像で、お台場以外には渋谷と蒲田駅にもあるのだそう!

ちょっとシュールな絵になりますが、お台場にきたら一度は足を運びたいところ。

3-2.海上バス-お台場海浜公園④

また、お台場海浜公園には〈海上バス〉の乗り場があり、こちらも絵になる場所。数種類の海上バスがあるので、発着時間によって撮れる風景が変わることも写真を楽しめる要素の1つです。

外から眺めるだけでなく、乗車してレインボーブリッジや東京タワーを海上バスから撮影するのもおすすめです!※乗車料金が必要です

4.台場公園-お台場海浜公園⑤

そして、お台場ビーチをレインボーブリッジ側に向かって歩いくと到着する〈台場公園〉も見逃せません。

〈台場公園〉はお台場ビーチやフジテレビを一望でき、さらには美しい夕日や夜景を見られると人気のフォトスポットなんです。

夜になると人が少ない場所なので、ベンチではカップルがヒソヒソ話をしていることも…!?デートコースにも良さそうです!

5.シンボルプロムナーム公園〈自由の炎像〉

お台場海浜公園を堪能したあとは、〈自由の炎像〉を求めてシンボルプロムナーム公園へ!

あまり知られていませんが、〈自由の炎像〉はフランスから寄贈されており、自由の女神像よりも高さがあるオブジェ。空にまっすぐ伸びる炎の形は、どこから眺めても美しく迫力があります。

お台場にはいくつかオブジェがあるので、フォトウォークをしながら探してみるのもおもしろいかも…!?

6.ダイバーシティ東京 プラザ〈実物大ユニコーンガンダム立像〉

「お台場といえばダイバーシティ東京プラザ。ダイバーシティ東京プラザといえば〈実物大ユニコーンガンダム立像〉!」と言っても過言ではないはず!お待たせしました。

2017年9月から展示がスタートし、毎日数回にわたって変身演出が見られる〈実物大ユニコーンガンダム立像〉。夜はライトアップされるので、お昼とは雰囲気の違う存在感となります。演出毎、さらには昼と夜と写真におさめたいところ。

7.日本最大級の観覧車〈パレットタウン大観覧車〉

日本最大級の観覧車と言われている〈パレットタウン大観覧車〉は、お台場定番のフォトスポット!

夜には季節をイメージしたイルミネーションが点灯される仕組みとなっています。撮影したのは11月末なので、トナカイやクリスマスツリーの演出があり大感動。季節毎に訪れてみたいです。

さらに観覧車からの眺めに定評があり「観覧車から見る夜景No,1」にも選ばれるほど。どうやら、西新宿の超高層ビルや羽田空港を含めた東京を一望できるのだとか。

8.約200mの巨大橋!〈夢の大橋〉

パレットタウン大観覧車のすぐ近くにある〈夢の大橋〉は、全長およそ200m。

縦に伸びる広々とした橋の背景には観覧車が交わるため、誰が撮影をしても素敵な1枚になります。

夜は一定間隔で並ぶ照明がいい構図となり、ロマンチックな1枚に。

観覧車をメインにして撮影するのもいいですが、〈夢の大橋〉での撮影もおすすめです!

9.お台場を一望!フジテレビ25F〈球体展望部屋 はちたま〉

続いては、お目当の〈球体展望室 はちたま〉に行くためにフジテレビへやってきました!

お台場に来たなら1枚フジテレビのビルの写真を撮りたくなります(笑)

フジテレビのビルは、縦横どちらも大きく撮影が難しいので、広角レンズ、もしくは縦で撮影するのがポイントです◎

7Fでチケットを購入してから25Fへ行くと、この景色!お台場が一望できる絶景が見られます。

この高さでの撮影は〈球体展望室 はちたま〉ではないと見られないはずです!

  • 名称:フジテレビ 球体展望台 はちたま
  • 住所:〒135-0091 東京都港区台場2丁目4−8
  • 営業時間:10:00〜17:30
  • おすすめ時間帯:晴れた日の日中(冬は17:00〜も◎)
  • 三脚使用可否:迷惑にならなければ可

デートにもおすすめ!アクティビティー系フォトスポット

10-1.ハートのモニュメント-デックス東京ビーチ①

お台場海浜公園駅近くのデックス東京ビーチ3Fデッキには、かわいらしい〈ハートのモニュメント〉が!

ハートの後ろにまわり写真を撮ると思い出の1枚に。

10-2.台場一丁目商店街-デックス東京ビーチ②

4Fにはレトロな雰囲気が特徴の〈台場一丁目商店街〉があり、ここもフォトスポットとしておすすめです。

くじ引きや駄菓子などが豊富にあり童心にかえるため、自然とイキイキした姿になれるはず。

人気フロアなので多くのお客さんがいますが、楽しそうに遊ぶ姿を撮影するにはいいかもしれないですね!

10-3.マダムタッソー東京-デックス東京ビーチ③

そして3Fには、ハリウッドスターやミュージシャンなどの等身大フィギアと一緒に撮影ができる〈マダムタッソー東京〉があります。

入り口には見本としてレディーガガの等身大フィギアがありましたが、かなりのリアルさ。3人以上で行き、撮りあいっこするととても楽しくなりそうです!

11.トヨタ自動車のショールーム〈MEGAWEB ヒストリーガレージコレクション〉

〈MEGAWEB〉は、”見て・乗って・感じる”テーマパーク。テーマごとに作られた3つの施設に分かれているのですが、その1つである〈MEGAWEB ヒストリーガレージコレクション〉は、フォトスポットとしても楽しめる場所なんです!

①歴史あるトヨタの車がたくさん並んでいること
②年代に合わせた装飾物にもこだわっている

これらの理由から、普段の生活では撮影できないような1枚を手に入れることができます。古い車とレトロな街並みを撮影する機会ってなかなかないですよね。

12.幻想的な世界が広がるショッピング施設〈ヴィーナスフォート〉

まるで美術館に来ている気持ちになれる商業施設〈ヴィーナスフォート〉。水や光などを屈指して作られた圧巻の内装は、どこを見ても「美しい…」と言葉がもれてしまうほど。

「買い物に来たついでに写真を撮る」となる場所がなかなかないので、多くのお客さんが記念撮影をしていることに驚きました。

期間限定で特別な装飾も施されているようでした!こちらは「チームラボ」とコラボした、光の色がふわふわと変化する幻想的な作品。しばらく立ち止まって見ていたくなるような美しさがあります。

13.日本科学未来館〈ジオ・コスモス〉

日本科学未来館にある「宇宙から見た今の地球」を映し出す球体ディスプレイ〈ジオ・コスモス〉。天井から球体ディスプレイがぶら下がっていて、近未来感のある空間です。

ディスプレイは解説する情報に合わせて映し出す映像が変わるので、今回撮影した3枚を比べるとそれぞれが異なるアートに見えます。また、3階へ上がると球体ディスプレイを同じ目線で見られるので、3階で撮影するとまた違った作風になるはず!

日本科学未来館には〈ジオ・コスモス〉以外にも、最新科学技術の紹介や、科学技能者の成果発表などが行われているので、もちろん写真以外の楽しみ方もおすすめです。

お台場のフォトスポットでたくさん写真を撮影しよう!

少し離れたところには「葛西臨海公園水族館」や「チームラボ プラネッツ」など、まだまだフォトスポットがたくさんあるお台場。水や光を屈指した創作物や、歴史のあるオブジェ、都会が作り出した夜景を楽しみたい人にはぴったりなのではないでしょうか?

幅広いジャンルのフォトスポットが徒歩圏内にたくさんあるお台場のおかげで、写真フォルダが充実し大満足の1日になりました!

ぜひ、みなさんも気になるカメラを持って、お台場に行ってみてくださいね!きっと、楽しいフォトウォークになるはずです!

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事