小型ドローン「AirSelfie 2」(エアーセルフィー)を実機レビュー!自撮りに最適な最新ドローン

snaka
snaka

更新日2020/07/15

小型ドローン「AirSelfie 2」(エアーセルフィー)を実機レビュー!自撮りに最適な最新ドローン

更新日

こんにちは!!!Rentio編集部です!!

今回ご紹介の商品は、最先端の超小型自撮りドローン!
「AirSelfie2」となります!

Air Selfie – Air Selfie2 – FOX ONLINE STORE

自撮りドローン・セルフィードローンとは!?

通常のドローンは空撮(空から景色や建物を撮影するもの)に特化されたものが多く、
人物撮影には適さないものが多いです。

重量も重く、遠くまで飛行可能なモデルでは、お手軽に撮影可能とは言い難いという点もあります。

つまり、セルフィードローンとは自撮り機能に特化した、お手軽なドローンというイメージとなります。

また、顔認識機能を搭載したものも多く、設定した人物を自動追尾する機能も!!
有名アーティストのMVのようなかっこいい映像も撮れちゃいます!!

しかし、セルフィードローンに興味を持ってもらう前に、一点だけ注意しておかなくてはならないことがあります

それが、「航空法」の存在。
かいつまんで説明すると、ドローンには「無人航空機」とみなされる「200g」というラインがあり、200gを超えた機体は航空法に則って運用する必要が出てきます。
なぜなら、200gを超えた機体はいわば「空飛ぶ凶器」と呼んで差し支えないためです。
この航空法に関する解説は、国土交通省のページで詳しく掲載されていますので、一度見てみてください。
この航空法の規制対象とならないのが、200g以下のドローンです。

特に日本国内ですと、通常のドローンを使用できるエリアは限られているため、空撮以外の目的の場合はドローンより200g以下の小型ドローンが断然おすすめです!

もちろん!今回ご紹介する「AirSelfie2」についても200g以下の小型ドローンとなっています!

AirSelfie2 概要

おしゃっれーーーーーな宣伝動画ですね!!!

他のドローンと比べAirSelfieの圧倒的な違いは、プロペラが露出していない点があります!!

枠に包まれてますよね!?

同じ小型ドローンのDJI Telloはこんな感じです。

プロペラが露出していますよね?!

それがどうした!?と思ったみなさん!!ドローンを甘く見過ぎです!!

ドローンは小さなプロペラで本体を浮かす(当たり前ですが)ものですので、想像よりもプロペラがすんごい回ります。

筆者は初めて触ったドローンはこちらの「Parrot Bebop」の先代機種なのですが、
Parrot Bebop 2 | Parrot Store Official

プロペラが回りだした瞬間、意外な音と風圧にびびりまくり、錯乱して機体を押さえつけてしまい、
腕にプロペラが直撃・・ミミズ腫れができてしまいました。

つまり!プロペラが枠の内側にあり、露出していないAirSelfieについては、プロペラ巻き込みの心配が少なく!段違いに安心安全なドローンと言えるのはないでしょうか!!

開封・実機レビュー

さぁ!前置きはこの辺にして早速実機レビューを行っていきたいと思います!

箱はスマホでも入ってそうなオサレ感があります!

付属品は、本体・充電用USBケーブル(タイプC)・本体カバー、説明書のようです。

ご紹介したプロペラ部。この構造なら指や手をぶつけてしまう可能性も下がりますよね!?

壁にぶつけちゃったってプロペラ破損の確率は下がります。

裏面に電源ボタンが・・・っ!

正面にはカメラが・・・っ!

カメラの逆サイドに充電用のUSB端子があります!!

さっそく飛ばしてみましょう!!

専用アプリが必要となります!

AirSelfie専用アプリをダウンロードし、、、本体裏側電源ボタンからスイッチオン!

テロロン♪テロロン♪という軽やかな音と共に起動します!

アプリをスマホで立ち上げ、conectを選ぶと!

wifi設定画面に飛ぶので、AirSelfieを選択

※初期パスワードは「12345678」です!

接続が完了した後は、アプリに戻れば操作方法の選択が現れ

選択するともう接続完了です!※画面はeasyモードです。

ここで注意点が!!

右側の離陸ボタンを長押しするとプロペラが回りだしますが!!

AirSelfieは床・机・地面に置いたままでは空を飛べません;;
下記画像でもプロペラがすんごい回ってますが一人では飛び立てません!

手のひらに乗せて、ふわっとしてあげる必要があります!

広告宣伝動画ですと、勝手に飛び立ってるようにも見えますがw

鳥や虫が飛ぶのを助けるような・・森にお帰り!!くらいの気持ちで、、、アシストが必要です!!!

一度飛ばしてしまえば、顔のマークで顔認識ができたり、カメラマークで静止画撮影等、感覚で使用が可能です!

これで一歩未来の自撮りが可能に!!インスタ映えでもライバルに差をつけられます!!!

まとめ・レビュー

本来、ドローンというと少しハードルが高いイメージが強いのですが、これは本当に小型かつカバーに入れて簡単に持ち運びもでき、すぐに使えるくらいの感覚です。

気になる点・留意しておきたい点としては、、

  • 小型のため風にはめちゃくちゃ弱い。屋内の方が安全。
  • 記録媒体は内蔵のため不要。すぐに使えます。
  • フライト時間は3~5分ほどモバイルバッテリー持ち歩くか、撮影したらすぐに電源を落としましょう。

となります。

スペック

サイズ 98.5mm x 71.2mm x 13.6mm
質量 80.3g
カメラ 12 MP, FOV 85° , F/1.8 、 
ビデオ解像度 1080p/30fps
フライト時間 約5分
充電時間 約120分
ボディ材質 アルミ
ストレージ 16GB microSD 内蔵
バッテリー 400mAh 7.4V
最高飛行高度 約18m
フライト機能 自動テイクオフ&ランディング、自撮りモード、フライングモード装備

最先端自撮りドローン!Air Selfie2(エアーセルフィー)をお得にレンタル

最先端自撮りドローン!Air Selfie2、いきなり買うのは少し不安、、、といった場合にお手軽にレンタルが可能です。

家電レンタル「Rentio」では、最先端自撮りドローン!Air Selfie2を最短3泊4日からレンタルすることができます。

ぜひRentioのレンタルサービスを使って最先端自撮りドローン!Air Selfie2を体感してみてくださいね。

[レンタル] 自撮り用小型ドローン AirSelfie2 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事ドローンカテゴリのランキング

ピックアップ記事