Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

ピジョン ビングル 新旧モデル(BA9)の違いは?特長・デメリットや口コミを解説

公開日
ピジョン ビングル 新旧モデル(BA9)の違いは?特長・デメリットや口コミを解説

ピジョン ビングルは、シングルタイヤで押しやすさにこだわったB型ベビーカーです。

2019年に新発売されたBA9は、旧モデルにボールベアリングを追加。より押しやすく改良されました。

軽くて押しやすいピジョン ビングルの新旧モデルの違い、特長やデメリット、口コミ・評判について詳しく解説します。
 
 

シングルタイヤのB型ベビーカー「ピジョン ビングル」とは

ピジョン ビングルは、軽くて押しやすいB型ベビーカー。

腰のすわった7カ月頃から使えるB型ベビーカーで、軽量3.7㎏で持ち運びに便利です。

B型では珍しいシングルタイヤを採用。小回りが利きガタガタ道での走行性も高いベビーカーです。

公式サイトはこちら

Bingle BA9(ビングル) | ピジョンのベビーカー総合サイト Happy Travel | ピジョン

ピジョン ビングル新旧モデルの違いを比較


ビングルは2017年に発売されたピジョンのB型ベビーカーシリーズ。2019年には新モデルの「BA9」が発売されました。

新しいBA9は、従来モデルに前輪タイヤの「ボールベアリング」を追加。そのぶん多少重くなっています。

ビングル新旧モデルの違いを詳しく解説します。

1. ボールベアリング

ビングル新旧モデルの違いを比較 1. ボールベアリング

BA9は、前輪タイヤの軸に世界シェアNO1のミネベアミツミのボールベアリングを採用。

ベアリングとは、回転する軸と回転体の結合部の摩擦を減らす部品です。様々な機械の回転部に使用されています。
高性能なベアリングを使うことで、タイヤの回転のなめらかさや回転軸の耐久性が向上します。

縁の下の改良なので、押し比べて実感できるほどの違いはおそらくないでしょう。

リコールを受けての改良か?

2018年1月にビングルは、前輪タイヤ内部の不良で1万台以上のリコールを行っています。

前輪の回転軸部分の摩擦が原因で、一部のベビーカーの前輪の動きが悪くなって、回収・無償交換となりました。

今回リニューアルでボールベアリングを搭載することで、前輪の不安を解消したようです。

2. 重さ

ビングル新旧モデルの違いを比較 2. 重さ

BA9は、旧モデルに比べて表記上で100g重くなっています

ボールベアリング以外の違いは公表されていないので、この重さの違いの原因はボールベアリングでしょう。

少しでも軽い方がいいという方は、旧モデルの方がおすすめです。

ピジョン ビングル新旧比較表

名称ビングルビングルBA9
対面・背面背面背面
対象月齢7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)
リクライニング118°~135°118°~135°
重量3.6kg3.7kg
サイズ開:W495×D775×H1015mm
閉:W495×D310×H920mm
開:W495×D775×H1015mm
閉:W495×D310×H920mm
カラーバリエーションAqua/Monochrome/RedPink/Gray/Navy
シートメッシュベースシート+インナーシートメッシュベースシート+インナーシート
スイング式サスペンション
ボールベアリング
タイヤ14㎝シングルタイヤ14㎝シングルタイヤ
サンシェード98%UVカット98%UVカット
シート高さ50 cm50 cm
カゴ容量20L20L
洗濯
公式販売価格(税込)28,080円29,160円

新旧モデルの違いはボールベアリングと重さですが、そこまで大きな違いとはいえないように感じます。

型落ちに伴い旧モデルは市場価格が割安になっていますので、なるべく安くビングルを手に入れたい方は旧モデルを選ぶのもおすすめです。


「ピジョン ビングル」の特長

「ピジョン ビングル」の特長

ビングルは、押しやすさにこだわったB型ベビーカー

まずは、そんなピジョン ビングルの特長を詳しく解説します。

押しやすいシングルタイヤ

「ピジョン ビングル」の特長 押しやすいシングルタイヤ

ビングルの最大の特長は、小回りが利いて押しやすいシングルタイヤ

シングルタイヤは、曲がる動作がしやすく地面のがたつきの影響を受けにくいので、使いやすさも乗り心地も良いベビーカーです。

シングルタイヤベビーカーは、ダブルタイヤに比べて重くなりがちというデメリットがあるのですが、ビングルはシングルタイヤなのに軽量という珍しいタイプです。

ベビーカーのシングルタイヤvsダブルタイヤ 違いを比較!メリット・デメリットとは? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

軽量&ワンタッチ開閉で持ち運び楽々

ビングルは、3.7kgと軽量で持ち運びに便利なB型ベビーカー。

3.7kgは、他のB型と比べるとごく一般的な軽さですが、女性でも十分持ち運べます。

もちろん、開閉方法は片手でワンタッチ
開くのには少しコツがいるようなので、こちらの動画を見ながら家で何度か練習してみることをおすすめします。

赤ちゃんを抱っこしながらや、子どもと手をつなぎながらでも、片手で折り畳んで持ち運ぶことができて便利ですね。

乗り心地も快適

「ピジョン ビングル」の特長 乗り心地も快適

比較的簡易なつくりのB型ベビーカーの中には、振動やがたつきが多かったり地面に近すぎたりと、子どもの乗り心地が悪いものもあります。

ビングルは、B型ですが乗り心地にも配慮されたベビーカー。

すべてのタイヤにスイング式サスペンションを搭載し、地面からの前後上下の衝撃を吸収。50cmハイシートとUVカットサンシェードで外部からの熱や刺激も防いでくれます。

「ピジョン ビングル」のデメリット

「ピジョン ビングル」のデメリット

B型としては高機能なビングルですが、デメリットもあります。

購入前に知っておきたいピジョン ビングルのデメリットを解説します。

段差の乗り上げに弱い

ビングルのタイヤの直径は約14㎝。これはベビーカーのタイヤとしてはごく一般的なサイズ。
じつは、約14㎝の一般的なタイヤの大きさだと、わずか2センチ程度の段差でもつまずくリスクがあることがわかっています。

ビングルもこれに当てはまるのですが、「シングルタイヤでデコボコ道に強い」というイメージがあるだけに、期待外れと感じてしまう方も多いようです。

シングルタイヤとはいえタイヤサイズは一般的なので、車道から歩道への乗り上げなど、段差には十分に気をつけて押すようにしましょう。

サンシェードが小さめ

ビングルのサンシェードは、サイズが少し小さめなのがデメリット。

せっかく98%UVカット素材なのですが、身体まですっぽり覆ってくれるほどの大きさではありません。日差しの向きによっては子どもの顔に直射日光が当たってしまうことも

こちらのような後付けのサンシェードを追加するのもおすすめです。

「ピジョン ビングル」の口コミ・評判はいい?

「ピジョン ビングル」の口コミ・評判はいい?

ピジョン ビングルの口コミ・評判はどうでしょうか?ビングルの口コミを調べてまとめてみました。

★★★★☆4.0
3kg台の軽さとシングルタイヤなので、実際の路上での取り回しがしやすいです。
軽さとのトレードオフなので重量のあるエアバギーなどよりは方向転換などに力はいりますが、階段の対応、本体自体の積み下ろしは圧倒的に楽です。
それでいて座面下の収納スペースの容量もしっかりしているので助かります。
(参考:「ピジョン ビングル」のAmazonレビュー

 

★★★★☆4.0
軽に乗せられるコンパクトさ、畳んだ時自立する、折りたたみが不器用な自分でも楽に出来る、スムーズに押せる、ので選びました
乗り心地も良いみたいで、愚図らず寝たりします
(参考:「ピジョン ビングル」のAmazonレビュー

 

★★★★☆4.0
《いい所》シートが高いのと小回りが利き操作性はとてもいいです。
荷物が沢山入る。
《悪い所》畳むのは簡単だけど開くのはスムーズではない。
日よけが本当にすぐに外れる。
タイヤの開き幅が狭いからか電車のブレーキでバランスを崩し倒れそうになった事が何度もありました。
(参考:「ピジョン ビングル」のAmazonレビュー

 

★★★☆☆3.0
デザインや重量は満足です。片手で折り畳むことも出来ます。ただ1つ残念なのが、日よけの部分が短くほぼ顔まで日が当たってしまう所です。帽子や日焼け止めなどは必須です!
(参考:「ピジョン ビングル」のAmazonレビュー

 

★☆☆☆☆1.0
デ店内ではしっかり確認できなかったのですがこのベビーカーは細かな段差には良いのですが
2〜3cm程度(本当にこの段差も無理なのか…とうなってしまうくらい)の段差も突っかかって乗り越えられません
(参考:「ピジョン ビングル」のAmazonレビュー

口コミを見ると、ピジョン ビングルは、小回りがよく押しやすいことに対する評価が高いようです。

ですが、段差の乗り上げに関しては期待したほどではないという意見もあったので、覚えておきましょう。

まとめ

ピジョン ビングルは、軽くて押しやすいシングルタイヤのB型ベビーカー

公共交通機関での移動が多い方や、重いA型からの乗り換えの方におすすめのベビーカーです。

最後にピジョン ビングルのメリット・デメリットをまとめました!ぜひベビーカー選びの参考にしてみてください。

ピジョン ビングルのメリット

  • 押しやすいシングルタイヤ
  • 軽量&ワンタッチ開閉で持ち運び楽々
  • 乗り心地も快適

ピジョン ビングルのデメリット

  • 段差の乗り上げに弱い
  • サンシェードが小さめ

今回はピジョン ビングルに絞ってご紹介しましたが、まだ他のベビーカーでも迷っている…という方は、こちらの記事でベビーカーの選び方やおすすめについて詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください。

[最新]人気の国内ベビーカーおすすめ8選!後悔しない選び方と口コミ・評判を一挙公開 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2019]人気のB型ベビーカー国内おすすめ7選!選び方や口コミ・評判まで徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ベビーカー・ベビー用品カテゴリのランキング

ピックアップ記事