デロンギマルチグリルCGH1011DJを写真付きでご紹介!まるで映画みたいな調理家電

yuki
yuki

更新日2020/09/16

デロンギマルチグリルCGH1011DJを写真付きでご紹介!まるで映画みたいな調理家電

更新日

2014年に公開された映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』をご存知でしょうか。もしご覧になったことがない方は、Amazon prime会員特典で無料で視聴可能です。私はこちらの映画が大好きすぎるので、トレイラーとリンクも貼っておきます。

また、この映画で監督・脚本・製作・主演を務めるジョン・ファヴロー(Jon Favreau)氏ですが、
なんと今年公開のディズニー映画『ライオン・キング The Lion King (2019年)』の監督も務めている凄いお方なのです。
ぜひチェックしてみてください。

さて、今回の記事でご紹介するグリルは、昨年秋に新登場したデロンギの調理家電です。
しかし、なぜ最初に映画『シェフ』のお話をしたのかと申しますと、こちらのグリルを見たとき、
「あのワクワクするやつの家庭用が出た!」と興奮してしまったからです。
ちなみに、映画のジャケット写真になっている『キューバサンド』ですが、皆さんはご存知でしたでしょうか?

キューバサンドとは?作り方はホットサンドによく似ている。

伝統的なキューバンサンドイッチ(英語: Cuban sandwich)は、20〜30センチの長さにパンを切り、表面に軽くバターかオリーブオイルを塗り、水平方向に半分に切る。イエローマスタードをパンの上に広げ、スライスしたローストポーク、グレーズドハム、スイスチーズ、そして薄く切ったディル・ピクルスが加えられる。※wikipedia引用

ローストの肉とチーズ、ピクルスが入ったパニーニが一番近い形でしょうか。

今回のマシンを使えば、きっとこのサンドだって手作り出来ちゃいますよ!

調理道具としてこちらのグリルを使ったら、焼く工程も本格的で気分も高まりそうですしね。

さて、映画のご紹介はこのくらいにしまして、当記事では
『デロンギマルチグリルBBQ&コンタクトグリルプレート』について、
基本機能〜お手入れ方法までを写真付きでご紹介していきます。

記事の内容

  • デロンギマルチグリル BBQ&コンタクトグリルプレートの特徴
  • ポジション別の特徴・ポジション別のおすすめメニュー一覧
  • 各ポジションへの変形方法
  • 取り換え可能プレート(別売り)のご紹介
  • お手入れ方法

デロンギマルチグリル BBQ&コンタクトグリルプレートとは?

まずは下のイメージ映像をご覧くださいませ。

『凄まじく早く、しかも美味しく焼ける道具。』

ひと言で言うと“3つの調理ポジション(BBQ焼き・挟み焼き・浮かせてグリル)によって、食材を美味しく調理できるホットプレート”です。
日本仕様版は2018年10月、アメリカではその1年前の、2017年9月に発売されています。HOW TO動画を見たい方は、YouTubeで英語検索する方法だと沢山ヒットするのでお勧めです。

どこに置いても恥ずかしくない、男前なビジュアル

さて、まず目に飛び込んでくるのはホットプレートのイメージを覆す、男前なこの外観です。ステンレスボディにスタイリッシュなダイヤル、そして液晶画面が非常におしゃれな印象です。特にインダストリアルなカフェカウンターやキッチンとの相性は最高かと。

ホットプレートというより、もはやオーブン調理さながらの機能性

そして、見た目だけではなく機能面も妥協していません。
温度を精密にコントロールできるので、おうちごはんではハードルが高いと思われる、固まり肉も美味しく調理が可能です。
具体的には、先に外側に高温で焼き目を付け、そのあと長時間かけて低温ローストで火を通せば、ご家庭でもとろけるほど柔らかい食感に仕上がります。
また、焦げ付きがちな調味液漬け込みの食材(鶏肉や野菜)なども、最適な状態で調理することが可能です。
※商品箱の中にレシピBOOKが付属していますので、最初はそこからスタートすると、入りやすいと思います。

固まり肉のローストなどは本格的なメニューですが、それをみんなで囲みながら調理できるのも、ホットプレートの良いところ。こちらのホットプレート一つで料理の幅が広がりますよね。

下の公式サイトでは、『凄まじく早く、しかも美味しく焼ける道具。』と、ビストロシェフからの太鼓判もございます。

お肉を挟んでタイマー設定するだけ。後は道具任せで一定のクオリティに仕上がってしまう。外側に焼き色を付けながら芯温を適切な温度に保てるためとてもジューシー。まるで遠赤外線効果のある炭火に近い焼き上がり。

デロンギ マルチグリル CGH1011DJの製品情報 | デロンギ・キッチン公式サイト | De’Longhi

スペック一覧|基本機能

商品名 デロンギ マルチグリル BBQ&コンタクトグリルプレートCGH1011DJ
外形寸法 幅460mm×奥行355mm×高さ190mm(通常時)
外形寸法 幅460mm×奥行615mm×高さ120mm(BBQポジション時)
本体質量 7kg(平型プレート含む)
電源コードの長さ 2.4m
電圧/周波数 AC100V/50/60Hz
消費電力 1400W
温度設定範囲 60~230℃までの間で設定可能
温度設定詳細 60~120℃(20℃刻み)/120℃以降(10℃刻み)/SEAR(焼き付け)
タイマー 10秒~90分

基本機能とポジションごとの解説

ここからは、3つそれぞれのポジション別特徴と、向いているメニューとを合わせてご紹介していきます。

余分な脂はしっかり落としてヘルシーな仕上がりに

まず、全てのポジションに共通するプレートですが、こちらは下の写真のように斜めに加工がされています。付属品の油受けポケット(丸洗い可能)をこの動線上に設置し、余分な油を流れ落とす仕組みです。

①BBQポジション

最初にご紹介するのは、”BBQポジション”です。
こちらが一般的なホットプレートと違う点は、2枚のプレート別々に温度設定ができ、味が混ざらないこと。そのため、例えばハンバーガーを作る時、パティと野菜をそれぞれに適した温度で調理をしたり、片方のプレートはバンズの保温用にしておくことも可能です。
そして、異なる2つの料理をみんなで作るといった使い方も魅力的。【ビビンバVSお好み焼き】や、【塩焼きそばVSソース焼きそば】などなど。
親子一緒に【食事とデザートのパンケーキ】を同時に作るなんて光景も、微笑ましいですよね。

【主な特徴】
・180度開きで、1,540㎠(2面の合計)の広い焼き面。
2つの面は、別々に温度設定が可能。
・1度に多くの食材調理できる。
【おすすめメニュー】
・BBQ/焼肉
・ビビンバ
・パンケーキ
・お好み焼き
・ハンバーガーの具材
・ホットプレートココットフォンデュ

②コンタクトポジション

こちらのマルチグリルの醍醐味といえば、”コンタクトポジション”です。後ほどご紹介するプレートを使えばワッフルを作ることも可能です。
4段階の高さ調整で、食材に応じて優しく~強く焼き付けます。SEARモードを使えば、美味しそうな焼き目をつける事が出来ますよ。
ひっくり返すのが難しい料理や、油を落としてカリッと仕上げたい料理におすすめです。

【主な特徴】
・上下のプレートで食材を挟んで加熱。
・上下同時に焼き素早く調理。
・高さ調整可能。
【おすすめメニュー】
・ローストビーフ
・ラムチョップ
・ケバブ
・タンドリーチキン
・固まり肉のグリル
・野菜のグリル
・ハンバーガー
・トースト
・ホットサンド

③グリルポジション

”グリルポジション”は、オーブントースターをイメージされると用途のイメージが付きやすいかと思います。チーズを溶かして焦げ目をつけたり、バゲットの保温として使ったり。鉄板に直接触れさせたくない柔らかい野菜(トマトやアボカドなど)へ、上から熱をかけることも可能です。

【主な特徴】
上のプレートを浮かせて加熱。
・食材をつぶさずにじっくりと調理できる。
デリケートな食材やチーズを溶かす料理に最適。
・高さは4段階で調整可能。
【おすすめメニュー】
・チーズ料理
・料理の保温
・ちぎりパン
・クロックムッシュ

3つの各ポジションへの変形は簡単にできる※力は不要

さて、上記でご紹介した各ポジションですが、工程が複雑だと一気にやる気が、、
こちらのグリルに関しては、一度覚えてしまえば簡単です。それぞれへの変形方法を解説いたします。

BBQポジションへ

①下の写真の小さな黒い四角いスイッチをスライドしながら180度開けば、簡単にBBQポジションへ変形します。

コンタクトポジションへ

①90度以上本体上部を開いた状態で、下のプレートに食材を乗せます。
②ハンドルを持ちながらゆっくりと倒して食材を挟み込みます。
③優しく挟む場合は、食材に触れたところで【PULL】と書いてある丸いつまみを引っ張りながら、【GRILL】に合わせて固定します。

グリルポジションへ

①90度以上本体上部を開いた状態で食材をプレートに乗せます。
②ハンドルを持ちながら上プレートを食材に近いところまで倒し、【PULL】と書いてある丸いつまみを引っ張りながら【GRILL】の印に合わせて固定します。

別売りの専用プレートはこちらの全2種

ワッフルプレートCGH-WP

こちらのプレートはベルギーのお菓子『ワッフル』用です。モチっとしたずっしり感のあるリエージュワッフルや、上にデザートやサラダを乗せて楽しむ軽い食感のブリュッセルワッフルがご家庭で楽しく堪能できます。
また、ワッフルに限らず、お餅(モッフル)やオープンオムレツなどのアレンジメニューも楽しそうです。

波型プレートCGH-NP

お肉の余分な脂を落としながら焼き、見た目にも食欲をそそるグリルらしい焼き目をつける事ができます。
また、波型は接地面が少ないため、魚を焼く際には皮がこびりつかないメリットもあります。
パニーニやホットサンドの焼き目を波型プレートでつければ、インスタ映え・クックパッド映え間違いなしです。

お手入れ方法

お掃除の手順を簡単にご説明致します

①調理終了後、30分間放置してプレートをよく冷まします。※高温調理の後は特にご注意を。

②下の写真にある四角い黒いスイッチをプッシュすると、簡単に鉄板が外れます。

③鉄板と油受けは丸洗いが可能です。よく洗い乾かします。(食洗機は使えません)

④ボディ部分の汚れは濡れふきんで拭きとります。

複雑な工程がなく外す部品も少なめですので、洗浄・乾燥後も戸惑いなく戻して使っていただけると思います。

以上で、デロンギマルチグリルCGH1011DJのご紹介を終わります。最後までお読み頂きありがとうございます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。ちょっと自慢できそうなキッチン家電ってテンションが上がりますよね。
魅力的な調理家電の登場によって、楽しみがまた一つ増えたような気持ちになります。
こういった新商品をいきなり購入するのって、ずっと使っていけるか心配ではないでしょうか?
そんな場合は、レンタルしてみるという選択もございます。
レンティオでは、最新の調理家電も積極的に取り扱ってまいりますので、
「購入を検討中」「パーティーの時だけ使ってみたい」「社内イベントで盛り上がりそうだけど買うのは。。」
ということでお悩み中でしたら是非ご検討くださいませ。
[レンタル] キッチン家電 一覧 – Rentio[レンティオ]

 

よく読まれている記事その他キッチン家電カテゴリのランキング

ピックアップ記事