コンビの二人乗りベビーカー“ツインスピン”の評価は?口コミ・評判・デメリットを徹底レビュー!

mari fukuen
mari fukuen

更新日2020/03/10

コンビの二人乗りベビーカー“ツインスピン”の評価は?口コミ・評判・デメリットを徹底レビュー!

更新日

安心の国内メーカー「コンビ」の横並び型二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」

安定した作りで乗り心地もよくコンパクトに収納できて、双子や年子のご両親には嬉しいベビーカーです。

ツインスピンの口コミ・評判は良いのか?気をつけるべきデメリットはあるのか?お得に使う方法は?など、気になる情報をまとめました!

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」の商品特徴

「コンビ ツインスピン」は、移動時の使いやすさと収納時のコンパクトさを兼ね備えた、双子や年子にぴったりの二人乗りベビーカー
2013年に発売されたロングセラー商品です。

まずは、ツインスピンの商品仕様を確認してみましょう。

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」の商品情報

  コンビ ツインスピン GC
対象月齢 1カ月~36カ月頃(左右各シート:体重15kg以下)
カラー ブラック(BK)
本体重量 10.0kg
サイズ 開 W807×D745~770×H1060mm
サイズ 閉 W530~750×D460×H930mm
リクライニング 125°~170°

対象月齢は、1ヶ月から3歳頃までのA型ベビーカー。リクライニングも125°~170°と広く調整できます。

ベビーカー本体の重さは10㎏と通常よりも重くなっています。ベビーカー2台分の機能を持っているので、この点は仕方ない部分かもしれませんね。

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」の口コミ・評判はいい?

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」の口コミ・評判はいい?

ツインスピンを実際に使ってみた方の口コミや評判も購入前にチェックしておきたいですよね。

マイナスの口コミはあるのでしょうか?

★★★★☆4.0
横型でフルリクライニング可能で10kgの軽さ、なかなか無いです。
古いビルなどの狭めのエレベーターの時に横向きで入る必要があり、その際、後ろの車輪は固定なのでズリズリ引きずる感じになります。一年近く使っていますが、特に困っていないです。
(参考:「コンビ ツインスピン GC」のAmazonレビュー)

 

★★★★★5.0
小さいエレベーターとかは前から突っ込むと入らないので、横にして入ったり色々調整して使ってます。重さも1人用に比べたらもちろん重いですが、女性でも車のトランクの出し入れ出来ます
(参考:「コンビ ツインスピン GC」のAmazonレビュー)

 

★★★★★5.0
安定感があり押しやすく、畳むのも簡単です。下のカゴはあまり物は入りません。
後ろ向きに押せると尚よかったですが、お値段も2人乗りにしてはお手頃なので、買って良かったです。
(参考:「コンビ ツインスピン GC」のAmazonレビュー)

 

★★★★☆4.0
双子用だから動かしにくいのかと多少思ってましたが、意外に全然大丈夫でした。
ただ畳む時がコツをつかまないと中々大変過ぎました。後、畳んだ時のロックが余りされなくて面倒です
(参考:「コンビ ツインスピン GC」のAmazonレビュー)

 

★★★★★5.0
2歳手前の子どもと1歳手前の子どもを二人乗せるように購入しました。
横型のため確かに横幅は取りますが、見た目からの予想以上に軽く、軽快に取り回しができます。
また、座席も少し高めになっているのも良いポイントだと思います。
双子はもちろんだと思いますが、年子の場合でもとてもオススメできます。
(参考:「コンビ ツインスピン GC」のAmazonレビュー)

口コミを見てみると、二人乗りで10㎏は軽いこと、押しやすいことに対する評価が高いようです。

一方で、横幅を取ることやカゴの容量、畳み方が難しいことはデメリットと感じる方もいるようです。

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット

口コミでは軽さや押しやすさについての評価が高かった「ツインスピン」ですが、それ以外にも様々な機能が搭載されています。

二人乗りに特化したベビーカーならではの工夫について、詳しく見ていきましょう。

軽くて押しやすい!お出かけを楽にする工夫

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 軽くて押しやすい!お出かけを楽にする工夫

子ども二人を連れてのお出かけは大変ですよね。
高機能な二人乗りベビーカーを使うことで少しでも負担が減ったらありがたいものです。

お出かけを楽にするツインスピンの4つの機能を詳しく解説します!

高剛性車体で押しやすい

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 高剛性車体で押しやすい

ツインスピンの車体は「高剛性」という、なんだか強そうなフレーム構造です。

「高剛性」とは、その字が表す通り、しっかりした作りという意味のようです。

この高剛性車体によって、子ども二人が乗っていても押しやすくスムーズに操作できるようになっています。

大型ダブルタイヤ&ソフトサスペンションで安定走行

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 大型ダブルタイヤ&ソフトサスペンションで安定走行

ツインスピンのタイヤは6輪。すべて大型のダブルタイヤを使用しています。

また、タイヤの接続部にはソフトサスペンションというクッション機能つきで、路面のガタつきから赤ちゃんを守ってくれます。

凹凸のある路面での移動や、車道から歩道に乗り上げる際にも、乗り心地がよく安定した走行ができるよう工夫されています。

便利な後輪連動ブレーキ

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 便利な後輪連動ブレーキ

ツインスピンの3つの後輪は、すべてブレーキが連動しています。

タイヤにロックをかけたいときは、中央のタイヤのブレーキペダルを踏むだけで後輪すべてがロックされます。

電車や坂道で立ち止まるときにも、手軽にブレーキがかけられて便利ですよね。

独立式リクライニングでそれぞれ調整可能

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 独立式リクライニングでそれぞれ調整可能

ツインスピンの2つのシートはリクライニングが独立しているので、それぞれの好みの角度に合わせて調整ができます。

一人は寝ちゃったけど、もう一人はまだまだ元気!という時でも、二人の状態に合わせてリクライニングを倒してあげられるので快適です。

45㎝ハイシートで熱やホコリから遠ざける

シートがあまり地面と近すぎると、地面からの反射熱や花粉やホコリで不快な思いをさせてしまうかも。

ツインスピンのシートは45㎝と通常よりも高めの設計なので、安心です。

高めのシートは子どもの乗せ降ろしもしやすいので、ご両親にとっても嬉しいポイントですね。

コンパクトに収納・お手入れもストレスフリー

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット コンパクトに収納・お手入れもストレスフリー

お出かけで移動しているときに使いやすい工夫が凝らされているツインスピンですが、ベビーカーを使わないときのこともしっかり考えてつくられています。

収納・お手入れに関する便利な3つの工夫について、詳しく解説します!

コンパクトに畳める三つ折り設計

ツインスピンは二人乗りベビーカーの中では、かなりコンパクトに畳める設計になっています。

こちらの動画で畳み方が紹介されていますが、通常なら前にパタンと畳むだけのところを、そこからさらにもう一段階横に畳むことができるなんて、驚きです。

二人乗りベビーカーでもこれだけコンパクトに畳めれば、家での収納や車のトランクに乗せるときにも場所をとらずにしまえますよね。

畳んだ状態で自立するので自宅保管にもぴったり

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のメリット 畳んだ状態で自立するので自宅保管にもぴったり

コンパクトに畳めることはもちろんですが、畳んだ状態で自立することも大きなポイント。

自宅で収納するときや、子ども連れでお店に入るときにも、自立する機能は便利ですよね。

海外製のものだと畳んだときに自立しない二人乗りベビーカーも多い中、日本の狭い住宅事情に合わせた仕様は嬉しいものです。

シートは取り外して洗濯機で丸洗い

シートの洗濯機丸洗いは、特に夏場に嬉しい機能ですね。

赤ちゃんの汗やよだれで汚れたシートをそのまま放っておくと、カビや雑菌繁殖の原因になってしまいます。

デリケートな赤ちゃんを乗せるベビーカーだからこそ、衛生面には気を遣ってこまめに洗いたいですね。

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット

二人乗りベビーカーとしては高機能なツインスピンですが、もちろん良いところばかりではありません。

口コミにもあったように、いくつかデメリットもありますので、購入前に必ずチェックしておきましょう!

14Lのカゴは小さめ

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット 14Lのカゴは小さめ

コンビの公式サイトでは、ツインスピンの「カゴは14Lで大型!」と記載がありますが、他のA型ベビーカーと比べると14Lのカゴはそこまで大容量ではありません

むしろ、カゴの大きさはコンビのA型ベビーカーの中ではもっとも小さいクラスに分類されます。

大容量のカゴを期待して購入した方は、意外と荷物が入らなくてがっかりしてしまうかもしれません。

サンシェードはそこまで大きくない

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット サンシェードはそこまで大きくない

ツインスピンには、99%UVカットのサンシェードがついています。

ですが、幌自体がそこまで大きくないため、太陽の高さによっては子どもに日光があたってしまうことも。

子どもにとっては視界が広く楽しいという見方もできますが、紫外線が気になる方は別途対策をとった方がいいでしょう。

エッグショックは使っていない

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット エッグショックは使っていない

ツインスピンでは、コンビA型ベビーカーの特長でもある衝撃吸収素材「エッグショック」は使用していません

別売りのエッグショック搭載シートの取り付けも不可能だそうです。

とはいえ、安いバギータイプのベビーカーよりはしっかりした作りですし、タイヤのサスペンションで衝撃は緩和されますので、段差に気を付けて使用すれば問題ないでしょう。

幅を取るので公共交通機関での移動は苦労するかも

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット 幅を取るので公共交通機関での移動は苦労するかも

横並びの二人乗りベビーカーは、どうしても横幅が広くなってしまいます。ツインスピンの横幅も約80㎝と、通常よりも幅広。

駅の改札の幅が通常55~60cm、車いす用の広い改札が90~95cmとなっているので、絶対に広い方の改札を通る必要があります
出口によっては必ずしもこの広い改札が整備されているわけではないので、遠回りをすることになるかもしれません。

また、口コミにもあったように、古いエレベーターや定員数が少ない小さめのエレベーターでは、出入り口が狭く横向きにしないと乗れないこともあるようです。

最近では駅のバリアフリー化も進んできましたが、電車移動には不便さを感じるかもしれませんね。

慣れるまでは折り畳みが難しい

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」のデメリット 慣れるまでは折り畳みが難しい

コンパクトに折り畳めるツインスピンですが、ワンタッチでは畳めないので、独特な畳み方に慣れるまでは難しく感じるかもしれません。

背面中央部にあるロックを外してから、ハンドル左右のレバーを同時に引き上げながらベビーカーを斜めに倒して畳み、最後に左右のハンドルを合わせるように折り畳む…

慣れてしまえばすんなりできそうですが、最初は家で何度か折り畳みの手順を確認してからお出かけしたほうがいいかもしれませんね。

歳の差がある場合使える期間が短い

双子ならだいたい同じような時期にベビーカーを卒業しますが、兄弟姉妹に歳の差があると、どちら一方が先にベビーカーに乗れなくなってしまうことも。

ツインスピンは2つのシートが切り離せないので、一人のためだけに二人乗りベビーカーを持ち歩くことになり大変です。

もし、子どもに歳の差がある場合には、ジョイントで連結してあるタイプの二人乗りベビーカーがおすすめです。
切り離したら一人用のベビーカーとしても使えるので、上の子が大きくなったら下の子だけベビーカーを使ってもいいかもしれませんね。

連結して二人乗りになるコンビのベビーカーF2シリーズ


年齢差別のおすすめベビーカーはこちらの記事で確認

二人乗りベビーカーの選び方!年齢差別おすすめを紹介【双子/年子/2歳差~】 – RentioPress

まとめ:コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」は双子・年子におすすめ

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン GC」は双子・年子におすすめ

コンビの二人乗りベビーカー「ツインスピン」は、移動時は操作しやすく収納時もコンパクトな双子・年子のご両親におすすめのベビーカーです。

最後にツインスピンのメリット・デメリットをまとめました!ぜひベビーカー選びの参考にしてみてください。

「ツインスピン」のメリット

  • 高剛性車体で押しやすい
  • 大型ダブルタイヤ&ソフトサスペンションで安定走行
  • 便利な後輪連動ブレーキ
  • 独立式リクライニングでそれぞれ調整可能
  • 45㎝ハイシートで熱やホコリから遠ざける
  • コンパクトに畳める三つ折り設計
  • 畳んだ状態で自立するので自宅保管にもぴったり

「ツインスピン」のデメリット

  • 14Lのカゴは小さめ
  • サンシェードはそこまで大きくない
  • エッグショックは使っていない
  • 慣れるまでは折り畳みが難しい
  • 幅を取るので公共交通機関での移動は苦労するかも
  • 歳の差がある場合使える期間が短い

二人乗りベビーカーの選び方!年齢差別おすすめを紹介【双子/年子/2歳差~】 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事ベビーカー・ベビー用品カテゴリのランキング

ピックアップ記事