RentioPress

初心者向けチェキ“instax mini25”を徹底解説!mini8やmini70との違いは?

公開日 最終更新日
初心者向けチェキ“instax mini25”を徹底解説!mini8やmini70との違いは?

結婚式やイベントなどで使うために安いチェキを探していると、必ず出てくるのが「チェキ instax mini25」。

同様に安価なmini8+と比較して、カメラとしての機能は優れていてお買い得なmini25は、初心者に断然おすすめのチェキです!

チェキ instax mini25の機能や使い方、気になるminiシリーズ他機種との違いを徹底解説します!

 

チェキの基礎知識と全機種の比較はこちらでチェック

チェキinstaxとは?種類や意味などチェキの基本を初心者向けに解説 – RentioPress

[2019最新]おすすめチェキシリーズ全機種をまとめて比較!コスパ最強で人気のチェキはどれ? – RentioPress

miniシリーズのベーシックモデル「チェキ instax mini25」とは?

チェキ instax mini25は、通常サイズのチェキフィルムで撮影できるチェキminiシリーズの中で、基本的なカメラ機能を備えたベーシックモデルのカメラです。

色はホワイトのみ。丸くてかわいいチェキらしいデザインです。
2009年の発売以降、大きなリニューアルもなく長年販売されている機種です。

シンプルで使いやすいmini25の特徴と魅力を徹底解説します!

※チェキフィルムについて、詳しくはこちらの記事でまとめています。
[チェキフィルム]サイズは3種類!対応機種,価格相場,安い中古の注意点とは? – RentioPress

シンプルな機能で初心者向け!チェキ instax mini25の魅力

シンプルな機能で初心者向け!チェキ instax mini25の魅力

チェキ instax mini25は、シンプルな機能で初心者でも簡単に使いこなせるチェキです。

通常の撮影であれば十分に対応できるスペックで、イベントでの利用や日常での思い出を撮影するのにぴったりのチェキです。

そんなチェキ instax mini25の魅力を解説します!

オートモードで基本的な使い方は超簡単

チェキ instax mini25は、オートモードが優秀。

オートモードだと自動で明るさを調整してくれるので、電池とフィルムを入れて電源をONにしてシャッターボタンを押したら、適切な明るさでバッチリ撮影ができます。

同じ安価なチェキのmini8+では、自分でダイヤルを回して明るさを調整しなければならないので、自動で調整してくれるmini25のほうが使い方は簡単です。

mini8+の使い方はこちらで解説していますが、mini25では「STEP4. 明るさ調整ダイヤルを回して設定」という手順が不要になっていて、初心者でも簡単に撮影できるんです。

幹事必見!チェキinstax使い方の基本とスムーズな撮影のコツ【結婚式・イベント・二次会】 – RentioPress

シーンに合わせて強制発光モードと遠景モードを使い分けられる

オートモードで撮影したチェキの写りが気に入らない場合には、モードを切り替えて調整することもできます。

暗い室内で背景を明るく撮影したい場合や、逆光で被写体が暗くなってしまうときに役に立つのが「強制発光モード」。

また、被写体までの距離が2.5m以上離れている場合には、「遠景モード」がおすすめです。

濃淡コントロール機能で3段階の明るさ調整

写真全体をより明るく・より暗く撮影したい!というときに役立つのが、この「濃淡コントロール機能」。

「L/D」ボタンを押すと、明るい「L(LIGHTEN)」・通常の「NORMAL」・より暗い「D(DARKEN)」の3段階で調整できます。

オートモードで撮影した写真の明るさに納得いかない場合に使える、こだわりの機能です。

付属の接写レンズでマクロ撮影も

チェキ instax mini25には、レンズに取り付けて使える接写レンズが付属しているので、マクロ撮影も可能です。

通常モードだと、チェキの最適撮影距離は60㎝なのですが、接写レンズを使えば35~50cmの近距離撮影ができます。

被写体をアップで撮影しすぎてピンボケしてしまう場合には、この接写レンズを使いましょう。

シャッターボタンは2か所で縦横どちらでも撮影しやすい

mini25のシャッターボタンは、カメラを構えたときに押しやすいように、レンズの右横と、カメラ本体の右側面の2か所についています。

通常の縦位置撮影ではレンズ横のシャッターボタンを、横向きの撮影では右側面のシャッターボタンを使うと撮影しやすくなっています。

これは、チェキ instax miniシリーズで唯一の仕様です。

自撮り撮影用のセルフショットミラーもついている

チェキ instax mini25には、自撮りをする際にちょうどいい角度に調整できるように、レンズの横に自撮り用のミラーがついています。

腕をいっぱいに伸ばしてミラーを見ながらチェキの向きを調整すれば、自撮りでの失敗がありません。

チェキの撮影は一発勝負だからこそ、こういった配慮は嬉しいですね。

チェキ instax mini25の気になるデメリット

シンプルな機能で初心者向け!チェキ instax mini25の魅力

チェキ instax mini25は初心者向けのチェキで、通常撮影には十分な機能を備えています。

この価格でこのスぺックなら十分とも言えますが、「ここだけは改善してほしい…!」と感じるデメリットがありましたので、紹介します。

セルフタイマー機能がない

集合写真や旅先での写真で活躍するセルフタイマー。今やほとんどのデジカメに搭載されている機能です。
instax mini25には、このセルフタイマー機能がありません

絶対に無いと困る!という方は少ないと思いますが、あったら何かと便利なセルフタイマー。
チェキの中でも、mini8+、mini25、WIDE300以外の機種にはセルフタイマー機能がついていることを考えると、少し残念なポイントですね。

電池がリチウム電池のCR2×2本

チェキ instax mini25で使用する電池は、通常のアルカリ乾電池ではなく、少し特殊なリチウム電池の「CR2」

カメラ業界では使用されることが多いようですが、あまり一般的ではありません。
CR2は通常より値段も高額になってしまうので、アルカリ乾電池を使いたい方は、mini8+の方がおすすめです。

チェキ各機種の電池についてはこちらの記事をご覧ください。
[機種別]チェキinstaxの対応電池まとめ!単三・CR2など種類や充電可否を解説 – RentioPress

「チェキ instax mini25」の商品詳細

機種名チェキ instax mini25
レンズ沈胴式フジノンレンズ2群2枚 f=60mm 1:12.7 電動式
ファインダー実像式ファインダー 0.37倍 ターゲットマーク付き
撮影範囲電動2点切り替え(通常モード0.5m~2.5m/遠景モード2.5m~∞)
シャッタープログラム式電子シャッター 1/3~1/400秒
2シャッターボタン(縦位置撮影/横位置撮影)
露光調節自動調整 連動範囲 LV5.0(*1)~15.5(ISO 800)
濃淡コントロール ±2/3EV
フラッシュ低輝度自動発光オートフラッシュ(自動調光)/強制発光モード(背景きれいフラッシュ) 充電時間0.2秒~5秒(新品電池使用時)/フラッシュ撮影距離0.5m~2.5m
液晶表示フィルムカウンター(残数表示式)/遠景モード/濃淡コントロール/強制発光モード
電源リチウム電池 CR2×2本/撮影可能パック数 約30パック(当社試験条件による)
同梱品接写レンズ、ハンドストラップ、リチウム電池CR2×2本、保証書
本体外形寸法112mm×121mm×51mm(突起部除く)
本体質量275g(電池、ストラップ、フィルム、接写レンズ別)
公式通販価格(税込)10,265円

チェキ instax miniシリーズ他機種との違いは?

miniシリーズは、通常サイズのチェキが撮影できるチェキカメラシリーズ。

現在発売されているminiシリーズの現行品が、こちらの4機種。

  • mini8+
  • mini25
  • mini70
  • mini90

数字が大きいほど上位のモデルになりますが、mini25と他の機種にはどのような違いがあるのでしょうか?

チェキ instax mini25とmini8+との違い

mini8+は、最も安くて機能がシンプルなエントリーモデルです。

mini8+とmini25との大きな違いは、明るさ調整機能です。
mini8+では明るさ調整ダイヤルを手動で回して設定する必要があり、明るさ調整に失敗してしまうことも。自動で調整してくれてより初心者向けなのは、mini25のほうでしょう。

また、強制発光・遠景などのモード変更ができるのはmini25だけです。

撮影機能以外にも、シャッターボタンの数や使用する電池、カラーバリエーションに違いがあります。

チェキ instax mini25とmini70との違い

mini70は、miniシリーズの上位モデルです。

カラフルでスタイリッシュな大人向けのデザインと高度な撮影機能が特徴です。

mini25との違いは、多彩な撮影モード
「自撮り」や「弱フラッシュ」「マクロ」などの撮影モードが追加になっています。

撮影機能以外には、シャッターボタンの数とカラーバリエーション、価格に違いがあります。

チェキ instax mini25とmini90との違い

mini90は、miniシリーズの最上位モデル。
クラシックなデザインが特徴的なチェキカメラです。

miniシリーズでもっとも高機能。「二重露光モード」「バルブ撮影モード」など、特殊な撮影機能が使えるのは、こちらのmini90だけです。

また、miniシリーズで唯一フラッシュオフ機能がついていること、充電できる機種であることが特徴です。

機能面以外では、シャッターボタンの数やカラーバリエーション、価格にも違いがあります。

チェキシリーズの全機種比較はこちら

[2019最新]おすすめチェキシリーズ全機種をまとめて比較!コスパ最強で人気のチェキはどれ? – RentioPress

まとめ

シンプルな機能で初心者向け!チェキ instax mini25の魅力
初心者におすすめの「チェキ instax mini25」

結婚式やイベントで使うなら、気軽に使えるmini25かmini8+がおすすめ!
また、チェキを思い出づくりやプレゼントに使いたい方にもぴったりです。

「チェキをイベントで一回だけ使いたい!」という方には、レンタルもおすすめです。

チェキレンタルのRentioなら、チェキ instax が3泊4日〜送料無料でレンタルできます。フィルムも同時購入で、すぐに使える状態で手元に届くんです。

レンタルの方法や価格について、詳しくはこちらからチェックしてみてください!

[レンタル] チェキ・インスタントカメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 チェキカテゴリのランキング

ピックアップ記事