RentioPress

初心者から上級者まで、レンタルもできるおすすめミシンをご紹介!

公開日
初心者から上級者まで、レンタルもできるおすすめミシンをご紹介!

入園や入学など、春になるとミシンを使う機会が出てきますよね。

また、ミシンを使ってバッグや小物・洋服を作ってみたいと思う方もいるはず。

でもミシンって一言で言っても色々と種類があるし、初心者にはどれがどんな機能があるかも分からないですよね。

普段ミシンを使う方でも、調子が悪くなってきて買い替えたい時に、どのミシンにしよう…と悩む事もあります。

そんな皆さんに初心者から上級者まで、レンタルもできるおすすめのミシンをご紹介いたします!

ミシンの種類

ミシンには大きく分けて3種類のミシンがあります。

  • コンピューターミシン
  • 電動ミシン
  • 電子ミシン

まず、それぞれの種類について解説していきます。

コンピューターミシン

マイクロコンピューターが内蔵されていて、コンピューターの制御により動くミシン。

パネルやボタンで縫い目や縫う早さを調整でき、止まる時は針が上か下で止まるのが特徴です。

直線やジグザグ縫い・ボタンホールなど基本的な縫い方含め縫い目が豊富で、刺繍が出来る物があるのもこちらになります。

縫い始めがゆっくりで力もあるので、ある程度の厚い物も縫えます。縫い目もコンピューター制御により綺麗ですので、プロ向けの縫物をするにはおすすめです。

間違った操作をするとエラーが出て教えてくれるので、初心者にも分かりやすいですが、全てコンピューターで動くので、その分動作は増えてしまうのがデメリットです。

機械が苦手な方などには少し不向きな面もありますね。

電子ミシン

針の上下運動を、電子回路で制御するミシンになります。

低速でも力があるので、厚物縫いにはおすすめになりますね。

縫い目や糸調子などはダイヤルで調整をする必要があります。針がいつも上か下かで止まるので便利ですね。

コンピューターミシンに比べたら、縫う模様の種類や模様の幅の調整などは細かくできませんが、基本的な機能は揃っていて、コンピューターミシンよりは安価でお求めやすい商品です。

最近の主流がコンピューターミシンになってきたのもあり、商品のラインナップは少なめにはなりますね。

電動ミシン

基盤などを通さず、すべての動きをモーターで制御するタイプのミシンです。

モーターの力=縫う力(早さ)なので、厚い物を縫う際は早く縫う必要があるので、厚物を縫うのは苦手ですね。

ただ、その分安価ではありますので、多少のほつれを直す程度の使用でしたらおすすめの商品なります。

いわゆる昔ながらのミシンとなり、今では販売数も少なくなってきています。

ミシンの種類の違いについては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシン、その違いを比較してみた – RentioPress

ミシン選びのポイント

使用目的で選ぶ

まず、ミシンを使う主な理由を考えましょう。

入園などの準備で小物を作りたい、ちょっとした洋服を作りたい、本格的に使っていきたい。それぞれ目的を明確にすることにより必要な機能などが分かってきます

小物やほつれを直す程度でしたら、高価な物でなくとも最低限の機能があれば十分ですが、これから本格的に使用を考えているのなら機能が多い方が作れる物の幅も広がりますね。

機能や付属品で選ぶ

上記で挙げたようにミシンにも種類があります。

まずミシンの種類を絞るだけでも大分選ぶ範囲は狭くなりますね。

そしてそこから目的に合わせて機能を選んでみるのがいいかと思います。

また、フットコントローラーという足で踏むとミシンが動くコントローラーが使える機種もあります。使用環境によってはあった方が両手が使えて便利だったりしますので、そういう付属品が使えるかという点も選ぶポイントですね。

サイズと重さで選ぶ

ミシンには主に二つのサイズがあります。

  • 「コンパクトタイプ」…軽めのミシンで持ち運びには便利だけど、軽いので縫っている際に動いてしまうデメリットも。
  • 「フルサイズタイプ」…しっかりと固定される分、重さがあるので持ち運ぶのには不向き。

こちらも普段ミシンを使う環境によっては持ち運べた方が良い場合がありますね。

ミシンの重さもそれぞれですので、同じ場所で使うのでなければ、重さは重要なポイントになります。

価格で選ぶ

予算を決めるのも選ぶポイントですね。

大体いくらまでと決めると範囲も絞れますが、やはりメーカーや種類によってピンキリ…。安い物なら1万円程で買えますが、機能が沢山ついたものやしっかりとしたものだと何十万と掛かる物もあって難しい所です。

予算には少し余裕を持った方が安心して選べますね。

メーカーで選ぶ

現在のミシンでは、メーカーによって違いがある…という事は少なく、大体どのミシンでも同じ様な機能があります。

迷ったら家族や友達が使っていたメーカーや、聞き覚えのある有名なメーカーにしてもいいかもしれませんね。

おすすめミシンのご紹介

JANOME コンピューターミシン JN-51

amazonでベストセラーにもなったコンピューターミシン。

豊富な縫い目や大きな液晶で操作がしやすいです。

片手で糸を通せるワンアクション糸通しや、自動糸調子など便利な機能も備えていて、価格もお手頃なのも嬉しいですね。

デニムや革も縫えるので、総合的にもおすすめの商品になります。

別売りでフットコントローラーもあります。

brother 電子ミシン FE1000

刺繍も出来る電子ミシン。専用のカードスロットやパソコンからも刺繍の模様が増やせる刺繍をしたいならおすすめのミシンです。

指でレバーを操作するだけのワンステップ糸通しや、画面で使い方を教えてくれるティーチング機能も。

自動糸切りや自動止め縫いなど、縫い終わった後に上下の糸を切ってくれるのも嬉しいですね。

初心者にも操作がしやすい上に、厚物もしっかり縫える本格的な商品です。

JUKI 家庭用電動ミシン HZL-K20

シンプルで使いやすい電動ミシン。

縫い目もワンタッチで選べて、すぐに縫えるのが特徴です。

自動糸通しや自動止め縫いも。また、縫い模様のサイズや針の位置も変えられるのも便利です。

シンプルだけど、だからこそ長持ちするしっかりとしたミシンです。

Excim-Pro ベビーロック 職業用ミシン EP9600

職業用っていうだけあってパワフルなミシンです。

直線縫いが綺麗で、革の三つ折りなんかも余裕で縫えちゃいます。

フットコントローラーで糸切りもできちゃうので、作業が効率良くできますね。

主モーターとは別に下糸巻き専用のモーターもあるので、縫いながら下糸も巻けちゃうんです。

お値段はそれなりにしますが、お値段相当のパワーがあるのは間違いないです。

ミシン以外に必要な道具

ミシンを使う際は糸なども必要ですよね。

最低限必要な道具を上げてみましょう。

  • ミシン糸
  • ミシン針
  • ボビン
  • 裁ちばさみ
  • 糸切りばさみ
  • 目立ち
  • リッパー
  • まち針
  • 物差し・メジャー
  • アイロン

…とまあ色々と必要になってくる訳ですが。

一個一個揃えてもいいですし、ソーイングセットもユザワヤなどの手芸屋やamazonなどのネットで販売してますので一気に揃えるのも楽でいいですね。

糸選びに気をつけよう

これは筆者の主観になってしまうのですが、糸だけはちゃんとしたメーカーのを買った方が良いです。

安いからと100均で済ませると、途中で糸が切れてやり直すなんて事になるからです。

ミシンの種類によっては平気な場合もありますが、途中で切れてしまうという事は完成した後も糸が脆い事になりますので、ほつれたりする可能性があります。

また、ハサミなどは最初は100均でもいいかと思いますが、やはり手芸屋などで売っている物の方が切れ味は良いです。

どこで買うかも使用頻度に合わせて変えていく方がおすすめですね。

まとめ

ミシンの使用頻度が少なかったり、今使っているのが壊れた際などは、レンタルで済ますという手があります。

ピンキリとはいえ、ミシンはそれなりの出費ですから、必要に合わせてレンタルにしちゃいましょう。

ミシンはかさばりますから、置き場所もこれで困らないですね。

Rentioでは、上記ミシンが3泊4日~レンタルできます。

糸も販売していて、ボビンなどの付属品も最低限は揃っているので、届いたその日から使えちゃいます。

また、購入前のお試しとしても、レンタルはオススメです。

徹底比較!おすすめミシンメーカー3選 – RentioPress

[レンタル] ミシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 ミシンカテゴリのランキング

ピックアップ記事